FC2ブログ

Market bbs into Anjes










山田重太郎の生涯

それは突然に来た。鉄砲を撃っている最中に、私の心臓が膨れ上がり、血が逆流して顔が熱くなると同時に、小便もタラダラと意志なく滲み出している。何故なのか、これ以上はない快感もある。

連れている犬のシロが首を傾げ、心配そうな目で我を見ている。我は、兎撃ちに野上野の赤山に今朝方から入っていたのだが、やっと見つけた奴だったのに、弾が外れてしまった。

朦朧とする中で、過去と未来の映像が交錯して巡ってくる。

最初は、ワシの実家のことについてだ。

ワシの生まれた山田家の住宅は、京都府久世郡久御山町北西部の東一口(ひがしいもあらい)にあり、今は干拓されて面影はないが、周囲16キロ㍍、面積800ヘクタールに及んだ巨椋池(おぐらいけ)の南西に位置してた。この山田家は本山田とよばれ、淀川・巨椋池の漁業者の代表として御牧郷13カ村をまとめるという大庄屋だったのじゃぞ。そこの、ワシは三男じゃった。

敷地は、およそ東西40m、南北30mで水害の危険を考えて石垣の上に築かれて、入口の長屋門は、飾り瓦を棟にのせた本瓦葺や漆喰塗の壁、与力窓、出格子が付くなど、武家屋敷のような重厚な構えをみせていたぞ。

規模は、東西約27m、南北約4m、入母屋造で組棟の上段に松葉菱、下段に「丸に五つ引き」家紋の瓦が組み込まれ、外観の意匠は往時の状態が受け継がれ、建築史・歴史的、文化的に興味深い貴重な建物となっていたのじゃ。

また主屋は、東西約20m、南北約13m、入母屋造で、式台を備える玄関、居室部には網代や鯉の欄間、京狩野鶴沢派3代鶴沢探索の落款のある雲竜が描かれた襖絵などと、意匠を凝らした座敷が残っており、大庄屋としての趣じゃった。

将来の子孫たちが株でひと儲けを企んでいるようじゃが、次のような様子が目に浮かんでくるのじゃて。



1.株式投資

株式投資で、自分は勝ってるという者もいるが、それは最近勝ってるというだけで、過去からのトータルでは負けている。
過去の負けは忘れてしまって、勝っていると勘違いしているだけなのじゃ。

いくら有望な株を買っても、材料出尽しで下げるとか、行く手には特損を出したり減益だったり、ストックオプションをやって株式の数を増やしたり、第三者割当増資をやったりするので勝てる筈がないのだよ。

では、どうやれば勝てるのか? 運が良くなるような、行為をする事であろうな。運が良くなるようにする為には、良い行いをやり、健康にも気を使い、運動したり、偏った食事をしない様に、栄養にも気を配ることだ。睡眠も大事で、睡眠不足で相場をやっても負けるだけだぞ。快食、快便、快睡眠、ストレスも極力なくす、これこそが勝つ為の極意であろうな

一方、話は異なるが、北極、南極などの極地で調査研究を行ってきた広島大の学者(生物海洋学)は、「気候システムが大きく変わりつつある。地球は10万年間の氷河期と、1万年間の温暖な間氷(かんぴょう)期を繰り返している。今はまさにその気候システムが大転換する過渡期にさしかかっている可能性がある」と指摘している。 

この過渡期には気候が激甚化しやすく、強い上昇気流でスーパーセル(巨大積乱雲)が発生してゲリラ豪雨をもたらしたり、地面に向かって吹く強烈なダウンバースト(下降気流)が吹いたりする現象が頻発するという。

 「熱波で大地が干上がり、大雨で貴重な土壌が流される。農業への打撃は、食糧難につながる。変化のスピードに自然界がついていけず、地球の生態系がおかしくなることも考えられる」。この猛暑、ただの熱波ではなさそうだ。

また、NEWSポストセブンは、英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームの発表を紹介している。

その中で、今は「1645年に始まったマウンダー極小期の時代に近い状況にあるという。2030年頃には、世界は氷河期に突入する」と指摘。

実際に2012年から、太陽では磁極が分裂する現象が観測され、それから活動が低迷している。これは過去数百年間でも最低クラスの水準で、太陽活動の低下は地球の寒冷化を誘発することになる筈だという。

約400年前にもミニ氷河期の時代があり、その時は東京にある江戸川が氷漬けになったという記録が残っている。首都圏が北海道並みの気温まで低下するという感じで、到来する時期が2030年頃と予想されているのだ。

この寒冷化の問題は、植物がやせ細り、食料の生産量が激減する。歴史上の大飢饉や食糧不足は、この寒冷化の到来とも一致。時期的には、今は暖かい氷河期になっているわけで、本番に備えて国家規模の対応が必要だといわれている。

更に注意すべきは、遺伝子治療に商機はあるか、開発本格化も品質管理などに課題があり、出遅れた日本企業も今こそ参入をすべきである、としている。

欧米を中心に、この遺伝子治療の開発が花盛りだが、2019年1月現在では、米国で実施中の遺伝子治療の臨床試験は800本超。

2020年までに200本以上の臨床試験が新たに開始される見通しだ。遺伝子治療の開発を手掛ける企業の買収も活発化している。

2018年4月には、スイスNovartis社は米AveXis社を買収。2019年に入ってからもスイスRoche社が米Spark Therapeutics社を、米Biogen社が英Nightstar Therapeutics社をそれぞれ買収したという。


アンジェスは、この一か月は厳しい一か月だった。平成最後の大相場と言われ、未だに掲示板投稿数1位・検索数も2位の人気株だが、株価は848円。振り返ると3/26の国内初HGF遺伝子治療薬の本承認・疑義解消というビッグニュースのあった翌日にストップ高1,417円を逃して1,223円に収束してしまった。

が、株価三桁へ低迷した大きな要因であったと捉える。 主に広報戦略と大幅な行使が、大きく影響していると思っている。
今サンバイオのIRを見ていて感じた事は、昨日決算だったが、紙ベースだけでなく、総会を開き株主にしっかり治験の進度等をしっかり報告している。

また定期的な機関投資家向け説明会も開催。上手く株主の心を掴んでいる。アンジェスには、この広報戦略や株主と向き合う姿勢が、欠けているし、資金確保の為の株券発行ばかりしている。その為今の三桁に落ち着いてしまっている。

残念ながら様々な好材料の途中経過も決算報告書にも示されなかった。令和元年には、それらを大きく改善し大相場を築き上げて欲しい。その為にも下記に記載する朗報を適宜打ち出してくれる事を期待したい。そうすれば、出来高も増えて行使も5月で解消できるだろう。

そしてなるべく早く四桁を通過し、2,000円・3,000円。またバイオのトップをいくサンバイオを越える5,000円の株価に躍進して欲しい!

<令和元年に期待する朗報> 1.HGF遺伝子治療薬の薬価決定 、2.HGF遺伝子治療薬の製品化&米国での治験進行 、3.国内外問わず大手製薬会社との資本業務提携 、4.ゲノム技術の応用 、5.高血圧DNAワクチン等の進捗状況の報告 、6.エボラDNAワクチンの進展、7.未行使分残239万株の早期完了

株式で自分は勝ってると言う人も居ますが、それは最近勝ってると言うだけで過去からのトータルでは負けて居るのです。過去の負けは忘れてしまって勝って居ると勘違いして居るだけなのです。

幾ら有望な株を買っても材料出尽くしで下げるとか、行く手には特損を出したり減益だったりストックオプションをやって株式の数を増やしたり(此れは増資と同じである)第三者割当増資をやったりするので勝てる筈が無いのです。

では、どうやれば勝てるのか?、運が良く成る様な行為をする事であろうな。運が良く成る為には、良い行いをやり、健康にも成る様に運動したり、偏った食事をしない様に栄養にも気を配るのである。

睡眠も大事で有り、睡眠不足で相場をやっても負けるだけ、快食、快便、快睡眠、ストレスも極力無くす。此れこそが勝つ為の極意であろう。


先程は『素人』との発言、人を見下した発言を失礼さん!そんなつもりはない。初心者のうちはみんな相場に騙されるんだよ。大口が株価を動かしてるからなぁ。無職でも大金持ちになれる世界やからな。是非、次につなげて欲しい。


証券取引所の神様と言っているのに財産を無くしたのか〜 話してしては、面白い〜(^^)/🍎ホンとは、貧乏神様では❓薬価が決まり、販売開始したら高額の売上げが入ってくるようだ。相場とは、イタチとアライグマの騙し合いなのです。簡単に儲かるものでは無いのです。10割近くの人が負けて居るのが現実なのだ。

1割の勝ち組は勝つべくして勝ってるので本当の実力で勝ってる訳では無いのであり個人は10割近くが負けて居るのである。1割の勝ってる人はインサイダー情報を貰えるとか株式を只で証券会社から貰えるとかの理由で勝ってるだけなのです。

平成30年度承認品目一覧(新再生医療等製品)。ポイントは承認・一変別の項目で条件及び期限付承認ではなく承認と記載されている事と希少疾病用再生医療等製品では無いのがデカい。アンジェスのポテンシャルを考えると株価はまだまだ伸びるやろうな、ここより材料豊富な所は無いで。

1、行使の状況の整理
・累計行使株数:13,610,000株、行使進捗率:85.1%、未行使株数:2,390,000株、累計調達額:8,859,940,000円、調達進捗率:93.7%

長期連休中の地合悪化リスクを避けて、行使完了はGW明けにしたものと考えられるが、あと数回で行使完了となり、第 33 回での調達額は100億円を超えると思われる。

2、総資産、純資産、自己資本比率(百万円)
FY19-1Q、11935、11,678、97.5%、FY18-4Q、8,050、7,734、95.4%、FY17-4Q、3,963、3,621、85.1%、FY16-4Q、4,539、3,869、85.0%

以前に比べ自己資本が増え体力がついてきている。今後、出資してくれるビジネスパートナーがついてくれれば理想的である。MSワラントを用いた資金調達などを行わなくてよいし、経営者も資金繰りなど余計なことに悩まず、本業に専念してくれるだが。

3、その他
株価は、一旦週足の13日移動平均線まで調整され、これに沿って推移した。日足では一目の雲の下へ潜りこんだ形で、突き抜けるためにパワー(材料)が必要。GWの状況次第では、上げるタイミングはもっと先になるかもしれない。ここの本尊次第か。また、信用買残が多いが、上場比の変動幅が小さいことなどから、おそらく買っているには個人だけではないようにも思える。機関の空売り残高は、7,415,510株。Nonumaの動向に注目。

いずれにせよ、遅かれ早かれブーストしてくれることが楽しみ。

第33回行使に触れます。昨年9月25日に以下の三点を目的に開始
1.開発パイプラインの拡充
2.HGF遺伝子治療薬の製品化
3.様々な創薬上市に向けた運転資金確保

今年に入り、2月に200万株・3月に294万株・4月に161万株の行使を行い、残り239万株を令和に持ち越した。
問題は、目的の3の資金確保しか進捗が聞こえてこない。令和元年には、研究成果の朗報を細かく広報には発信して頂きたい。
持ち株制度での株式購入推奨ではなく、ストックオプションというボーナスを得る社員の皆さんの奮闘を期待したい!(私の会社、一部上場は持ち株制度)
行使の既存株主に影響するメリット・デメリットは以下の通りであり、アンジェスもその通りになっている。令和元年、ビッグIRと共に株価・出来高を上げて第33回行使の終了報告を待ちわびます。万が一、完了してまた直ぐに第34回行使等発表されたら、流石にご縁がなかった事にするかも知れない。

メリット :借入金や社債よりも安全
利息の発生する借入金や社債よりも安全に資金を集めるため、リスクが軽減されます。
デメリット:株式の希薄化
新株を発行する場合、株の希薄化がおこり株価が下落する場合があります。 特に、現在株価と新株予約権の行使価格が乖離し過ぎると既存株主にとっては喜ばしいことではなく失望売りに繋がります。あまりにも自己本位な方法での新株予約権の発行は既存株主の信頼を損ねますのでやめてもらいたい事です。

あたすバイオで一社だけ自分のルール無視しても長期で保有したいと思わせる銘柄あるんですよね。ナノキャリア 。

片岡一則教授。核酸医薬で撤退したロシュがなぜ撤退したか。DDSの壁。そのDDSを創出している世界でナンバーワンの片岡教授。フンボルト賞受賞。ノーベル賞に繋がるものすごい賞。

phase IIIまで進んでいるシスプラチン。治験で良好な発表できたらノーベル賞頂きでしょう。抗がん剤以外にも用途が盛りだくさん。
そして非独占的ライセンスなので他社にもライセンス付与できるとゆう強気。まだまだ新株発行は続くでしょうが時価総額1兆円目指せる可能性を秘めてると思っています。それこそロシュが食いつきそうなお話ですよね、と妄想。全てポジティブ妄想です。
ですがアンジェスホルダーのみなさんも全てポジティブ発言なので同じ土俵で言ってみました。

核酸医薬にはアンジェスの名前ありますがナノには勝てません。色んな方がアンジェス材料豊富と仰ってますがアンジェスよりも規模がでかいお話になると思います。なんか宣伝なっちゃいました、みんなに怒られます。ナノキャリアの使者ってハンネに変えようかな。長々失礼しました。

とはいえ、アンジェスの事業が長期的に見ないと進展しなさそうだから結果的に長期なだけで、普段は日足チャートを見てインすることの方が多いです。デイ〜スイングですね。逆に言えば、こんなに長く続きそうな期待の銘柄はここぐらいだと思ってます。

私の無視籠(無視リスト)について発見!
GWに入り流石に無視籠の方々も静かになるかと思ったが、掲示板を見ると多数存在の形跡あり。アンジェスには、新たな無視籠の方は増えていないが、整理をすると100人中50人は、他銘柄へ行ったり使用されていなかったりでした。

キーエンスグループや一発屋グループといった方々は、ユーザー名を変えて(姿を変えて)上手くやっている様子。細かく見ていくと日々アンジェスに誹謗中傷している無視籠の方々は、推定20名程度の同一人物が行っていると思われる。

その方々は、無視リストを活用している人には読まれないし、ポチマークもつかない事をどう思っているのか?最近では、特に夜間の活動が活発なようだ。とても侘しい虚しい行為だと思う。

そのような暇があるのであれば、自分の気になる銘柄を研究し士気を高めて投資をして資産を増やしたら良いのではと思う。アンジェスの掲示板からこのような同一人物による妨害行為(特に新規の方に)が無くなり、ホルダーの方々や新規でアンジェスに興

味を持った方々が覗いた時に、投資してみようという良いきっかけとなるものになればなと強く思います。失礼いたしました私の無視リスト活用の所見でした。

今日も昼間っから酔っ払ってます。第33回行使に触れます。昨年9月25日に以下の三点を目的に開始
1.開発パイプカットの拡充
2.HGF遺伝子治療薬の廃品化
3.様々な創薬上市に向けた運転資金増資で調達

今年に入り、2月に200万株・3月に294万株・4月に161万株の行使を行い、残り239万株を令和に持ち越した。
問題は、目的の3の資金確保しか進捗が聞こえてこない。(承認は除く)
令和元年には、研究成果の朗報を細かく広報には発信して頂かなくても良い
持ち株制度での株式購入推奨ではなく、ストックオプションというボーナスを得る社員の皆さんの奮闘は期待出来ない!(私の会社、二部上場予定は持ち株制度)

行使の既存株主に影響するメリット・デメリットは以下の通りであり、アンジェスもその通りに成って居ない。令和元年、スモールIRと共に株価・出来高を上げて第33回行使の終了報告を待っても出しません。万が一、完了してまた直ぐに第34回行使等発表されたら、流石にご縁がなかった事にする事にします。

メリット :借入金やパチンコよりも安全
利息の発生する借入金や社債よりも安全に資金を集めるため、リスクが増大されます。
デメリット:株式の僅少化
新株を発行する場合、株の希薄化がおこり株価が上昇する場合があります。 特に、現在株価と新株予約権の行使価格が乖離し過ぎると既存株主にとっては喜ばしいことで有り失望売りに繋がりません。あまりにも自己本位な方法での新株予約権の続行は既存株主の信頼を得ますのでやめてもらいたい事です。

此の株は将来は物凄く期待の持てる株で有る事は間違い有りません。でも、どんな会社でも人間が経営して居るので突然裏切り行為をする可能性は否定出来ません。

此れが株式の怖い面です。それから、機関が巣食って居るので行く手には機関が悪巧みするのが日常茶飯事なのです。これ等の難関を、かいくぐって生き延びる事が出来るかに掛かって居ます。

頭が良いだけでは生き延びる事は出来ないのです。宝くじでは無欲の人が当たり易いそうです。相場でも此れが言えそうです。金の亡者と成っては駄目です。






<!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script><br /> </div> </article> <!-- / article --> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/37/clap" id="fc2button-clap-37" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-37").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/37/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <!-- / read_more --> <div class="entry_footer cf"> <ul class="entry_comment cf"> <li>コメント : <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-37.html#comment-top" class="comment" title="コメントの投稿">0</a></li> </ul> <ul class="entry_category cf"> <li>カテゴリ : <a href="/blog-category-0.html" class="category" title="このカテゴリ一覧を見る">未分類</a></li> </ul> </div> <!-- / entry_footer --><article> <div class="entry"> <p class="entry_date">2019/04/01</p> <h2> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-36.html">Transcription--3 </a> </h2> <body bgcolor="#191970"><br /><center><font size=1 color="#00ffff" >Click name to each menber's work page.</font></center><br /><center><div style="line-height:110%"><font size=6 color=#00ff7f face="osaka"><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-19.html" target="_blank" title="Mr.Akiyama."><font color=#00ff7f>Mr.Akiyama.</a> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-18.html" target="_blank" title="Mr.Asaoka."><font color="#6a5acd">Mr.Asaoka.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-17.html"target="_blank" title="Mr.Arakawa."><font color=#00ff7f>Mr.Arakawa.</a> </a><font color="#6a5acd">Mrs.Ikemura.</font><br /><font color="#00ffff">Mr.Ichizaki.</font><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-22.html"target="_blank" title="Mrs.Inomata."><font color="#ff88ff">Mrs.Inomata.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-16.html"target="_blank" title="Mr.kawakami."><font color=#00ff7f>Mr.Kawakami.</font></a><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-15.html"target="_blank" title="Mrs.kawakami."><font color=#00ff7f>Mrs.Kawakami.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-14.html"target="_blank" title="Mr.kawasaki."><font color=#00ff7f>Mr.Kawasaki.</font></a><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-13.html"target="_blank" title="Mr.Shimshara"><font color=#00ff7f>Mr.Shimahara.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-12.html"target="_blank" title="Mrs.Takatani"><font color="#ff88ff">Mrs.Takatani.</font></a><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-11.html"target="_blank" title="Mr.Takeda"><font color=#00ff7f>Mr.Takeda.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-10.html"target="_blank" title="Mr.Tabuchi"><font color=#00ff7f>Mr.Tabuchi.</font></a> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-9.html"target="_blank" title="Mr.Tsubota"><font color=#00ff7f>Mr.Tsubota.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-8.html"target="_blank" title="Mr.Nakagawaji"><font color=#00ff7f>Mr.Nakagawaji.</font><a><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-7.html"target="_blank" title="Mrs.Nakagawaji"><font color="#ff88ff">Mrs.Nakagawaji.</font></a><br /><font color="#00ffff">Mr.Naka.Mr.Nakatsu.</font><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-6.html"target="_blank" title="Mr.Nishino"><font color=#00ff7f>Mr.Nishino.</font></a><br /> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-5.html"target="_blank" title="Mrs.Habu"><font color="#ff88ff">Mrs.Habu.</font></a><font color="#00ffff">Mr.Fujii.Mr.Mizuishi.</font><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-4.html"target="_blank" title="Mr.Miyashita"><font color="#6a5acd">Mr.Miyashita.</font></a><font color="#6a5acd">Mrs.Yasui.</font><br /> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-3.html"target="_blank" title="Mr.Yoshizumi"><font color=#00ff7f>Mr.Yoshizumi.</font></a> <font color="#00ffff">Mr.Yotsumoto.</font><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-2.html"target="_blank" title="Editor's Memo"><font color="#ff8c00">Editor's memo</font></a><br><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-1.html"target="_blank" title="Romigo"><font color="#00ff7f">Romigo<br>Forest<br> World</font></a></font></center></div><center><font size=1 color="#00ffff" >Click Romigo to Main page.</font></center><center><A href="http://romigo.blog.jp/"target="_blank"><font color="#00ffff"size=1>文字化けが起きて、判読不能の場合は、ここのSub-siteからどうぞ</font></A></center><br /><br /><hr width=500 ></hr><br /><table width=440><font color="#ffffff"size=6 face="MS P明朝" ><br /><center><strong>『黄庭経』の写経--3</strong></strong></font><br /><br /><font size=2 color="#00ff00">この記事は、.2019年4月1日にMr.Yoshizumi氏から<br />メールで送信されてきたものです。</font></center></center></table><br /><br /><hr width=500 ></hr><br /><div style="margin-left: 200px; margin-right:200px;"><br /><font size="4" color="#00ffff" face="MS P明朝"><br /><br /><br />「苔屋根」を巡るご研究は、順調のようですね。近い将来、貴殿は「苔博士」と呼ばれるかも・・・<br />因みに、拙者も苔を育てています。<img src="https://blog-imgs-124-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/koke.jpg"align=left>(添付写真 No.1 、近々に再撮影しますので、とりあえず)<br /><br />さて今日から新年度、例の共同研究(森里海連環学)に参加の長女は、お陰様で立命館大の教授に。<br />苔屋根の「たねや」は”食文化”で繁盛していますが、<strong><a href="http://www.ritsumei.ac.jp/gast/teacher/yoshizumi/" target="_blank" title="「食マネジメント」"><font color="#ff00ff">「食マネジメント」</font></a></strong>学部も大学院新設となり、そのタイミングです。<br />一度、学部のHP(新年度版)を見てやって下さい。<font color="#ffffff"size=1 >上の赤字「食マネージメント」clickで立命館大学学部のHPに移行します。</font><br /><br />さて拙者の『黄庭経』の写経(臨書)も順調です。(HPのデュシャン《遺作》、更新!)<br />というのは、年度末にアトリエ館の設備更新で、住環境が快適に。トイレは「ウォッシュレット」に、風呂釜も新品。<br />これまで風呂釜は故障で、小野市の日帰り温泉を利用していました。<br /><br />ところで、添付写真(NO.2)の「石川丈山像」に、ご注目!。<img src="https://blog-imgs-124-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/kyousoku.jpg"align=right>彼は「脇息」に寄りかかっていますが、それは現在でも詩仙堂に展示されています。その「脇息」は丈山の自作で、かつ彼の「身体」の痕跡です。<br /><br />目下、臨書の際に置く、「脇息」の制作を構想しています。それは、これまでの石彫制作と共通する、身体に密着した「造形物」の制作で、かつ残された日々の痕跡です。<br /><br />ではまた。 虚舟<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><noembed><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script><br /> </div> </article> <!-- / article --> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/36/clap" id="fc2button-clap-36" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-36").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/36/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <!-- / read_more --> <div class="entry_footer cf"> <ul class="entry_comment cf"> <li>コメント : <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-36.html#comment-top" class="comment" title="コメントの投稿">0</a></li> </ul> <ul class="entry_category cf"> <li>カテゴリ : <a href="/blog-category-0.html" class="category" title="このカテゴリ一覧を見る">未分類</a></li> </ul> </div> <!-- / entry_footer --> </div> <!-- / inner --> <div class="paging"> <ul class="inner cf"> <li class="prev"> &nbsp; </li> <li class="blog_top"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/">記事一覧</a> </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="next">&nbsp; </li> </ul> </div> <!-- / paging --> </section> <!-- / section --> <footer id="footer"> <div class="inner cf"> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">プロフィール</h2> <div class="plugin_body"><p class="plugin-myimage" style="text-align:left"> <img src="https://static.fc2.com/image/noimage.gif" alt="dandayo"> </p> <p style="text-align:left"> Author:dandayo<br> FC2ブログへようこそ!</p></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">最新記事</h2> <div class="plugin_body"><ul> <li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-50.html" title="Romigo Web Collections">Romigo Web Collections (11/02)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-49.html" title="Otogeraz">Otogeraz (10/12)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-48.html" title="Knowledge giant">Knowledge giant (09/06)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-47.html" title="Outlow & Korea">Outlow & Korea (08/27)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-46.html" title="Reincarnation">Reincarnation (08/15)</a> </li></ul></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">最新コメント</h2> <div class="plugin_body"><ul> </ul></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">月別アーカイブ</h2> <div class="plugin_body"><ul> <li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201911.html" title="2019/11">2019/11 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201910.html" title="2019/10">2019/10 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201909.html" title="2019/09">2019/09 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201908.html" title="2019/08">2019/08 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201907.html" title="2019/07">2019/07 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201906.html" title="2019/06">2019/06 (5)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201905.html" title="2019/05">2019/05 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201904.html" title="2019/04">2019/04 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201903.html" title="2019/03">2019/03 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201902.html" title="2019/02">2019/02 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201901.html" title="2019/01">2019/01 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201812.html" title="2018/12">2018/12 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201811.html" title="2018/11">2018/11 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201810.html" title="2018/10">2018/10 (28)</a> </li></ul></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">カテゴリ</h2> <div class="plugin_body"><div> <div style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-category-0.html" title="未分類">未分類 (50)</a> </div></div></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">検索フォーム</h2> <div class="plugin_body"><form action="http://romigo.blog.fc2.com/?date=201904" method="get"> <p class="plugin-search" style="text-align:left"> <input type="text" size="20" name="q" value="" maxlength="200"><br> <input type="submit" value=" 検索 "> </p> </form></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">RSSリンクの表示</h2> <div class="plugin_body"><ul> <li style="text-align:left"><a href="http://romigo.blog.fc2.com/?xml">最近記事のRSS</a></li> <li style="text-align:left"><a href="http://romigo.blog.fc2.com/?xml&comment">最新コメントのRSS</a></li> </ul></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">リンク</h2> <div class="plugin_body"><ul> <li><a href="./?admin">管理画面</a></li> </ul></div> <div class="plugin_body"><a href="javascript:window.location.replace('http://blog.fc2.com/?linkid=romigo');">このブログをリンクに追加する</a></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">ブロとも申請フォーム</h2> <div class="plugin_body"><p class="plugin-friends" style="text-align:left"><a href="http://romigo.blog.fc2.com/?mode=friends">この人とブロともになる</a></p></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">QRコード</h2> <div class="plugin_body"><div class="plugin-qrcode" style="text-align:left"><img src="https://blog-imgs-124-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/c32038432.jpg" alt="QR"></div></div> </div> </div> </div> <div class="footer_info"> <!-- Don't delete --> <p class="ad"><!-- genre:28 --><!-- sp_banner:1 --><!-- passive:0 --><!-- lang:ja --><!-- HeadBar:1 --><!-- VT:blog --><!-- nad:1 --> </p> <!-- / Don't delete --> <p class="copyrights">Copyright &copy; Romigo Web Cultures Commemorating Collections By All Classmates. All Rights Reserved.<span class="powered">Powered by FC2ブログ</span></p> </div> <!-- / footer_info --> </footer> <!-- / footer --> </body> </html>