FC2ブログ

Otogeraz3



Click name to each menber's work page.

Click Romigo to Main page.
文字化けが起きて、判読不能の場合は、ここのSub-siteからどうぞ





Kitの公式HP Kit同窓会の公式HP







Input your entry year to Kit






       

Romigo

◆Otogeraz


















<!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script><br /> </div> </article> <!-- / article --> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/57/clap" id="fc2button-clap-57" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-57").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/57/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <!-- / read_more --> <div class="entry_footer cf"> <ul class="entry_comment cf"> <li>コメント : <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-57.html#comment-top" class="comment" title="コメントの投稿">0</a></li> </ul> <ul class="entry_category cf"> <li>カテゴリ : <a href="/blog-category-0.html" class="category" title="このカテゴリ一覧を見る">未分類</a></li> </ul> </div> <!-- / entry_footer --><article> <div class="entry"> <p class="entry_date">2021/03/13</p> <h2> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-56.html">Tsugaru </a> </h2> <!--body bgcolor="#191970"---><br /><body background="https://blog-imgs-92-origin.fc2.com/s/h/o/shortstoryofdan/img008ffffffffffff.jpg"><br /><center><font color="#00ffff" size="1">Click name to each menber's work page.</font></center><br /><center><div style="line-height:110%"><font color="#00ff7f" size="6" face="osaka"><a title="Mr.Akiyama." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-19.html"><font color="#00ff7f">Mr.Akiyama.</font></a><font color="#00ff7f"> <a title="Mr.Asaoka." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-18.html"><font color="#6a5acd">Mr.Asaoka.</font></a><br /><a title="Mr.Arakawa." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-17.html"><font color="#00ff7f">Mr.Arakawa.</font></a><font color="#00ff7f"> <font color="#6a5acd">Mrs.Ikemura.</font><br /><font color="#00ffff">Mr.Ichizaki.</font><a title="Mrs.Inomata." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-22.html"><font color="#ff88ff">Mrs.Inomata.</font></a><br /><a title="Mr.kawakami." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-16.html"><font color="#00ff7f">Mr.Kawakami.</font></a><a title="Mrs.kawakami." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-15.html"><font color="#6a5acd">Mrs.Kawakami.</font></a><br /><a title="Mr.kawasaki." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-14.html"><font color="#00ff7f">Mr.Kawasaki.</font></a><a title="Mr.Shimshara" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-13.html"><font color="#00ff7f">Mr.Shimahara.</font></a><br /><a title="Mrs.Takatani" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-12.html"><font color="#ff88ff">Mrs.Takatani.</font></a><a title="Mr.Takeda" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-11.html"><font color="#00ff7f">Mr.Takeda.</font></a><br /><a title="Mr.Tabuchi" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-10.html"><font color="#00ff7f">Mr.Tabuchi.</font></a> <a title="Mr.Tsubota" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-9.html"><font color="#00ff7f">Mr.Tsubota.</font></a><br /><a title="Mr.Nakagawaji" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-8.html"><font color="#00ff7f">Mr.Nakagawaji.</font></a><a></a><a title="Mrs.Nakagawaji" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-7.html"><font color="#ff88ff">Mrs.Nakagawaji.</font></a><br /><font color="#00ffff">Mr.Naka.Mr.Nakatsu.</font><a title="Mr.Nishino" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-6.html"><font color="#00ff7f">Mr.Nishino.</font></a><br /> <a title="Mrs.Habu" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-5.html"><font color="#ff88ff">Mrs.Habu.</font></a><font color="#00ffff">Mr.Fujii.Mr.Mizuishi.</font><br /><a title="Mr.Miyashita" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-4.html"><font color="#6a5acd">Mr.Miyashita.</font></a><font color="#6a5acd">Mrs.Yasui.</font><br /> <a title="Mr.Yoshizumi" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-3.html"><font color="#00ff7f">Mr.Yoshizumi.</font></a> <font color="#00ffff">Mr.Yotsumoto.</font><br /><a title="Editor's Memo" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-2.html"><font color="#ff8c00">Editor's memo</font></a><br /><a title="Romigo" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-1.html"><font color="#00ff7f">Romigo<br />Forest<br /> World</font></a></font></font></font></div></center><center><font color="#00ff7f" size="6" face="osaka"><font color="#00ff7f"><font color="#00ffff" size="1">Click Romigo to Main page.</font></font></font></center><center><font color="#00ff7f" size="6" face="osaka"><font color="#00ff7f"><a target="_blank" href="http://romigo.blog.jp/"><font color="#00ffff" size="1">文字化けが起きて、判読不能の場合は、ここのSub-siteからどうぞ</font></a></font></font></center><font color="#00ff7f" size="6" face="osaka"><font color="#00ff7f"><br /><br /><br /><center><br /><hr size="3" noshade width="550"><br /><br /><font color="#00ffff" size="7" face="MS P明朝"><br /><center><br /><span style="color:#FF6633">Tsugaru Soto Sangunshi </span> </strong></a><br /><br /><div style="line-height:10%"><br /><font color="#00ff00" size="2">(コンテンツの総てはYahoo他の記事をコピペしたものです) </font></div><br /><br /><font size=5 color="#ffffff">田楽男</font><br /></center><br /></font><table width="440"></table></center><br /><hr size="3" noshade width="550" ><br /><br /><div style="margin-left: 200px; margin-right:200px;"><br /><font color="#00ffff" size="4" face="MS P明朝"><br /><div style="line-height:190%"><a href="http://www.city.goshogawara.lg.jp/kyouiku/bunka/files/tosaminatokankomap.pdf" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;十三湊歴史Map&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00">十三湊歴史Map</span></a>     <a href="https://blog.goo.ne.jp/hi-sann_001/e/241ea70e252060fd7a26964596bfc3ab" target="_blank" title=" &lt;span style=&quot;color:#FF0033&quot;&gt; ひーさんの散歩道&lt;/span&gt;"> <span style="color:#FF0033"> ひーさんの散歩道</a></span>         <a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C" target="_blank" title=" 蝦夷"> <span style="color:#00FF00"> 蝦夷</span><br /></a><br /><span style="color:#FFCC33"><span style="font-size:x-large;">『東日流外三郡誌』</span></span><br /><span style="color:#00CC33"><span style="font-size:x-large;">Wikipediaからの解説文</span></span><br /><br />『東日流外三郡誌』は、青森県五所川原市飯詰在住の和田喜八郎[2]が、自宅を改築中に「天井裏から落ちてきた」古文書として1970年代に登場した。編者は秋田孝季と和田長三郎吉次(喜八郎の祖先と称される人物)とされ、数百冊にのぼるとされるその膨大な文書は、古代の津軽地方(東日流)にはヤマト王権から弾圧された民族の文明が栄えていたと主張する。<br /><br />アラハバキを「荒羽吐」または「荒覇吐」と書き、遮光器土偶の絵を載せ、アラハバキのビジュアルイメージは遮光器土偶である、という印象を広めたのも、本書が「震源」である。<br /><br />同書によれば、耶馬台国の中に邪馬壱国があったという。前7世紀の日本各地には津止三毛族とか奈津三毛族とか15~16の民族が割拠していたが、そのうち畿内大和(現在の奈良県)にいて安日彦と長髄彦の兄弟(安日彦、武渟川別、長髄彦の三兄弟ともいう)が治めて平和に暮らしていたのが耶馬台国で、日向(現代の宮崎県)にいたのが「日向族」(神武天皇の一族)であった。<br /><br />耶馬台国の中に邪馬一国、邪馬二国、邪馬三国があったという(つまり邪馬壱国とは邪馬一国のこと)。日向族は台湾の高砂族が北上してきたものだが、その一族を支配するのは巫女で、火を操るヒミコ、水を操るミミコ、大地を操るチミコの三姉妹で、その出自は「アリアン族」だったという。<br /><br />つまり卑弥呼は九州の女王で、畿内にあった邪馬台国とは無関係ということになる。日向族は筑紫(現在の福岡県)の「猿田族」を酒と美女で騙し討ちにして滅ぼし、破竹の勢いで東進。この時、兄弟の父・耶馬台彦は長門(現在の山口県)に2万の軍で布陣したが迂回され、大和での日向族と耶馬台国との戦いは熾烈を極め、安日彦は片目を射られ、武渟川別は片腕斬断、長髄彦は片脚を失う激戦の末、遠く津軽に落ち延びた。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/Ainu2.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/Ainu2.jpg"width=350 height=300 align=left></a>これより前、津軽にははじめ阿曽辺族(アソベ族)という文化程度の低い未開部族ながらも温厚な種族が平和に暮らしていたが、岩木山が噴火して絶滅しかかったところに津保化族(ツボケ族)というツングース系の好戦的で残虐な種族が海からやって来て阿曽辺族を虐殺し、津軽は津保化族の天下となった。<br /><br />その後、中国の晋の献公に追われた郡公子の一族がやって来て津保化族を平定、ちょうどその頃神武天皇に追われた耶馬台国の一族もやって来た。郡公子の娘、秀麗、秀蘭(香蘭とも)の姉妹を安日彦と長髄彦は娶り、諸民族は混血して「荒羽吐族」と号し、「荒羽吐5王」の制(津軽を5区に分けたのか東北地方を5区に分けたのかは判然としないが後者のようである)を敷いて治めたが、これが大和朝廷からは「蝦夷」と呼ばれたのだという。<br /><br />従って蝦夷には元々は中国の文化が色濃く入っていたのである。蝦夷の首領(安日彦と長髄彦のいずれかの子孫のように書かれているがどちらの子孫なのか判然としない)は、代々「津軽丸」を襲名し、ヨーロッパの国王のように「津軽丸何世」と名乗った。<br /><br />神武天皇崩御の後、荒羽吐系の手研耳命は大和を支配すること3年。懿徳天皇崩御の後、荒羽吐軍が南下し、空位ならしめた。その後、荒羽吐系の孝元天皇を擁立して大和を間接支配した頃、不老長寿の秘薬を求める秦の始皇帝の使いとして徐福が津軽を訪れ、津軽の文化が中国に似ているので驚いたという。津軽丸は荒羽吐族が中国人との混血であることを解説し、徐福にカモメの金玉を授けた。<br /><br />その後やがて、朝鮮半島から「カラクニ皇」なる者(崇神天皇?)がやってきて大和方面は奪われてしまったという。しかし中国の歴史書にでてくる「倭の五王」とは実は日本の天皇ではなく津軽丸のことだったのである。奈良時代には荒羽吐系の孝謙天皇を擁立。その後も津軽丸は万世一系に続き、安倍貞任を経て、安東氏(安藤氏)に至るのである。<br /><br />なお和田が生前主張していたところによれば、安東氏後裔との伝えを持つ秋田氏が藩主の陸奥三春藩を襲った大火で舞鶴城所蔵史料が焼失したため、藩主の命を受けた秋田孝季が妹婿の和田長三郎吉次や菅江真澄らの助力を得て、寛政年間から史料蒐集や諸国踏査を行い、その成果が和田家に秘蔵されてきたとされた[3]。<br /><br />十三湊は、安東氏政権(安東国)が蝦夷地(津軽・北海道・樺太など)に存在していた時の事実上の首都と捉えられ、満洲や中国、朝鮮、欧州、アラビア、東南アジアとの貿易で栄えた。欧州人向けのカトリック教会があり、中国人、インド人、アラビア人、欧州人などが多数の異人館を営んでいたとされる。それどころか、満洲の地に残る「安東」の地名は安東氏の足跡なのだとする。しかし「興国二年の大津波」(1341年、南朝:興国2年、北朝:暦応4年)によって十三湊は壊滅的な被害を受け、安東氏政権は崩壊したという(津波はその1年前ともいう)。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">経緯</span><br /><br />和田がこの文書群を青森県北津軽郡市浦村に提供し、市浦村は1975年(昭和50年)から1977年(昭和52年)にかけて、『市浦村史 資料編』(上中下の三部作)として刊行した。だが後にその内容をめぐって論争が相次ぎ、大反響を呼んだ。<br /><br />和田による古文書の「発見」は、1949年(昭和24年)頃から始まっている。ただし、初期の古文書は地中から掘り出したとされていた(当時、和田家邸宅は藁葺屋根で、まだ天井裏がなかった)。1983年(昭和58年)に北方新社版『東日流外三郡誌』の刊行が始まった際、“東日流外三郡誌”はそれまでに和田が発見した古文書の総称とされ、かつては地中から掘り出したとされていた文書もその中に加えられた[4]。その後の構想の拡大で、明確に「東日流外三郡誌」以外の題を冠した古文書(実際には偽書)も和田喜八郎の手元から続々と出てくるようになった。<br /><br />『東日流六郡誌絵巻』『東日流六郡誌大要』『東日流内三郡誌』『北鑑』『北斗抄』『丑寅日本記』『奥州風土記』などである。ちなみに『東日流外三郡誌』と題さないそれらの文書も上記の内容を共有している。そのため、和田の手元から出た古文書には『東日流外三郡誌』と題する題さないを問わず、共通の用語や重複した説話が多々見られる。 結局、和田は1999年(平成11年)に世を去るまで約50年にわたってほぼ倦むことなく(本人の主張では天井裏にあった箱から)古文書を「発見」し続けた。<br /><br />和田喜八郎の没後、遺品として遺された文献は段ボール箱で20個分ほど、その大部分は刊本であり、肉筆によるものは巻物が25点、冊子本が46点だった(ただし、この冊子には実際に江戸時代に書かれた写本小説も含まれている)[5]。<br /><br />しかし、その中には喜八郎の生前に活字化された内容と同じ『東日流外三郡誌』の底本は含まれていない(和田は論文盗用をめぐる裁判において『東日流外三郡誌』の底本は紛失したと主張した)。喜八郎が生前に個人や自治体に事実上売却した「古文書」も多数あったため、それらをも含めた総数はつかみにくいのが現状である[要出典]。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">真偽論争<br /></span><br />『東日流外三郡誌』(およびその他の和田家文書)については、考古学的調査との矛盾(実際の十三湊の発掘調査では津波の痕跡は確認されておらず、また十三湊の最盛期は津波が襲ったとされる時期以降であったらしい)、「古文書」でありながら、近代の学術用語である「光年」(そもそも光速が有限であることが証明されたのは17世紀後半である)や「冥王星」「準星」など20世紀に入ってからの天文学用語が登場する[6] など、文書中に現れる言葉遣いの新しさ、発見状況の不自然さ(和田家建物は1941年(昭和16年)建造の家屋であり、古文書が天井裏に隠れているはずはない)、古文書の筆跡が和田喜八郎のものと完全に一致する、編者の履歴に矛盾がある[7]、他人の論文を盗用した内容が含まれている、等の証拠により、偽書ではないかという指摘がなされた。これに対し、真書であると主張する者もおり、偽書派・真書派間で対立した。特に、偽書派の安本美典と真書派の古田武彦との間では、雑誌・テレビ・論文雑誌等で論争が行われた[6]。<br /><br />1999年(平成11年)に和田喜八郎が死去した後、和田家は偽書派により綿密に調査がなされた。この結果、天井裏に古文書を隠すスペースなど確かに存在せず(後日公開された和田家内部写真[8] によれば、膨大な文書を収納できるようなスペースはなかった)、建物内には原本がどこからも発見されなかった上、逆に紙を古紙に偽装する薬剤として使われたと思われる液体(尿を長期間保管したもの)が発見され、偽書であることはほぼ疑いがないという結論になった。<br /><br />青森県教育庁編『十三湊遺跡発掘調査報告書』[9]には、「なお、一時公的な報告書や論文などでも引用されることがあった『東日流外三郡誌』については、捏造された偽書であるという評価が既に定着している」と記載されるなど、現在では公的団体も偽書であることを公表している。<br /><br />2007年(平成19年)、古田武彦は『東日流外三郡誌』の「寛政原本」を発見したと発表、2008年(平成20年)には電子出版された[10]。しかし、これについて作家の原田実は、その筆跡はことごとく従来の和田家文書と同じであると主張している[11]。「寛政原本」は活字化された『東日流外三郡誌』のいずれとも対応しておらず、その意味では(活字化されたものの)テキストに対する原本とはいえない。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FFFF00">日本国際教育学会   1999年11月7日<br />第10回大会報告 (於)京都・同志社大学<br /></span><br /> 日本国の原風景<br /> <span style="color:#FF6666"><span style="font-size:x-large;"> ー「東日流外三郡誌」に関する一考察ー</span></span></a><br /><br />         <span style="color:#00FF00"> 西 村 俊 一       <a href="http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/genihonj.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF3333&quot;&gt;原文&lt;/span&gt;"><span style="color:#FF3333">原文</span></a><br />           (東京学芸大学)</span><br /><br /><span style="font-size:x-large;">はじめに</span><br /><br /> 近年、青森県三内丸山の縄文遺跡発掘に象徴される様に、日本各地の古代遺跡の発掘調査が進み、それに伴って、日本古代史に関する旧来のイメージが大きく揺らぎ始めている。また、そのため、日本古代史の全般的見直しが歴史学の避け難い課題ともなっている。古田武彦の「九州王朝」(倭国)、「東北王朝」(蝦夷国)説は、その様な見直しの試みの一つであり、むしろその動きを先導してきたものと言うべきかも知れない。<br /><br /> その中、いわゆる「九州王朝」説は、日本・中国・朝鮮の諸史籍の緻密な再考証、精力的なフィールド・ワーク、鋭く豊かな推論などから導き出された説であり、今や旧来の正統史学を沈黙に追いやる気配さえある。しかし、この説は、「大和朝廷」(近畿天皇家)が663年(天智2年)の白村江の戦いで大敗した「九州王朝」に対する従臣のクーデターによって成立したと見る点で、期せずして、今日の国際教育に対する大きな問題提起ともなっている。例えば、彼がその著書『「君が代」は九州王朝の讃歌』(新泉社、1990年刊)等において示している事実認識に対して、日本の教育関係者はどの様に対応するべきであろうか。<br /><br /> 他方、「東北王朝」説は、神武東征以降、その支配地域は徐々に侵奪縮小されてはいくものの、古来から「倭国」と共に「蝦夷国」が存在したとする説であり、中国史籍の『冊府元亀、外臣部、朝貢三』等と共に青森県五所川原市飯詰字福泉・和田喜八郎所蔵の『東日流外三郡誌』も傍証として用いている。しかし、まさにこの『東日流外三郡誌』を中心とする一群の「和田家資料」については、「九州王朝」をめぐる論争において惨敗を喫した感の濃い安本美典らが、現代人和田喜八郎の手になる「偽書」であるとの攻撃を加え、激しい「真書・偽書論争」が続けられてきた。古代史研究者は、その問題を純然たる事実認識の問題として扱うことも可能であるが、国際教育の研究者は、必ずや、その事実認識が帯びる今日的意味の確認を迫られることになる。したがって、これまで継続されてきた「真書・偽書論争」の帰趨にも無関心ではいられないのである。<br /><br /> そこで、本報告では、北秋田の比内を生地とする安藤昌益の研究を進める中で偶々実見する機会を得たこの『東日流外三郡誌』を含む一群の「和田家資料」に関して、資料の体裁と構成、その描く古代・中世史像の概要を紹介し、「真書・偽書論争」のはらむ問題について検討を加え、その上で、今後の課題について言及を試みてみたい。何やら「火中の栗を拾う」の感も無くはないが、これまでの「真書・偽書論争」に関係したことのない第三者の判断もそれなりに意味があるのではなかろうか。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">1、「和田家資料」の構成と『東日流外三郡誌』</span><br /><br /><span style="color:#00FF00"> 1)「和田家資料」発見の経緯</span><br /><br /> 「和田家資料」の所蔵者和田喜八郎及び同資料の編集刊行に携わってきた藤本光幸が記するところによれば、その発見の経緯は概ね以下の如くであった。 <br />昭和22年8月の深夜、和田家の天井板を突き破って挟箱が落下してきた。それには門外不出の古文書類が収蔵されており、それらは約200巻に及ぶ『東日流外三郡誌』のほか、『金光上人関係資料』、『天真名井家関係文書』等の合計368巻から成っていた。また、他の箱からは『東日流外三郡誌』編纂のための参考として収集されたと思われる世界史、進化論、宇宙天文学、宗教、博物学等に関する版木本や刊本数千冊が現れた。<br /><br /> その後、1990年に最後の1箱を開いてみると、安倍頼良着用と伝わる鎧と共に、『丑寅日本記全』、『丑寅日本雑記全』、『丑寅日本史総解』、『奥州風土記』、『陸奥史風土記』、『丑寅風土記全』、『渡島古史抄』、『東日流古史抄』、『陸羽古史抄全』、『陸奥古史抄全』、『陸奥古事抄』、『東日流古事録』、『語部古事録』、『陸羽古史語部録全』、『日下史大要語部録』、『陸奥羽古代史諸証』、『日之本史探証』、『東北陸羽史談』、『陸奥史審抄』、『日下史大要絵巻』、『陸羽古史絵巻』、『日下北鑑全』等約1800冊(巻)の資料が現れた。以上が「和田家資料」発見の経緯の概略である。<br /><br /> なお、これら以外に、和田家の屋根裏奥に隠し部屋が設けられていて、未開封の長櫃等が存在し、その中にいわゆる「寛政原本」(原副本)等が秘蔵されているともされてきたが、この件については後述する。<br /><br /><span style="color:#00FF00"> 2)『東日流外三郡誌』の編纂者<br /></span><br /> これらの『東日流外三郡誌』を中心とする一群の「和田家資料」は、奥州三春藩主秋田倩季から安倍・安東・秋田家の族譜と事績の編纂を依頼されたのに応じて、1789年(寛政元年)から1822年(文政5年)までの間、秋田土崎湊の秋田孝季と津軽飯詰の庄屋和田長三郎吉次が調査記述したものであり、その後、その副本を権七、吉次、末吉の三代が書写によって虫食い等から守り、長作、元市へと引き継いで来たとされるものである。<br /><br />その意味で、これらは、あくまでも江戸後期に編纂された二次資料でしかないが、空白の古代・中世に関わる古文書や語部による伝承等が収録されていたことから、一躍歴史学界の注目を浴びることとなった。<br /><br /> なお、その『東日流外三郡誌』には、編者とされる秋田孝季と和田長三郎吉次が連署で「凡そ本書は史伝に年代の相違なる諸説多しとも、一編の歴史と照会して事実錯誤の発見あれど、私考にして訂正するは正確とぞ認め難く、訂正の労は後世なる識者に委ねたり」と記している。また、その書写保存に努めたとされる和田末吉は、子孫への戒めとして「本書は他言無用にて護り、末代に伝ふる秘と密を如何なる事態にても失ふべからず、死致るとも護るべし」と記している。<br /><br /><span style="color:#00FF00"> 3)「和田家資料」の体裁と構成<br /></span><br /> 当方は、北秋田比内を生地とする安藤昌益に関心を持ち、久しくその調査研究を心がけてきているが、その過程で、安藤昌益の生地と姓はもとよりのこと、その門弟の一人に長崎通詞がおり、北斗星を気の発生する源と見なし、世界を転(天)と央土(大地)と定(海)の三層で捉え、太古憧憬の念を表白し、人間の平等を唱え、その遺著を秘蔵に付しているなど、『東日流外三郡誌』との共通点の多いことが気になるに至っていた。そこで、「真書・偽書論争」の喧しい中ではあったが、1999年(平成11年)5月23日にあえて津軽山中の石塔山を訪ね、「和田家資料」を調査する機会を持ったのであった。<br /><br /> その一群の「和田家資料」は、古びた黒漆塗り車付き長櫃等の大箱数箱に錠前を施し、直筆の綴本、巻物、聞き書き、写本、紙片等の形で、同時に収集した公刊本等と共に保存されており、その数は極めて膨大であった。いわゆる「偽書」論者たちは、秋田孝季・和田吉次の手になるとされる「寛政原本」の存在を否定するのはもとより、和田末吉の手になるとされる「明治写本」の存在をも否定して、『東日流外三郡誌』を中心とする全ての「和田家資料」を現代人和田喜八郎の手になる「偽書」であると断定してきたが、当方としては、率直に言って、それは一個人では到底不可能であるとの心証を得た。<br /><br />仮にそれらが和田喜八郎の手になる「偽書」であるとすれば、同人の周辺に今日の大学の研究室よりも大きい偽作集団が相当長期にわたって存在し続けたと考えるしかないであろう。<br /><br /> なお、和田喜八郎は、当方が安藤昌益に関心を持ち調査研究を心がけて来たことを告げると、即座に、「和田家資料」の中に安藤昌益からの10通ほどの書簡束があると異なことを語り出した。それによれば、実際の差出人名は「安藤昌益」ではなく、「安藤・・・」と普通に見かける名となっていたが、それは「昌益」のことである旨が朱筆で付記されていたという。また、それらの書簡には、ギヤマンや砂鉄についての照会が含まれていたとの記憶がある、とも述べた。<br /><br />これには驚嘆したが、それが事実であれば、時期的にみて、編者秋田孝季・和田吉次のいずれかの父親宛であると思われた。安藤昌益については、その書簡断片が遺っており、一応筆跡鑑定も可能である。また、それ故、自ずから、『東日流外三郡誌』を中心とする一群の「和田家資料」の真偽判断の材料ともなり得る。和田喜八郎は、それを再び探し出して当方に提供すると言明したが、その約束は後述の事情から未だ履行されないままとなっている。<br /><br /> さらに、その際、和田喜八郎は、「偽書」論者を原告とする訴訟の最高裁判決(平成9年10月14日)が出された機会に、信頼出来る公共の図書館等に「和田家資料」を寄贈して一般に公開したいので、適当な寄贈先を探して欲しい旨当方に依頼した。この件についても後述する。<br /><br /><span style="color:#00FF00">4)『東日流外三郡誌』を含む「和田家資料」の公刊</span><br /><br /> そもそも歴史学者の論争は激しい言葉の応酬といった様相を呈しがちではあるが、まさにその種の「真書・偽書論争」を惹起するに至ったのがこの『東日流外三郡誌』であった。これは、まず青森県北津軽郡車力村の『車力村史』(昭和48年12月25日刊)に一部無断引用され、また、市浦村の『市浦村史資料編』(全3巻、昭和50年~52年刊)に約200巻の中の約三分の一が了解の上で引用されている。その後、その全資料を収録した小館衷三・藤本光幸編『東日流外三郡誌』(全6巻、北方新社版、昭和58年~昭和60年刊)や藤本光幸編『和田家資料』(全2巻、北方新社、平成4年)等が公刊された。現在も入手可能なものとしては『東日流外三郡誌』(全6巻、北方新社版、及び、八幡書店版)、『東日流六郡誌絵巻』(全、津軽書房、昭和61年刊)、『和田家資料』(全2巻、北方新社、平成4年)等がある。<br /><br /> ちなみに、「和田家資料」は、「明治写本」等すでに開封済みのものだけでも数千点に及ぶ膨大なものであり、その史料価値を判断し逐次公刊して行くには相当の年月を要することが予想される。なお、和田喜八郎は、1999年9月28日に突然病死したが、現時点で注目されるのは、(1)和田家の屋根裏の隠し部屋になおも未開封の長櫃等が存在していたか否か、(2)和田一族はそれをすでに開封したか否か、(3)その中にいわゆる「寛政原本」等が含まれていたか否かといった諸点である。当方が直接知る限りでは、これに関する和田喜八郎の言明には必ずしも一貫性は認められなかった。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">2、『東日流外三郡誌』の描く古代・中世史像</span><br /><br /><span style="color:#00FF00">1)アジア大陸から渡来した阿蘇辺族・津保化族の伝承<br /></span><br />『東日流外三郡誌』は、東日流太古の民として、まずアジア大陸の粛慎族を祖とする阿蘇辺族に関する伝承を記している。しかし、この阿蘇辺族は、同じくアジア大陸の靺鞨族を祖とする津保化族の侵入と岩木山の大噴火のため、そのほとんどが滅び去った。<a href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/Ainu.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/Ainu.jpg"width=350 height=300 align=right></a>その後、中国の晋では恵王帝の群公子が殺されるといった内紛が生じたが、その難民も大挙して津軽に漂着し、津保化族と融和定住するに至った。<br /><br /> この様な日本北辺の広く外に開かれた原風景の記述は、実証的裏付けが乏しい以上、絵空事として退けることも容易であろう。しかし、太古の時代からこの様な民族移動がなされて来た蓋然性もあながち否定は出来ない。『日本書紀』の660年(斉明6年)の条には、阿倍比羅夫が陸奥の蝦夷を兵とする軍船200艘を率いて粛慎を伐った旨の記事が見られ、また、724年(神亀元年)に大野朝臣東人が建立したとされる「多賀城碑」には、「靺鞨国界去三千里」の字句も見られる。この様な事実は、東北地方と東アジア大陸の間に古くから緊密な交流が続いて来たことを示すものかも知れない。<br /><br /> ここで留意すべきは、『東日流外三郡誌』においては、この伝承への言及が安東氏の中世における海上交易活動の活発な展開を描く伏線ともなっている点である。<br /><br /> <span style="color:#00FF00">2)筑紫日向軍による耶馬台国侵攻と「東日流王国」の形成</span><br /><br /> 次に『東日流外三郡誌』の描くところでは、中国東周平王帝の頃、日本国内では九州筑紫の日向族がにわかに勢いを増し、ついに安日彦・長髄彦兄弟の君臨する耶馬台国の本拠近畿への東征を開始するに至った。耶馬台国軍は、各地で長期にわたって抗戦したが、出雲族の離反もあって、ついに本拠を攻略され津軽へ落ち延びる羽目となる。<br /><br />そして、津軽に落ち延びた耶馬台国軍は、中国からの漂着難民と組んで津保化族を討伐し、遮光器土偶の姿の「荒吐神」を神とする五王制の王国を創った。この荒吐族の「東日流王国」(蝦夷国)は、次第に勢力を回復し、初代王安日彦の死後20代にして耶馬台国を奪回し、孝元天皇を君臨させるまでに至った。しかし、荒吐族長老の内部対立もあってその円滑な継承が果たせず、まずは若狭・大津・尾張の線以北を押領するに止まった。そして、その後、「倭朝」の遣わす田道間守、竹内宿祢、日本武尊、上毛野田道、安倍比羅夫、上毛野広人、坂上田村麿、文室綿麿等の硬軟両様の「征夷」活動によってその支配地域を侵奪され続けることになる。<br /><br /> なお、以上の様な『東日流外三郡誌』の記述の中でなされている「記紀」の虚構性に対する糾弾は、主に神武東征前後までの前史部分に止まっている。つまり、「耶馬台国」、「倭朝」等の捉え方は基本的に「記紀」のそれに拠っている感があり、大きな違いは征夷軍の脆弱さをことさら強調している点のみである。ちなみに、この点に関して、古田武彦は、安日彦・長髄彦兄弟は九州から津軽に逃れたと考え、「倭国」は九州の筑紫に700頃年まで存続したとしている。その意味では、両者には共通する部分と相容れない部分があることになる。<br /><br /><span style="color:#00FF00"> 3)安倍・安東・秋田家の族譜と事績</span><br /><br /> この『東日流外三郡誌』の記述は、当然のことながら、安倍・安東・秋田家の族譜描写と事績顕彰の段において、最も感情移入が激しい。安倍の姓は、元来同族である安倍比羅夫が融和策として荒吐五王に与えたとした上で、「安倍一族は奥州五国を掌中に民活し、国造り、諸々に領司せること大和の都を優りけく富ましめたりしも、日下将軍安倍頼時及び貞任の代にして、源氏に征討さるゝ世襲のおぞましき。<br /><br />再び、東日流に一族の再挙せる安倍一族も久しからずして南部氏に亡びける。誠に無常やるかたなきかな。」(寛政五年、秋田孝季)などと、その無念の思いを吐露している。特に「前九年の役」の1062年(康平5年)における清原武則の裏切りや、津軽に落ち延びて以後の1322年(元享2年)における藤崎城主安東季久と十三湊福島城主安倍季長による「東日流騒動」等に対しては、それらが同族争いにほかならなかったが故に、その救いのなさに大きな苛立ちを隠していない。<br /><br />その後、東日流は三戸城主南部守行の侵攻を受け、1442年(嘉吉2年)の芝崎城の合戦を最後に、秋田(桧山と土崎湊)及び渡島(北海道)に逃れることとなった。そして、江戸期まで存続した秋田家は、1602年(慶長7年)に常陸国宍戸五万石へ移封され、さらに1645年(正保2年)には磐城国三春五万五千石へと移封されて、『東日流外三郡誌』編纂の時点へと繋がって行くのである。<br /><br /> 他方、この些か怨念のこもる族譜の記述に対して、いわゆる「安東水軍」(武装商船団)については、その海外にまで及ぶ交易活動の輝かしい事績を、勇壮華麗に描写している。また、その記述も極めて詳細である。それによれば、「安東水軍」は、古来、第一軍を東日流の十三湊、第二軍を若狭の小浜、第三軍を門津の赤間関に配してきていた。<br /><br />しかし、1185年(文治元年)、壇ノ浦の合戦で平家に加勢し村上水軍に敗れたため、十三湊以外の根拠地を失う結果となった。そこで、陸奥平泉の鎮守府将軍藤原秀衡の舎弟秀栄を十三湊福島城の養子に迎え入れて再起を図らんとしたが、藤原秀栄は安東姓を名乗らず、藤原十三左衛門を称して三代にわたり交易の富を独占するに至った。安東一族は、これに不満をつのらせ、それを失脚させる機会を窺っていたが、1229年(寛喜元年)、十三湊福島城領内の小泊における蝦夷管領京師役の柵の構築を機に起こった「萩野台の合戦」によって、ついに十三湊の奪回に成功した。<br /><br />十三湊には外国船も頻繁に来航し、数多くの商家や神社仏閣が建ち並んで賑わいをみせた。「安東水軍」も「関東御免津軽船」(大乗院文書)として自在に活躍した。しかし、その総ては、1341年(興国2年)8月28日の「興国の大津波」(俗称「白髭水」)で完全に破壊され、十三湊も浅瀬となって使用不能となったため、その後再び往年の繁栄を回復することはなかったという。ただ、編者秋田孝季の経歴が事実であると仮定すれば、秋田においては、若干の交易活動が継続されていた可能性もある。<br /><br /> なお、この様な編者の記述に兆している重商主義思想に関する限りは、安藤昌益の農本思想とは必ずしも相容れない。<br /> <br /><br /><span style="font-size:x-large;"> 3、『東日流外三郡誌』の史料価値に関する判断</span><br /><br /><span style="color:#00FF00"> 1)『東日流外三郡誌』の史料価値</span><br /><br /> この『東日流外三郡誌』の記述は、言うまでもなく、編者秋田孝季の事実認識と価値判断の双方を含んでいる。それ故、現時点で見れば、いずれ、その双方について、(1)肯定できるもの、(2)肯定も否定もできないもの、(3)否定されるべきもの、の3要素が看取されるのは当然である。その中、その事実認識の当否は、認識枠組みの当否とそれに応じる実証的根拠の有無如何によって判断されなければならない。また、その価値判断の当否は、判断基準の当否とそれによる判断の整合性如何によって判定されなければならない。<br /><br />もちろん、その事実認識と価値判断の当否の判断に研究者自身の事実認識と価値判断が影響するのは避けられない。それ故に、研究者自身の事実認識と価値判断の適用は、明確な自覚の下になされる必要がある。しかし、その適用は、対象を処断するためではなく、むしろ両者を並置対立させて相互点検を行い、研究者自身の事実認識と価値判断を精緻化するのためになされるべきものである。<br /><br /> さて、特に『東日流外三郡誌』における古代・中世史の記述には、誰の目にも上記(2)の要素が多いのが特徴である。それは、研究者自身が精確な事実認識と適正な価値判断を未だ有していないことの反映にほかならない。いわゆる「空白の古代・中世」なる表現は、まさにそのことを意味しているのである。<br /><br />その場合は、当然、最終判断は保留するしかないが、上記(1)と(2)を研究者自身の事実認識と価値判断に加味することによって古代・中世史像を仮構してみることは許されることであり、また意味のあることでもある。何故なら、それは、次なる調査研究の方向を見定める有力な手がかりとなるからである。「和田家資料」復刻版の編集・刊行に努めてきた小館衷三や藤本光幸が、常に、その資料価値は慎重に判断されるべきものである旨を記しているのは、この意味において、まさに当を得た配慮であると思われる。<br /><br /> ところが、『東日流外三郡誌』をめぐる「真書・偽書論争」は、基本的には、上記(1)、(2)、(3)の範囲確定に関わるものでも、また、仮構された古代・中世史像の成立可能性に関わるものでもない。それは、専ら、「偽書」論者が、「和田家資料」の直接考証を経ないままで、その全記述を(3)に属するものと断定し、それによる古代・中世史像の仮構の試みを一切否認することによって生じているのである。<br /><br /><span style="color:#00FF00"> 2)「偽書」論者と「偽書」キャンペーン</span><br /><br /> 最初に指摘した様に、「偽書」論者は、秋田孝季・和田吉次の手になるとされる「寛政原本」の存在はもとより、和田末吉の手になるとされる「明治写本」の存在をも否定して、『東日流外三郡誌』を中心とする全ての「和田家資料」を現代人和田喜八郎の手になる「偽書」であると断定してきた。「偽書」論者が「寛政原本」や「明治写本」の存在を想定した上で「偽書」論を提起するのであれば、「偽書」の定義を含め幾分か議論の余地は残る。<br /><br />しかしながら、『東日流外三郡誌』を中心とする全ての「和田家資料」は現代人和田喜八郎の手になる「偽書」だとの断定から出発する以上、その記述内容に対する是々非々の対応は論理上許されない。その結果、「偽書」論者は、「もぐら叩き」よろしく、実証的根拠を有する記述さえも躍起になって全面否定せざるを得ない次第となる。しかし、それは土台無理なことであるから、いきおい罵倒や誹謗中傷を伴う「偽書」キャンペーンにまで走ることになっているのである。<br /><br /> 例えば、「偽書」論者が激しく攻撃してきたものに、「安東水軍」と「興国の大津波」の件がある。彼らは、それら全てを虚構として退けてきた。しかしながら、十三湊の利権をめぐる安倍・安東一族の内紛や奥州平泉の藤原氏の栄華は、十三湊を拠点とする自前の交易活動のそれなりの展開を想定しなければ説明のつかない面もあり、また、近年における十三湖周辺の遺跡調査の諸結果に鑑みても、かかる断定は性急に過ぎると言わざるを得ない。<br /><br />ちなみに、『東日流外三郡誌』の編者は、徳川幕府の鎖国政策を「井の中の蛙」に類するものとして大きな危惧を示しているが、これは安倍・安東一族の久しい海外交易の経験の蓄積を反映しているかにも思われ、それ故に、『東日流外三郡誌』の編者が一種の「改革開放派」であった老中田沼意次と一時関係を持ったとする記述も、あながち空言とは断じ難い面がある。<br /><br /> また、同じく「偽書」論者が激しく攻撃してきたものに、福沢諭吉の『学問のすすめ』(明治5年初版)の件がある。『東日流外三郡誌』の書写保存に努めたとされる和田末吉は、明治43年1月1日付の遺文で、福沢諭吉の『学問のすすめ』の名言「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云へり」は、安倍・安東の祖訓の一句からの引用である旨記している。<br /><br />確かに、『東日流外三郡誌』には、各所に、ほぼ同一の記述が認められる。したがって、この和田末吉の遺文の真偽如何は、逆に『東日流外三郡誌』の真偽を占う大きな手がかりともなり得る。その故もあってか、「偽書」論者は、これこそ「偽書」の「偽書」たる所以として攻撃を加えてきた。しかし、三春秋田家の子息が慶応義塾に学んだ事実に鑑みれば、和田末吉が秋田氏を介して福沢諭吉と接触していた可能性もあながち否定はできず、やはり性急な断定を差し控えるのが学問的態度というものであろう。<br /><br /> この様に、『東日流外三郡誌』の描く歴史像は、予想を遙かに越えるものでありながらも、その蓋然性が全く無いとは断定できないものである以上、その史料価値を全面的に否定することは少なくとも差し控える必要がある。また、それ以外の膨大な「和田家資料」の中には貴重な史料が含まれている可能性も大きい。藤本光幸編『和田家資料』(全2巻、前掲)は、その可能性が決して少なくないことを暗示している。<br /><br />したがって、何らの直接考証を経ることもなく、その全てを社会的害悪をもたらす忌まわしい「偽書」群として物理的廃棄を迫るのは、あまりに乱暴であると言わなければなければならない。むしろ、それらの直接考証を試みることが先決であり、その上で、それらが古代・中世史の再構成に役立つか否かを見極めることが必要なのである。<br /><br /> なお、安藤昌益の遺稿『自然真営道』についても、当初、書誌学を専門とした第一高等中学校々長・狩野亨吉の手になる「偽書」ではないかとの憶測が流されたことがあった。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">4、「真書・偽書論争」の構図とその問題点</span><br /><br /><span style="color:#00FF00"> 1)「真書」論とその問題点</span><br /><br /> 古田武彦は、「九州王朝」(倭国)説によって日本古代史に関わる旧来の事実認識の当否如何を広く問いかける一方で、『東日流外三郡誌』を含む一群の「和田家資料」の史料価値を真摯に追求してきた「真書」論者の代表である。彼の研究方法は、次の3点において一般の座学的研究方法とは大きく趣を異にしている。第1に、日本・中国・朝鮮の諸史籍の緻密な再考証に努めた結果として、日本古代史を国際関係の座標に位置づけてダイナミックに捉える新たな地平を拓くに至っている。<br /><br />第2に、精力的なフィールド・ワークによって、座学的研究方法のみでは期待し得ない幾多の貴重な発見を行ってきている。ちなみに、柳田国男は、民俗学的調査において、当該社会の存続に関わる「禁忌」は公言されることがない故に、「古老」(informant)の確保が不可欠の要件であると考えた。古田武彦の研究方法は、この柳田民俗学の研究方法に学んでいる面もあるのではなかろうか。唯一惜しまれるのは、彼のフィールド・ワークの本格化が、高度成長政策に伴う地域開発に後れた点であろう。<br /><br />第3に、彼は鋭く豊かな推論によって説得力のある解釈を次々に導き出してきているが、これは、その天賦の才能に負うだけではなく、諸史籍の緻密な再考証と精力的なフィールド・ワークを前提としてはじめて可能になっているものと考えられる。その研究成果を示すものとしては、例えば、『失われた九州王朝』(朝日新聞社、1993年刊)がある。旧来の正統史学は、東京大学法学部が学問的権威を急速に喪失しつつあるのと同じ意味において、この様ないわゆる「古田史学」の登場にはさぞかし困惑していることであろう。<br /> <br />さて、この古田武彦の「真書」論を示すものとしては、例えば、『新・古代学』(第1~3集、新泉社、1995年~1998年刊)があるが、その問題点は編者秋田孝季の存在が未証明で「寛政原本」が未公開であるという2点に尽きる。その中、秋田孝季の存在については、渡辺豊和もその著『北洋伝承黙示録』(新泉社、1997年刊)において証明を試みているが、なお今後の課題として残されている。また、「寛政原本」については、「明治写本」の考証を通じて古田武彦自らがその存在を確信しているものであり、そのことをあえて公言してきたのは、その責任感によるものと思われる。<br /><br />しかしながら、私見によれば、「寛政原本」が存在し、それが公開されることは確かに望ましいことではあるが、その全てが良好な状態で保存されているという保証はなく、また、「明治写本」が存在する以上、「寛政原本」の存否に当該研究の成否を賭ける必要もあるまいと思われる。<br /><br /><span style="color:#00FF00"> 2)「偽書」論とその問題点</span><br /><br /> 『東日流外三郡誌』を含む一群の「和田家資料」を「偽書」として激しく攻撃してきたものとしては、例えば、安本美典編『東日流外三郡誌「偽書」の証明』(廣済堂、1994年刊)、松田弘洲著『東日流外三郡誌の謎』(あすなろ舎、1987年刊)、原田実著『幻想の津軽王国』(批評社、1995年刊)、千坂げんぼう編『だまされるな東北人』(本の森、1998年刊)などがある。この系列の著作は枚挙に暇がないほどであるが、それらが皮肉にも「和田家資料」の考証の精緻化をそれなりに促してきた面があることも一応否定は出来ない。<br /><br />その中でも、原田実は、古田武彦の助手であった時期に『東日流外三郡誌』以外の相当数の「和田家資料」を実見している。したがって、その悔恨の弁が第三者の耳にいきおい真実味を帯びたものとして響くのも当然である。しかし、その回心が犯罪心理学者安本美典の編になる『季刊・邪馬台国』(51号、平成5年5月5日発行)掲載の筆跡鑑定等によるというのには些か幻滅を感じざるを得ない。<br /><br /> 和田喜八郎は決して凡庸な人間ではないが、当方の管見するところ、その文字と文章は真に拙劣極まりないものである。それは、和田喜八郎が高等小学校卒業のため、やむを得ないところでもある。そのことは、誰よりも原田実自身が最も良く知るところではないのだろうか。『東日流外三郡誌』を含む一群の「和田家資料」の文章もさほど優れたものとは言い難いが、両者に格段の差があるのは明白である。<br /><br />しかも、和田喜八郎自身、他人に資料を譲渡する場合は、「和田家資料」保存の必要上、その模写版を作成したと公言してきているのである。その際、和田喜八郎が、編者秋田孝季の遺言を忖度するつもりで原文に幾らか手を加えたことはあり得るかも知れない。それにしても、それらの模写版は、模写屋等の手になるものであり、和田喜八郎の自筆になるものではないのである。<br /><br /> 千坂げんぼうの編著の様に、専ら世論操作を狙った悪質なキャンペーン文書は論外としても、この様な事実関係の直接確認を欠いた断定は学問を志す者のとるべき態度とは思われない。おしなべて、「偽書」論の問題点は、この様に事実関係の直接確認を欠き、『東日流外三郡誌』を含む一群の「和田家資料」を実見しないままで大胆にも「偽書」と断定し、個人への罵倒や誹謗中傷にまで走ってきたという点にある。<br /><br />「真書」論と「偽書」論のいずれが真であるかはなお即断の限りではないが、「偽書」論者を原告とする裁判が実質的敗訴に終わったのは当然の成り行きであったと言うべきであろう。<br /> <br /><span style="color:#00FF00"> 3)浄円寺佐藤堅瑞住職(元青森県仏教会々長)の証言</span><br /><br /> 当方は、1999年(平成11年)9月19日、他の研究者数名と共に浄円寺(西津軽郡柏村大字桑野木田)に佐藤堅瑞住職(元青森県仏教会々長)を訪ね、聞き取りを行った。彼は、和田喜八郎が資料を発見した当時の相談相手であった由であるが、大変穏和な人柄の宗教者であった。彼は、当時、「和田家資料」の中にそれまで知られていなかった『金光上人関係資料』が含まれていることを発見し、その譲渡を申し入れたが、和田喜八郎が応諾しないため、その模写版を作成してもらうこととした。これが、「和田家資料」の模写版作成の始まりであったとされる。<br /><br />訪問当日、佐藤堅瑞は、和田喜八郎が新たに持参したという初見の「金光上人関係資料」3点を示しながら、「和田喜八郎に、この様なものは書けませんよ」と、その感懐を漏らした。その意味は、主に金光上人がしたためた他力信仰論の中身に関わるものと解されたが、その資料の中の1点はいわゆる模写版であった。しかし、彼は、そのことに頓着している様子は全くなかった。そして、「偽書」論者の代表とも言うべき安本美典について、「あの人は学者さんでしょう? それがどうしてあんな行動に走るのでしょうねえ。この世の中は、本当に怖いですねえ」という趣旨のことを、問わず語りに語った。<br /><br />当方は、この聞き取りによって、自らの心証に一つの定かな裏付けを得た様に感じたことを、ここに明記しておきたい。<br /> <br /><br /><span style="font-size:x-large;">5、「和田家資料」をめぐる現在の動きと今後の課題</span><br /><br /><span style="color:#00FF00"> 1)「偽書」論者の狙い</span><br /><br /> 以上の様に見てくると、「偽書」論者の真の狙いは、『東日流外三郡誌』を含む一群の「和田家資料」の真偽如何の問題よりも、むしろ「九州王朝」研究を妨害し、その影響力を殺ぐことにあるのではないかという疑惑が頭をもたげてくる。これまでの論争の経過をつぶさに辿り直してみると、一連の「偽書」キャンペーンが、(1)特定の個人を標的とした組織的攻撃であること、(2)散発的ゲリラ戦法を駆使して攪乱と破壊を執拗に繰り返してきていること、等を知ることが出来る。そこには、皇室支持者の煽動を策したり、「真書」論者をカルト扱いするといった常軌を逸した行動さえ散見される。<br /><br />最高裁まで争われた原告を野村孝彦、被告を和田喜八郎とする「偽書」裁判も、その審理経過から窺える様に、実は一種の仕組まれた「代理戦争」としての様相を帯びていた。和田喜八郎は、当方に対して、その裁判を大変迷惑なものに感じて来たと語ったが、その心境は十分理解できるところである。<br /><br />この様な騒動の経緯は、第三者にとっては、まさに驚異以外の何ものでもない。軟弱な研究者なら、この様な謀略にさらされ続ければ、大抵精神的に消耗し研究活動を滞らせてしまうことであろう。その意味で、当方は、その標的とされた者に対する深い同情と強い義憤を禁じえない。それは、犯罪心理学の世論操作への不埒な悪用であり、学問のルールからの恐るべき逸脱であった。<br /><br /> そもそも、学問研究は、研究者が相互にこの様な逸脱を厳しく自己規制することによって、辛うじてその生命を保って来たのであった。しかし、今日、この様な学問倫理が次第に崩れる傾向にあるのは否めない事実であり、それは何も歴史学の分野に限ったことではない。そして、情報戦が全てを決するといった乾いた発想が、あらゆる学問領域に浸透しつつある。それは、「情報化」時代の学問研究が抱えるに至った一種の現代病と言っても過言ではないであろう。<br /><br />したがって、この「偽書」キャンペーンの示してきた放埒さは、決して他人事では片づけられない問題を孕んでいるのである。しかし、誰しも人間の理性と忍耐力を侮ってはならない。今や、その首謀者は、私怨を去って、速やかに学問的良心を取り戻し、「和田家資料」の直接考証に向かうべきである。<br /><br />なお、安藤昌益研究においても、三宅正彦が安永壽延や寺尾五郎を相手に私怨を込めた醜い私闘を挑んだ時期があったが、それは今では過去の無粋な逸話と化しつつある。<br /><br /><br /><span style="color:#00FF00"> 2)青森県内の文化機関・団体の姿勢</span><br /><br /> しかしながら、この様な「偽書」キャンペーンは、その標的如何に関わりなく、一般社会にも計り知れない弊害を与えている。当方は、前述の様に、和田喜八郎から「和田家資料」の適当な寄贈先を探すことを依頼されのであった。その際、まず考えたのは、 (1)「和田家資料」の真偽如何は、あくまで、学界一般の直接考証によって判断されるべきである、(2)「和田家資料」の内容に鑑みれば、それはなるべく青森県内に保存されるのが望ましい、といったことであった。<br /><br /> そこで、予備調査の実施とそれに基づく受け入れ可能性についての打診を開始し、まず五所川原市教育委員会、青森県史編纂委員会、弘前大学等の関係者に当たってみた。ところが、それを通して知らされたのは、これまで誰もが「和田家資料」を実見していないにもかかわらず、全く当方の打診に応じる者がないということであった。<br /><br />実は、彼らは、「偽書」キャンペーンにひどく怯えていたのである。そのため、和田喜八郎が予備調査の受け入れを表明している絶好の機会を活かすことが出来ないのであった。この異常さには、さすがに驚きを禁じ得なかった。当方は、その時、悪霊に取り憑かれた暗黒の村を描いた外国映画があったことを思い出した。「偽書」キャンペーンの首謀者は、意外に、その謀略をゲーム感覚で行っているのかも知れないが、そのもたらしている弊害は、この様に予想以上に大きなものがあるのである。現在、当方は、最後の青森県立図書館からの回答に一縷の望み繋いでいる状態である。<br /> <br /><br /><span style="color:#00FF00"> 3)和田一族の状況</span><br /><br /> しかしながら、この様な異常事態に陥った一半の原因は、和田喜八郎ないし和田一族のこれまでの行動にも求められるべきものではある。和田喜八郎ないし和田一族が無神経に模写版を作り続け、それを他人に売却して生活の糧を得てきた形跡は少なからずあり、それが周囲の不信感を増幅させる大きな原因ともなってきたからである。この不見識な行為に対しては、ほかならぬ「真書」論者も厳しい譴責の眼差しを向けている様子である。地域社会の衰退による生活難は、僻地津軽の町五所川原の和田家をも襲っており、余儀ない所業であったとはいえ、真に遺憾なことであった。今後、和田一族は、如何なる理由があっても、新書写者の署名を欠く模写版などを作成するべきではない。<br /><br /> また、和田一族がこれまで頑なに「和田家資料」の公開を拒み続けたのは、先祖による「他見無用」の厳しい戒めによるのは確かであるが、実はその「和田家資料」の中には、安倍・安東の隠し財宝の在処を示す古地図も含まれているのである。それ故、仮に「寛政原本」等が存在するとしても、それを未点検のままで一挙公開することに躊躇を示すのは、神ならぬ人間の心理として理解できないことではない。<br /><br />したがって、それを要求するとすれば、青森県の関係機関・団体は、何らかの適切な保障措置を講じる必要があるであろう。しかしながら、この間、その関係者は、あたかも旧津軽藩士の如き意識で、和田一族を「百姓」として蔑み、それに対する「村八分」や「いじめ」まで放置してきたのであった。これは、第三者を呆れさせるものであるが、いずれその道義的責任は免れ得ないと思われる。<br /><br /><br /><span style="color:#00FF00"> 4)今後の課題</span><br /><br /> 何はともあれ、すでにその存在が確認されている「和田家資料」については、和田喜八郎が生前その意向を表明したことでもあるから、適切な保存方策を講じて学界一般の直接考証に委ねる必要がある。図らずも、この点に関する限りは、これまで「偽書」論の側に立って論陣を張ってきた地元東奥日報社会部の斉藤光政記者とも意見の一致をみたところであった。<br /><br />また、「寛政原本」等が残存し、それが公開される可能性も全く無くはない。その場合に望まれるのも、決して特定の個人がそれを抱え込むことなく、広く「偽書」論者を含む学界一般の直接考証に委ねる方策を講じることである。さらにまた、その際は、私怨を去るべきは当然のことながら、特定イデオロギーによるその性急な歪曲も極力自制される必要がある。ちなみに、安藤昌益の思想も、久しくマルクス主義的解釈による歪曲にさらされ続け、その払拭には幾多の無駄な曲折を経なければならなかった。<br /><br /> 以上、本報告は、あくまで「真書・偽書論争」への介入を目的とするものではないが、それを避けては「日本国の原風景」を探り得る状況にないため、あえてそれに関わる私見も含めつつ『東日流外三郡誌』の描く古代・中世史像の紹介を試みた次第である。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">おわりに</span><br /><br /> 日本国際教育学会は、本年、創立10周年を迎えた。その創立当時、当方は、編集代表として『国際教育事典』(アルク、1991年刊)を刊行した。その自らの執筆項目の中には、「広開土王碑」(好太王碑)の項目も含まれている。それを現在再読してみると、幸いにして大きな誤りはないものの如くであるが、その執筆当時は、『広開土王陵碑の研究』(吉川弘文館、1972年刊)の著者李進煕の反日民族主義の主張が暗く心を覆っていたことが思い起こされる。<br /><br />現在は、最早、その様なイデオロギー的主張が学問的に評価される時代ではないが、政治運動などの中ではなお生命を保っているのかも知れない。この様に、ある古代史認識が現実の国際教育に思わぬ影響を与えるということは、しばしば起こることである。その意味において、国際教育学は、特に現在揺らぎを示している古代史研究には十分目配りしていく必要があると考える。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF9933"><span style="font-size:x-large;">東日流外三郡誌とは</span></span><br /><br /><span style="color:#FF3333"><span style="font-size:x-large;">和田家文書研究序説</span></span><br />古賀達也       <a href="http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/sinkodai1/koga101.html" target="_blank" title=" &lt;span style=&quot;color:#FF0000&quot;&gt; 原文&lt;/span&gt;"> <span style="color:#FF0000"> 原文</span></a><br /></span><br /><br /><span style="font-size:x-large;">はじめに<br /></span><br /> 青森県五所川原市飯詰の和田家に推定一万点を越えるとされる先祖より受け継いだ、あるいは山中より発見された文書・遺物がある。文書は数千冊、遺物は一万点にも及ぶという(当主和田喜八郎氏談)。まさに「北の正倉院」とも称すべき様相である。中でも文書類は「和田家文書」と称され、その内容は津軽(東日流)の古代より近代に至る伝承などが記された一大伝承史料群である。<br /><br />その文書群の一つ「東日流外三郡誌」は昭和五〇年に『市浦村史資料編・東日流外三郡誌』として刊行されたこともあり、全国的に脚光をあびることとなった。刊行後、その史料状況や史料性格への誤解などから偽作視されることもあったようで、今日に至ってもそうした声は続いている。<br /><br /> 私は昨年五月より四度にわたり、古田武彦氏らとともに現地調査に赴き、和田家文書に接することができた。その結果、和田家文書について多くの知見を得た。よって、和田家文書研究発展のため、ここに知り得たことを記し、また、同文書への言われなき中傷への反証を試みたいと思う。現在もなお調査研究中の対象であるので、不十分さや思い違いもあるかも知れないが、中間報告として本稿を発表することにした。本稿が和田家文書への正当な評価、学問研究に貢献できれば幸いである。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">和田家文書の大分類</span><br /><br /> 和田家が収蔵している文書の総数は、その量が膨大なため、未だ正確な数や内容は不明である。当主和田喜八郎氏の話などを総合すると、概ね次のような分類が可能である。<br /><br /><span style="color:#FFFFFF">(A).江戸期(天明・寛政年間頃から幕未)の文書類<br />(B).明治・大正(一部は昭和初期)期の写本(原本は江戸期寛政頃から幕末までに成立)<br />(C).江戸期の「参考書」類(江戸期原本作成時の史料と思われる)<br />(D).明治.大正期の文書類、あるいはそれの写本<br /></span><br /> これら四種類に大別すると、 (A).群は現時点では最も数が少ないようである。それでも、一枚ものの「庄屋文書」「神社文書」などもあり、正確な数は不明である。ただし、後で述べるように今後この (A).群が大量に発見される可能性を有している。<br /><br />  (B).群は、寛政期に成立した「東日流外三郡誌」などの明治・大正写本が中心であり、和田喜八郎氏によれば推定二千冊(巻)に及ぶと見られる。この内、これまで私たちや刊行担当者たちの目にふれたものだけでも四百冊(巻)はあるようである。現在もなお和田家より古田武彦氏へ (B).群文書が続々と調査研究のため送られてきており、今後その数は更に増えるであろう。<br /><br /> 一例として、 (B).群中代表的な「東日流外三郡誌」を、昭和六三年から平成二年にかけて刊行された八幡書店版によって見ると、総収録数百九十三巻(冊)、編数で二千二百五十九編という膨大な史料群である。「東日流外三郡誌」そのものは約三百六十巻あったと記されていることから、すでに百七十巻分ほどに当たる明治写本が失われている、あるいは未発見ということになろう。<br /><br /> これまで論議の対象となってきたのはそれら (B).群文書であるが、江戸期成立の文書を明治・大正期、一部は昭和初期(昭和七年の年次を持つ「北斗抄廿七」の存在を確認した)にかけて書写された、言わば「再写文書」であることから、その史料性格上、書写時に書写者による改編や追記がなされている部分がある。<br /><br />その結果、江戸期成立の文書の写本に明治以後の知見や呼称が記されることになり、このことが偽作論の「根拠」の一つとされているが、再写本に見られるこれらの現象を偽作の根拠にするなどとは、史料性格を無視した暴論、あるいは文献史学の基本を知らぬ行為と言われても致し方ないのではあるまいか。<br /><br /> さらに、 (B).群文書には明治・大正期書写者(和田末吉、和田長作。現当主喜八郎氏の曾祖父・祖父)自身による (D).群文書が挿入されているケースさえもある。明確に挿入が判るケースもあるが、混然として判りにくいケースもまま見受けられるので、書写本による史料批判が必要であり、刊本では判りにくいと思われる。<br /><br /> このように、 (B).群文書は和田家文書中で量も膨大で、内容も多岐にわたっているため、古田武彦氏や私により写真撮影・コピー・ビデオ収録を進めてはいるが、いずれはコンピュータによるデータベース化が必要であろうと考えている。<br /><br /> しかし、それ以上に我々が注目し、期待しているのが、これら明治・大正写本の元となる江戸期寛政原本の発見である。明治・大正時代に書写された原本の存在なくして、これら膨大な (B).群文書の存在は説明できない。<br /><br />したがって、現在未発見の大量の (A).群文書、すなわち寛政原本の発見が期待されるのである。現在発見されている (A).群文書が虫食いなどで、かなり傷んでいることから、未発見の寛政原本の損傷も大きいことが予想できる。和田喜八郎氏も寛政原本公開の考えを持っておられるので、一日も早い発見・公開が望まれるところである。<br /><br /> 次に (C).群文書だが、喜八郎氏の話では、和田家文書中この (C).群文書が最も多く、推定約三千冊はあるとのこと。これら (C).群文書は江戸期寛政原本作成にあたっての参考書とされたようで、江戸期の和漢の史書やオランダ語の文献もあるとのことである。私もそのうち数点(『旧唐書」他)を実見したが、今後の調査により貴重な文書の発見が期待されよう。<br /><br />なお、八幡書店の森克明氏によれば、和田家蔵書調査時に『日本政記」『近古史談」『大学章句』『校刻日本外史」『玉かつま』等を実見したとのことである(『東日流六郡誌大要別報』所収「『東日流六郡誌大要』覚書」、八幡書店、一九九〇年)。<br /><br /> こうした文書の他に、金石文や版木・竹経・錦絵などもあるらしいが、まだ実見していないので本稿では触れない。<br /><br /> 最後の (D).群文書は明治・大正期の教科書や、書簡類である。ただ、私が実見したものは (B).群文書中に貼り付けられていたり、綴じ込まれているもので、独立したものは未見である。これらがどの程度存在するのかは不明だが、明治期の書簡(和田末吉と福沢諭吉との書簡などがあるそうである)など興味深いものがある。今後の調査が期待されるところだ。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">明治・大正写本の史料状況</span><br /><br /> 明治・大正写本の史料状況は大別すると、巻子本と冊子本、あるいは一枚ものからなる。巻子本は冊子本を巻子に再装丁したものが多いようである。この巻子本への装丁作業は明治・大正期に限らず戦後も行われているようである。和田喜八郎氏の話では、紙の痛みが大きいものなどを巻子本に装丁したとのことであった。<br /><br />冊子本の場合は、使用済みの大福帳の紙背を再利用したものが少なくない。これは、膨大な書写により、和田家が窮乏し、五所川原市の佐々木家より使用済みの大福帳をもらい受けて書写を続けたためである。この大福帳自身も明治・大正期の地方経済史研究にとって、第一級の史料であり貴重なものである。これら大福帳が明治・大正期のものであることは、裏面(大福帳としては表面)に明治や大正の年次が繰り返し記されていることで判明する。<br /><br />このように貴重な大福帳を大量に入手することは、現在では困難だ。このこと一つを見ても、和田家文書を戦後の偽作とすることは無理である。<br /><br /> 通常この大福帳は縦半分に折りたたんだ紙を綴じているため縦長の形をしている。和田家文書では大福帳のままの形で使用したものもあるが、多くは大福帳の紙を一枚一枚外して広げ、何も書かれていない裏面を表にして、二枚ずつ袋綴じのように張り合わせ、更にそれを冊子として製本するという体裁になっている(横綴じ本となる)。量が量だけに、これは大変な労力と時間を要する作業でもある。和田喜八郎氏の話では、祖母(祖父長作の妻)が傷んだ文書を再製本していたのを記憶しているとのことであった。<br /><br /> また、これら大福帳を再利用した横綴じ冊子本とは別に、通常の和綴じ本の体裁のものもある。「東日流外三郡誌」にはこのタイプが多いようである。私が実見した「東日流外三郡誌」は、大福帳のままとこの和綴じ本タイプのものであった。ちなみに八幡書店版刊行時の調査では、収録した百九十三巻中、冊子本が百七十六冊(横綴じ本一冊、大福帳七冊を含む)、巻子本二十六巻であったと報告されている(中村和祐氏「『東日流外三郡誌」の完結によせて」『東日流外三郡誌別報6』所収、八幡書店、一九九〇年)。<br /><br /> このように、和田家文書の状況を見れば、喜八郎氏による偽作などという説がいかに成立困難なものであるかは、それこそ一目瞭然である。むしろ、先祖の遺した膨大かつ貴重な文書を代々にわたり書写し、紙代に窮すれば、もらい受けた大福帳の紙背に書写を続けるという、和田家の執念とも言うべき偉業に頭が下がる思いである。<br /><br /> なお、念のため付け加えると、展覧会展示用や望まれて作成された、和田家文書のレプリカ類が存在する。これらレプリカ類は戦後作成されたもので、筆跡などを和田家文書に似せている。レプリカであるから似ているのは当然だが、そのためこれらレプリカの紙質を鑑定し、戦後作成された偽作とする偽作論が出現する原因となったようだ。私の見た範囲では、レプリカは厚く大きめの紙に書かれ、明治・大正写本とは大きさも紙質も全く異なっており、これを本物と思う方がどうかしている、といった様相を呈している。<br /><br /> 筆跡も本物に似せているため、くせ字や異体字などは共通しているが、筆の押えや返しが流暢で滑らかであり、和田家文書とは筆跡が異なる。この点もまた、偽作論者には両者の区別がつかないようであり、誤鑑定と言わざるを得ない。こうした誤鑑定に基づく所説は学問的基礎を取り違えたものであり、研究者として厳に戒めねばならないことを今後の研究のために付言しておきたい。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">和田家文書公刊の歴史</span><br /><br /> 偽作論者は和田家文書が昭和三〇年以後段階的に作られ現在に至っているとしているようだが、その根拠は各文書が公刊された年次に基づいた憶測に過ぎないと思われる。和田喜八郎氏の証言では、昭和二二年夏に天井裏からの落下を機に世に出始めたとされるが、それを裏付ける事実がある。<br /><br /> 当時、地元の郷土史家の第一人者ともいえる人物に福士(ふくし)貞蔵氏がおられた。氏は津軽地方の市町村史を数多く手掛けられており、同時に津軽地方の古文書の調査や書写、伝承の聞き取りなどをなされている。そして幸いにもそれら調査の自筆原稿が五所川原市立図書館に存在する(福士文庫)。その中の「郷土史料蒐集録第拾壱號」に次の和田家文書群が書写されているのだ。<br /><br /><span style="color:#FF00FF">○役小角(えんのおずぬ)関連の文物、金石文等(漢文、『飯詰村史』に開米智鎧(かいまい ちがい)氏が紹介、後出)<br />○高楯城・藤原藤房卿関連文書(漢文)<br />○飯詰町諸翁聞取帳 文政五年今(こん)長太編(高楯城関連も含む、『飯詰村史』に掲載)<br /></span><br /> これらはいずれも和田家所蔵の文書、あるいは山中の洞窟より発見されたもので、既に公刊されたものも少なくない。同「蒐集録」には別に和田米八(喜八郎氏の親戚)蔵書の書写もされており、その書写年次が「昭和廿三年正月廿八日筆寫」「昭和廿四年十月廿四日寫」と記されていることから、先の和田家文書類の書写も同時期と見て大過あるまい。以下、和田家文書が戦後(主に昭和五〇年頃まで)どのように世に紹介されていったかを述べよう。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">(1).福士貞蔵編『飯詰村史』昭和二六年</span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF">(収録和田家文書:文政五年今長太編飯詰町諸翁聞取帳」「庄屋作左衛門覚書」)</span><br /> 福士氏は、「蒐集録」収録の「文政五年今長太編諸翁聞取帳」や、これも和田家文書と思われる「庄屋作左衛門覚書」を『飯詰村史』の第十三章「口碑及傳説」の「追記」等で紹介し、同章「追記」冒頭や「編輯を終へて」に次の様に記し、集録した和田家文書に強い関心と高い評価を与えていたことをうかがわせている。<br /><br />「以下は傳説ではなく史實とも思われますが再検討を要する部分もあるので、念を執って暫く本章へ編入する事にした。」<br />「第十三章の追加(主に和田家文書記事・古賀)は、本史に一段の重きを加ふる好史料であるが、原文を見られなかったので、口碑傳説の部に入れて置くの餘儀なきに至ったのは、實に遺憾である。」<br /><br /> そして、資料収集の協力者の一人として、和田喜八郎氏の名前を上げ、謝意を記している。ここで「原文を見られなかった」とあるが、この「原文」とは明治写本ではなく江戸期の原本を指すと思われる。それは次の理由による。まず、当然のことだが和田家文書を見なければ、福士氏は書写できない。また明治写本さえも実見しないで、研究誌に紹介したり、村史に掲載したりできないであろう。<br /><br /> このことは、同じく「福士文庫」にある福士貞蔵著『郷土史料異聞珍談百話」の自筆原稿中に「諸翁聞取帳」の藤原藤房卿の記事の引用がなされており、その後註として次のように記されていることからも証明される。<br /><br />「(註)右は原本ではなく写本に據ったものであるが、誤字又は脱字があるらしい。」<br /><br /> この福士氏による註は「文政五年今長太編諸翁聞取帳」の原本ではなく、明治の和田末吉による写本によったことを示しているのである。<br /><br /> さらに、福士家より「津軽諸翁聞取帳」(明治写本)が発見されているようである(『東日流六郡語部録諸翁聞取帳』和田喜八郎編、一九八八年、八幡書店にその経過が紹介されている)。和田喜八郎氏も福士氏に貸し出した旨、述べられている。したがって、福士氏は明治写本を書写したが、江戸期の原本(原文)を見られなかったことを遺憾とされたのであろう。<br /><br /> ところで、『飯詰村史』は昭和二六年の発行であるが、編集は昭和二四年に完了していることが、編者による「自序」や「編輯を終へて」に記された日付から判明する。このように、和田家文書は戦後間もない昭和二一二年頃には福士氏により書写され、紹介されているのである。偽作論者は同『飯詰村史』の内容を知っていながら、その中に福士氏が特筆して紹介した「和田家文書」の存在に、気づかぬふりをしているとしか思えない。すなわち、昭和二三年は喜八郎氏が述べるように、天井裏から文書が落下した翌年であり、和田氏の証言と福士氏による書写・公刊と時期的にピッタリと符合するため、こうした事実をひた隠しにしているのだ。<br /><br /> さらに、昭和二三年といえば喜八郎氏はまだ二一~二歳であり、これら多くの文書、しかも難解な漢字漢文や用語を多用した文書・金石文などを偽造偽作したとは、さすがに偽作論者たちも言えなかったのではあるまいか。<br /><br /> 私は故福士貞蔵氏の自筆原稿や氏の手になる膨大な著作類に触れ、津軽の優れた郷土史家福士貞蔵氏の業績を知った。氏の自筆原稿等は、和田喜八郎氏偽作説を否定する貴重な「証言」と言わねばならない。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">(2).福士貞蔵「藤原藤房卿の足跡を尋ねて」</span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF">『陸奥史談』所収、昭和二六年(収録 和田家文書:「諸翁聞取帳」)</span><br /> 福士氏はそれら和田家文書を書写するに留まらず、研究誌にも引用・紹介されているのだ。例えば「諸翁聞取帳」を『陸奥史談』第拾八輯(昭和二六年四月発行)において「藤原藤房卿の足跡を尋ねて」という論文で紹介している。同論文冒頭には次のように記されており、飯詰村で発見された史料に基づいていることがわかる。<br /><br />「勤皇の士雲の如く起りて鎌倉幕府を倒し、目出たくも王政復古となり、昨日の悲憤は今日の悦びと化したが、賞罰當を失ひ、秕政多きを嘆き、藤房卿はしばしば*諌奏したが、毫も容れられなかった。茲に於て藤房卿は奉公の甲斐なきを悲しみ、官位を捨て北山の岩倉に入りて僧となった筈であるが、今日に至るも其の終る所が知られなかった。然るに今回端なくも飯詰本村に於て意外の史料を発見した。<br /><br /> 記録は『諸翁聞取帳』といって、飯詰を中心に隣村の史實を或る文献より寫したり、又は口碑傳説など聞取った事柄を書留めた物で、筆者と同じく餘り學力のある方でないらしく、文体は成って居らんし、それに用語も無頓着で意味の判らぬ個所もあるが、全く耳新しい史料であるから、同好の士に紹介する事にした。」<br /><br />しばしば*([尸/婁]々)は、尸編に婁。JIS第三水準ユニコード5C62<br /><br /> この後、「高楯城系譜」が漢文風のまま掲載されている。ここで重要なことは、この史料を当時(昭和二六年から見て最近)飯詰村で発見されたもの、としていることだ。この「高楯城系譜」は先の『飯詰村史』に掲載されているものと同文であり、同じ史料に基づいていることがわかる。すなわち「和田家文書」の一つ「諸翁聞取帳」なのである。この「諸翁聞取帳」のことは「東日流外三郡誌」にも次の様に記されている。<br /><br />「諸翁聞取帳<br /> 是の書は飯詰味噌沢に主家せる庄屋作佐エ門及飯積派立今長太、和田長三郎、北屋名兵衛、菊池庄左エ門等が書遺せる諸翁聞取り帳なり。是れは、史実伝説混合せる処ありとも、亦後考にして再調しべし。<br /> 明治二十一年十一月三日<br />          飯詰村福泉之住 和田長三郎」<br />『東日流外三郡誌」第五巻、八幡書店、七〇九頁)<br /><br /> ここに記された人物の内、『飯詰村史』「第十四章在方役人」の「庄屋」の項で、天明年間(一七八一~一七八八)北屋名兵エ、文政年間(一八一八~一八三〇)長三郎の存在が記されている。偽作論者は和田家は明治二二年以前に飯詰に住んでいなかったとか、庄屋ではなかったとするが、『飯詰村史』でははっきりと「庄屋長三郎」の存在を記しており、またこの「長三郎」が「和田長三郎」であることは、和田家の菩提寺長円寺(飯詰)の「過去帳」からも証明できるが、このことは別稿にて論じる(和田家ではしばしば長三郎を襲名している)。<br /><br /> このように、昭和二二年に天井よりの落下を機に世に紹介された「和田家文書」の出現事情と、福士氏の「史料紹介」の内容(時期と場所)が見事に符合する事実こそ、「和田家文書」喜八郎氏偽作説を否定する重要な論点なのである。なお、「諸翁聞取帳」という文書は複数あるようで、固有書名というよりも「諸翁からの聞き取り」という収録スタイルに基づく一般書名として、和田家文書では使用されているようである。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">(3).開米智鎧「藩政前史梗概」『飯詰村史』所収、昭和二六年</span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF">(引用 和田家文書・史料:骨蔵器銘文、銅板銘文、木皮文書、「諸翁聞書」)</span><br /> 和田喜八郎氏宅近隣に大泉寺というお寺がある。そこの前住職、故開米智鎧氏は金光上人の研究者として和田家文書を紹介した人物であるが、氏もまた『飯詰村史』中の研究論文「藩政前史梗概」に和田家文書等を引用・紹介している。同論文はグラビア写真と三三頁からなる力作である。内容は和田元市・喜八郎父子が山中の洞窟から発見した「役小角関連」の金石文や木皮文書などに基づいた役小角伝説の研究である。<br /><br /> この論文中注目すべき点は、開米智鎧氏はこれら金石文(舎利壼や仏像・銘版など)が秘蔵されていた洞窟に自らも入っている事実である。同論文中にその時の様子を次のように詳しく記している。<br /><br />「古墳下の洞窟入口は徑約三尺、ゆるい傾斜をなして、一二間進めば高サ六七尺、奥行は未確かめていない。入口に石壁を利用した仏像様のものがあり、其の胎内塑像の摩訶如来を安置して居る。總丈二尺二寸、後光は徑五寸、一見大摩詞如来像と異らぬ。(中略)此の外洞窟内には十数個の仏像を安置してあるが、今は之が解説は省略する。<br /> 此の洞窟に就いて岡田氏所蔵の記録に<br />  東方一里洞穴三十三観音有<br />   正徳年間炭焼午之助説<br /><br />といふ、若し此れが此の古墳の洞窟を指したものとすれば、多数の佛像の存在を三十三観音と推考したものであらふ。」<br /><br /> このように洞窟内外の遺物の紹介がえんえんと続くのである。また正徳年問(一七一一 ~ 一七一五)の炭焼午之助の説として三十三観音が洞窟にあったという記録も紹介し、和田父子が発見した洞窟のことではないかとも論じている。偽作論者の中にはこれらの洞窟の存在を認めず、和田家が収蔵している文物を喜八郎氏が偽造したか、古美術商からでも買ってきたかのごとく述べる者もいるが、開米氏の証言はそうした憶測を否定し、和田家文書に記されているという洞窟地図の存在とその内容がリアルであることを裏付けていると言えよう。ちなみに和田氏による洞窟の調査については、『東日流六郡誌絵巻全』山上笙介編の二六三頁に写真入りで紹介されている。<br /><br /> このように、和田家文書に記された記事がリアルであることが、故開米氏の「証言」からも明らかであり、それはとりもなおさず和田家文書が偽作では有り得ないという結論へと導くのである。余談だが、当時、飯詰村では和田父子が発見した遺物が評判となったようで、和田父子が山に入ると、村人がぞろぞろと後をつけたという。この逸話も当時村人たちが「和田家文書」や「遺物発見」を疑っていなかったことを表しているのではあるまいか。<br /><br />偽作論者はこの時発見された「遺物」をことさら過小評価しようとするが、開米氏の論文に掲載されているグラビア写真を見ても、発見された遺物が貴重なものであることは明白である。少なくとも、戦後の混乱期に炭焼きを業としている貧しい農家であった和田家で偽造したり、購入したりできるものでないことは疑いない。<br /><br /> 開米氏のこの論文中に注目すべき点がもう一つある。同論文は役小角が主テーマだが、論文中に「諸翁聞書」という文書が次のように引用されている。<br /><br />「降って文明十二年南朝天真名井宮が郎黨とも十七名高楯城主五代の藤原藤光に頼らせられ「天下太平祈願」を中山に修せられた事は諸翁聞書に出て居るが、今回発掘の摩詞如来像は當時法要の本尊ではあるまいか、といふのは、佛像と一処に掘り出された護摩器の中に鐵の金剛厥が大小四本ある、(中略)慶長元年兵法役松山定之助、老中役中野萬右衛門、奉行役今清右衛門、代官役木村正衛門等の遺臣が大光院に藤原家累代を供養した記事は諸翁聞書に傳へている。」<br /><br /> この「諸翁聞書」と先の「諸翁聞取帳」とが同じ物か別物なのかは不明だが、「東日流外三郡誌」などに頻出する「天真名井(あまない)宮伝承」や「藤原藤房卿の末裔伝承」がここに現れていることは興味深い。すなわち、開米氏はかなりの量の和田家文書をこの昭和二六年時点で既に読んでいるという事実が浮かび上がるのである。和田家の近隣にある大泉寺住職の開米氏ならば、和田家が所蔵していた膨大な文書の存在を知っていたとしても何等不思議ではないからだ。現に開米氏は役小角研究に次いで金光上人の研究を和田家文書に基づいて開始し、昭和三九年には『金光上人』を刊行することになる。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">(4).佐藤堅瑞『殉教の聖者金光上人の研究』昭和三五年</span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF">(引用 和田家文書:金光上人関連文書」)</span><br /> 浄土宗の祖法然の直弟子で東北地方へ浄土宗を布教し、津軽で没した著名な僧に金光上人がいる。しかし金光上人の詳しい事績は謎とされてきた。開米智鎧氏とともにその金光上人研究をすすめられてきたのが、西津軽郡柏村浄円寺住職佐藤堅瑞氏である。<br /> 佐藤氏は開米智鎧氏とは仏教大学の先輩後輩の関係にあり、昭和一二年頃から全国を行脚し金光上人研究をされていたが、和田家文書の「発見」を開米氏より伝えられ、昭和三一年より共に調査研究を行われたのである(開米氏の大泉寺と佐藤氏の浄円寺は八キロほどの距離で、氏は自動車やスクーターでしばしば大泉寺を訪ねられていた)。<br /><br />佐藤氏は「浄土教報」にも和田家文書(金光上人関連)の調査報告を発表されているが、昭和三五年一月に『殉教の聖者金光上人の研究」を刊行された。<br /><br /> 佐藤氏は今も御健在であり、この間の事情などを御教示いただいたのだが、氏は昭和三一年から三五年にかけて多くの和田家文書を実見されており、先に紹介した「諸翁聞取帳」や「東日流外三郡誌」、それに洞窟より発見された役の小角関連の銅板銘や木皮文書、骨蔵器なども見ておられるとのこと。また、「調査が必要」とされながらも、当時和田喜八郎氏が「浄土宗の僧籍に入り忍海と改名し、最低の権律師を頂いたようだ」とも証言されている。<br /><br />偽作論者は和田氏が僧籍にあったことを疑問視しているが、佐藤氏の証言によれば、やはり事実のようである。当時のことを知る関係者が少なくなった現在、こうした佐藤氏の証言は貴重である。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">(5).開米智鎧『金光上人」昭和三九年、金光上人刊行委員会発行(非売品)</span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF">(引用和田家文書:金光上人関連文書」)</span><br /> 先に紹介した佐藤堅瑞氏の『金光上人の研究』に次いで昭和三九年に刊行されたのが、開米智鎧氏による『金光上人』である。同書は本文二八八頁からなり、総本山知恩院門跡岸信宏氏、大本山増上寺法主椎尾弁匡氏による序文、文書などのグラビア写真二二枚などが収録されている。巻末に収録されている藤本光幸氏の「刊行にいたるまで」によれば、昭和二四年に和田喜八郎氏により山中から発見された修験道資料や金光上人関連文書により力を得た開米氏が、以来十有余年、資料の整理研究を行い昭和三八年に脱稿されたものと紹介されている。<br /><br /> 同書には多数の和田家文書が収録紹介されているが、同書付録の「金光上人編纂資料」には約二百三十編の和田家文書名が見える。このように『金光上人』編纂にあたって、開米氏は膨大な和田家文書を昭和二四年以降参照しているのである。紹介されている和田家文書には一枚ものの簡単な「書簡」もあれば、浄土宗や修験宗の教義に関するものなどがあり、浄土宗史や仏教教義に詳しくなければ書けない内容といえる。<br /><br />一例をあげれば、金光上人が著したとされる「末法念仏独明抄」第八巻得道品には「妙法蓮華経」方便品の一部が転用されていたりする。浄土三部経からの引用が多い金光上人関連文書に法華経が引用されていること自体興味深いことだが、こうしたことを見ても、仏典に詳しくなければ書けない内容であることがわかるのである。少なくとも法華経方便品の文意を理解していなければ、引用は不可能である。おそらく偽作論者たちはこうした史料状況さえも気付いていないようである。<br /><br /> これら金光上人関連文書は地元伝承や古文書を採録したものと思われ、全てが史実というわけではないこと、当然であろう。いずれにしても、浄土宗の僧侶である開米氏が研究に値すると判断した内容であり、当時、二〇代前半の和田喜八郎氏が偽作できるようなレベルでは、質においても量においてもないのである。偽作論者は故意にこうした内容にまで触れようとしていないのではあるまいか。同時に、開米氏もこうした和田家文書を無批判に信用したわけではないことが、「序説」に次のように記されていることからうかがえる。<br /><br />「昭和二十四年「役行者と其宗教」のテーマで、新発見の古文書整理中、偶然燭光を仰ぎ得ました。<br /> 行者の宗教、即修験宗の一分派なる、修験念仏宗と、浄土念仏宗との交渉中、描き出された金光の二字、初めは半信半疑で蒐集中、首尾一貫するものがありますので、遂に真剣に没頭するに至りました。<br /><br /> 此の資料は、末徒が見聞に任せて、記録しましたもので、筆舌ともに縁のない野僧が、十年の歳月を閲して、拾ひ集めました断片を「金光上人」と題して、二三の先賢に諮りましたが、何れも黙殺の二字に終りました。(中略)<br /> 特に其の宗義宗旨に至っては、法華一乗の妙典と、浄土三部経の二大思潮を統摂して、而も祖匠法然に帰一するところ、全く独創の見があります。加之宗史未見の項目も見えます。<br /><br /> 文体不整、唯鋏と糊で、綴り合せた襤褸一片、訳文もあれば原文もあります。原文には、幾分難解と思はれる点も往々ありますが、原意を失害せんを恐れて、其の侭を掲載しました。要は新資料の提供にあります。」<br /><br /> このように戦後比較的早く世に紹介された和田家文書の一つとして「金光上人関連文書」は、内容も量も一個人が短期間に偽作できるというものではないことを証明するのである。しかも、同時期に「役小角資料」「諸翁聞取帳」「天真名井家関連資料」も公刊・紹介されており、ますます和田喜八郎氏偽作説は成立困難なのである。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">(6).豊島勝蔵編『市浦村史資料編・東日流外三郡誌』全三巻</span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF">(別に「年表」一巻)昭和五〇年</span><br /> 和田家文書を一躍有名にしたのが、昭和五〇年より刊行された『市浦村史資料編・東日流外三郡誌』である。和田家文書を代表する「東日流外三郡誌」約三百七十巻の内、約百巻がジャンル別に収録されている。発刊時から全国的に反響を呼んだようで、同時に江戸時代成立のものとしては内容に不審があるとして、偽作ではないかとの声も生じたが、考古学的発掘調査事実などと文書の内容の符合から、失われた津軽地方の歴史を補う貴重な文献資料として高い評価も得ている。例えば同村史編者豊島勝蔵氏は『東日流外三郡誌・中巻』(昭和五一年発行)の編集後記で次のように記している。<br /><br />「この『東日流外三郡誌』によって、処々方々をかけめぐり、特に城祉についてはほとんど一致をみているし、今まで不詳であった寺趾及び館祉なども、あらたに発見することが出来たりしているので、すばらしい資料だと考えています。」<br /><br /> さらに『市浦村史・第一巻」(昭和五九年発行)でも、豊島氏は『東日流外三郡誌』発行以後続いた考古学的発掘調査の結果と「東日流外三郡誌」との一致や関連を詳しく紹介されている(山王坊遺跡など)。<br /><br /> 和田家文書中代表格ともいうべき「東日流外三郡誌」は、こうして世に本格的に紹介されたのであるが、『市浦村史資料編』では全体の約三分の一程度の紹介に留まった。後の昭和五九年に藤本光幸氏らによって現存写本約二百冊(巻)が北方新社版として刊行されることになるのだが、偽作論者たちはここでも和田喜八郎氏による偽作がこの間に続けられて「東日流外三郡誌」の巻数が増えたかのごとく主張しているのだ。こうした主張が全くの虚偽情報であることが『市浦村史資料編・東日流外三郡誌・下巻』(昭和五二年発行)に記されている豊島氏による「下巻の編集を終って」の次の文面からも明らかである。<br /><br />「東日流外三郡誌にめぐり会ってからもう七年目のリンゴの花盛りを迎えた。その問、資料の借用・書写・資料の整理編纂・裏づけ旅行・研究家との応待等々心に余裕のない七年間であった。まったく外三郡誌の内容そのものについて熟考する余裕もないほどの忙しさであったことは、知る人ぞ知っていることであろう。私の手にした外三郡誌は巻数からいって、三分の一ほどでしかなかったけれども、津軽の古代史・中世史の資料の乏しさに比べれば、分量と内容との面からいって一驚に値するものであった。(中略)<br /><br /> この度、市浦村から下巻を発刊しましたが、「東日流外三郡誌」による資料は、これで打切らして戴き、残りの同資料は藤本光幸先輩の編集で発刊する運びとなりましたので、御期待を願います。下巻の構成は、系図篇・落人篇・戦乱篇としました。その後和田氏から資料がまいりましたが予算の関係で割愛さしていただきました。(後略)」<br /><br /> このように、豊島氏は自らが手にした「東日流外三郡誌」は巻数からみて三分の一程度であったこと、残りは藤本光幸氏により刊行されることになっていること、和田氏からはその後も資料が届いたが予算の関係で割愛したことを記しているのである。ここまではっきりと豊島氏が述べているのを知っていながら、偽作論者たちは悪質な虚偽情報を垂れ流し続けているのである。もし知らずに虚偽情報を流しているとすれば、当該文献を読みもせずに偽作論を述べていることになり、およそ学問的態度ではない。<br /><br /> 同様の問題に、「虫食い」の件がある。偽作論者たちは「東日流外三郡誌」に虫食いによる欠字がないことを偽作の根拠として度々主張しているが、これなども悪質な虚偽情報である。市浦村史版をはじめ、北方新社版、八幡書店版のすべてに虫食いなどによる欠字が随所に見られる。<br /><br />何よりも、市浦村史版『東日流外三郡誌』中巻の編集後記に「文中□印は、虫クイおよび二重書、破損のため不明なところです」と編者豊島勝蔵氏が虫食いなどによる欠字の存在を明記しているほどである。また、偽作論者たちが「東日流外三郡誌」を読んでいれば、随所に見られる欠字記号すべてを見落とすことは、まず考えられない。<br /><br />したがって、偽作論者たちは「東日流外三郡誌」を読んでいないか、虫食いの存在を知っていながら嘘をついているかのいずれかではあるまいか。このように、偽作論者たちは偽作キャンペーンのために虚偽情報を繰り返し吹聴しているのである。以下は参考のため、書名のみを紹介する。<br /> <br />(7).藤本光幸・小舘衷三編『東日流外三郡誌」全七巻、北方新社、昭和五八~六一年。『東日流外三郡誌』約二百冊、「天内家関連文書」を収録。<br />(8).山上笙介編『東日流六郡誌絵巻 全』津軽書房、昭和六一年。<br />(9).山上笙介編『總輯東日流六郡誌』津軽書房、昭和六二年。<br />(10).東日流中山史跡保存会編『東日流外三郡誌』全六巻、八幡書店、昭和六三年~平成二年。『東日流外三郡誌』百九十三巻(冊子本百六十七冊、巻子本二十六巻)を収録。<br />(11).同『東日流六郡語部録 ーー諸翁聞取帳』八幡書店、平成元年。<br />(12).同『東日流六郡誌大要』八幡書店、平成二年。<br />(13).藤本光幸編『和田家資料1』北方新社、平成四年。『奥州風土記』『陸奥史風土記』『丑寅日本記全』『丑寅日本史総解』『丑寅日本雑記全』を収録。<br />(14).藤本光幸編『和田家資料2』北方新社、平成六年。『丑寅日本記』『丑寅日本紀』『日之本史探証』を収録。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">むすび</span><br /><br /> 偽作論者が主張する昭和三〇年以降の段階的偽作説は、本稿で紹介したような歴史事実を無視した虚偽情報という他ない。『季刊邪馬台国」などに名を連ねている偽作論者の内、公刊された和田家文書だけでもきちんと読んでいるのは、いったい何人いるのだろうか。先行偽作論者による和田家文書の部分引用(しかも誤読誤解もある)ぐらいしか読んでいないのではと疑いたくなるようなレベルの「議論」も少なくないのである。<br /><br /> 念のため述べるならば、私は偽作説の存在そのものを批判しているのではない。問題としているのは、昨今の偽作論者の言動が学問の方法とその領域を逸脱し、とりわけ和田喜八郎氏や関係者への誹諺中傷、甚だしきに至っては「犯罪者」扱いするその偽作キャンペーンに危険な社会現象を感じ取るからである。<br /><br /> その一方で、私は偽作説の中でも次のような、節度を保ち、学問の方法と領域を逸脱すまいとする論者がおられることも知っている。<br /><br />「しかし最近、安藤氏研究の権威と目される高名な研究者と話したおり、その研究者が以前、「東日流外三郡誌」の原本を見ていたことを知った。そのお話によれば、原書には付箋が非常に多数貼ってあり、付箋の記述はいずれも荒唐無稽ないし明らかに後世の書き込みであったが、もともとの部分については検討を要することを感じたというのである。(中略)もちろん調査の結果、原東日流外三郡誌など存在せず、無からの創作であることが明らかになるかもしれないし、あるいはまた、あったはずの原東日流外三郡誌を、加筆の過程で目茶苦茶にしてしまい、今となっては確認できなくなっているのかもしれない。<br /><br />いずれにしろ、現在までの論争では、状況証拠でしか批判が行なわれていないことが気になるのである。厳格な実証主義史学の立場からすれば、状況証拠はいくら積み上げても所詮状況証拠でしかない。一つでもいいから直接の証拠を必要とする。「東日流外三郡誌」の早期の直接の調査が待たれる所以である。」<br /><br /><span style="color:#FFFFFF">(小口雅史弘前大学助教授「『東日流外三郡誌』をどうあつかうべきか近時の論争に寄せて」『季刊邪馬台国』五二号所収、一九九三年)</span><br /><br /> 和田家文書に疑念をいだいておられる小口氏とは、その見解こそ異なるが、氏のいわれる厳格な実証主義的史学の立場と方法には賛成である。地元青森県の研究者である小口氏が和田家文書に対して直接原書にあたって研究されることを期待したいのである。<br /> 最後に本序説を終えるにあたって、次の一文を紹介しておきたい。<br /><br />「わたしはかって次のような学問上の金言を聞いたことがある。曰く『学問には「実証」より論証を要する。(村岡典嗣)』と。<br /><br /> その意味するところは、思うに次のようである。“歴史学の方法にとって肝要なものは、当該文献の史料性格と歴史的位相を明らかにする、大局の論証である。これに反し、当該文献に対する個々の「考証」をとり集め、これを「実証」などと称するのは非である。”と。」<br />(古田武彦「魏・西晋朝短里の方法 ーー中国古典と日本古代史」『多元的古代の成立[上]邪馬壹国の方法』所収、駿々堂出版、昭和五八年。初出は東北大学文学部「文芸研究」百~百一号、昭和五七年)<br /><br /> 当文面は『三国志』の史料批判に対して古田武彦氏が述べられたものだが、現在の和田家文書真偽論争に対しても全くそのままあてはまる指摘である。古田氏の学問が『三国志』に対しても、和田家文書に対しても全く同一の方法論にたっておられることを明白に示す文章である。にもかかわらず、残念ながら氏の学問とその方法を真に理解していた者が必ずしも多くはなかったことが本真偽論争の過程で明かとなった。<br /><br /> 古田氏の言うところの大局の論証、すなわち次に示す「偽作説成立」のための根幹的論点に対して、偽作論者は今日に至るまで回答できなかったし、また将来においても不可能であろう。<br /><br />一、偽作に要する大量の明治・大正時代の紙(大福帳など)をいつどこから入手したのか。<br /><br />二、和田家文書に採録された古今東西の膨大な伝承群に関する知見をいつどのように入手したのか。<br /><br />三、膨大な量の文書を毛筆で書き、かつ製本する作業を、近隣の村人から知られずに戦後何十年も続けることが、どのようにしたら可能なのか。<br /><br />四、和田家が収蔵している膨大な遺物・古美術品をどこから入手したのか。<br /><br />五、戦後間もなく、地元の研究者により和田家文書が研究・発表されている事実をどのように説明するのか。<br /><br /> これら偽作説成立のために必要不可欠な論点に応えられないまま、そして、再写文書・書き嗣(つ)ぎ文書という、和田家文書の史料性格への正確な認識を欠いたまま続けられている偽作論は、やはり学問的に成立困難なのである。と同時に、これら偽作説成立の根幹にかかわる論点がなに一つクリアーできない以上、和田家文書は真作と見なさざるを得ない、これが学問の方法論と論理が指し示す到達点なのである。「論理の導く所へ行こうではないか。たとえそれがいずこに至ろうとも。(ソクラテスの意、岡田甫(はじめ)氏による)」<br /><br />      <span style="color:#FF3333"> (こが・たつや 古田史学の会事務局長)</span><br /><br /><a href="https://blog.goo.ne.jp/hi-sann_001/e/bf4b1144d7d83d852deb21722e788d36?fm=entry_awp" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF33&quot;&gt;Arahabaki&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF33">Arahabaki<br /></span><br /></a><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#00FF00">『倭の百余国』</span></span><br /><br />弥生文化の普及によって人々の生活は豊かになり、急激に人口が増えると各地にクニが出来て互いにテリトリーを主張するようになりました。BC500以降の日本列島には下記のようなクニと種族の棲み分けが出来ていたようです。<br /><br /><span style="color:#FFFFFF">奥州(東北地方)に 津保化(つぼけ)族 (ツングース・アイヌ人)<br />武州(関東地方)に 宇津味(うづみ)族 (オロッコ人)<br />越州(北陸地方)に 長三毛(ながみけ)族 (苗族=ミャオ族)<br />濃州(東海地方)に 津称奈(つとな)族  (ツングース・アイヌ人)<br />大和(近畿地方)に 津止三毛(つとみけ)族 (ツングースと苗族の混血人種)<br />紀州(紀伊半島)に 奈津三毛(なつみけ)族 (苗族)<br />四国(四国地方)に 大賀味(おおがみ)族  (港川人)<br />淡路(淡路島)  に 賀止利(かとり)族    (苗族)<br />因州(山陰地方)に 宇津奴(うづみ)族    (苗族)<br />芸州(山陰地方)に 亜羅三毛(あらみけ)族 (苗族)<br />九州(九州地方)に 猿田族(レビ族=ヘブライ人)と<br />             日向(ひゅうが)族(港川人)<br /></span><br />これが『魏志』倭人伝などにいう『倭の百余国』の所以であるかと思います。九州の猿田族は、のちに糸島半島(前原市)に旧伊勢国を建てたガド族系の猿田彦とは別の種族です。<br /><br />『古事記』にはスサノオノ命が出雲の簸川(ひのかわ)の辺でヤマタノオロチを退治し国神(くにつかみ)の娘、櫛名田姫を救って妻となし、大国主命を生んだ神話が記されています。この神話の共通のルーツは、ヒッタイトにあります。<br /><br />ソロモン王の母親は、父ダビデが臣下から奪ったヒッタイトの女性、ソロモンはユダヤ人とヒッタイトのハーフでしたがソロモン王は、妻シバの女王との間に王子メネリケがいて、この王子が連綿として20世紀まで続いたエチオピア王朝の祖王になりました。<br /><br />ソロモン王とシバの女王はヒッタイトの製鉄技術者たちをタルシシ船に乗せてインド大陸やマレー半島に派遣しました。技術者たちはガンジス中流やメコン上流のバンチェンに入植して製鉄所をつくり、鉄製品を現地の黄金、象牙、香料、真珠などと交換しました。<br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF3333">続 津軽史料の考察</span><br /><br /><span style="font-size:x-large;"> <span style="color:#00FF00">「東日流外三郡史」の研究</span><br /></span><br /><br />これは、津軽(青森県)は大和朝廷とはまったく異民族の土地なりとして、別個の歴史をもち、京方と戦いつつ、別個の王国だったとする内容である。即ち、大和民族は単一民族となす説に反対する文献なのです。そしてまだ儒学が全盛の江戸期に書かれたものである。それに寛政五年からは、津軽から福島までは未曽有の大飢饉で、津軽領だけでも二十万人もの餓死者を出している。こんな時代に、手分けして各地を回り聞き書きをしに、餓鬼地獄の中を矢立をもって歩いて記したという、現実にそぐわぬ可笑しな部分もある。こうした点は心して読む必要がある。<br /><br />しかし、記紀を金科玉条とする史観より、見るべきものは多く、一笑に付すものでは決してない内容である。以下にその考察をしてみたい。<br /><br /> 「東日流外三郡誌」というのは、青森県北津軽郡市浦村の村史編纂会が昭和四十六年に設置された際に、五所川原市飯詰の和田喜八郎家所蔵の、江尸時代から門外不出、他見一切無用と厳禁されていた三百六十巻の古文書の中より、判読できる百巻を上中下の三巻にし、同村の委員会より「市浦村史資料編」として刊行された、今まで正史とよばれるおかみの歴史とは全然異質の文献なのであります。<br /><br /> 和田家49代の当主によれば、寛政二年に和田長三郎が、鎌倉侍所別当の和田義盛の一族だったのに、北条氏に追われて秋田に隠れすみ、世直しのため南朝に与し津軽へきたが滅ぼされ、神職を勤めていたが、長三郎はそれさえも追われ、妻が秋田上綺の秋田孝季の妹だったので、そこへ行き二人で祖先を追跡調査して、己れらの血脈を伝えるために生涯かけて採録筆写したものといいます。<br /><br /> 「反藩の罪科に厳重に問われるゆえ、と油桐紙に包み、極秘に天井裏に隠して伝わってきたもの」と、二人が書き綴って一部ずつを子孫に伝えたのが、秋田孝季の子孫の方の分は散逸してしまったが、和田家では樟木の箱に入れていたので、二百六十巻は判読困難だったが、その中の百巻分だけは昭和三十二年春に初めて蓋をあけた時は助かって、どうにか読め得たと前書にのべています。<br /><br /> さて、この津軽地方の地形的変遷や古代津軽人の風習言語、つまり「亀ヶ岡式上器」や「森田村石神(おせどう様)の縄文式円筒方式土器」それに「市浦村中島出土の土師器」に関連する古記録は「耶馬台国五畿七道の(倭の)五王の長髄彦、安日彦が、九州日向に出現したジンム族の鉄製の剣や矛によって追われて、遠く津軽へ亡命してきて、その伴ってきた一族によって開拓されたる為」といった記述が基礎となっているものですから、韓国歴史界にとって、この「東日流外三都誌」が、さも日本での唯一の信頼すべき古代史料のごとく、大々的に取りあげられたことがあった。<br /><br /> かつて長州の御雇い教師リースが、日本には歴史学はないと明治十八年の博士号設定の時に文学博士の範囲にしか入れさせなかった程ですから、日本では、宮下文書や竹内文書なみにしかみなさず、<br />問題にはされていません。ただ考古学や人類学の分野では研究しかけていますが、いわゆる各大学で講義する歴史屋さん達は、まったくまだ目も通していない程の不勉強さでかないません。<br /><br /> しかし韓国だけでなく朝鮮人民共和国でもおおいに検討されだしていて、双方共に、「魏の国に貢進していた耶馬台国なる存在は、親魏政権というよりは今の中国の出先機関が統率していた中国の支配体制。それを追払って新しい大和朝廷をたてた日向ジンム族は九州へ渡った朝鮮半島人だ」として、物騒なデマですが、南北が統一するのは失地回復しかないと秘かに言われています。<br /><br />中国の以前の華首相の線引きで、朝鮮半島からまさかとは思いますが、南北統一は対外戦争しかないと攻めてこられては、吾々はまた縄文日本人の昔に逆戻りさせられてしまい困ります。それゆえ専門家がまったく手がつけられぬ「東日流外三郡誌」の真の解明を、どうあっても吾々日本人が負わざるをえません。<br /><br /> 歴史とは過去の具象の真実のあり方を把握すべく努力することで、それを勝手に都合よく解釈する事ではないからです。さて、そうした誤りをおかさせるのには、その第一に述べられている処の、〈東日流流転史〉に「山麓に住居するは阿曾部族、海浜に住むを津保化族とよぶは、その昔、天変地異ありて山が火を噴き、浦が隆起して陸となりし為なり」と、まず説明しているのであります。<br /><br /> 「太古の古い称号は、スーサンポー、津軽をチンパルとよぶは、いずれも唐の漢語。大昔のことだが大漢国より忍び難き国乱ありて、やむなく漂着してきたれる彼の国の難民共を祖先とす」「その頃、九州の日向に起こりし一族が東に遠征。それまで耶馬台国五畿七道を洽領せし安田彦、長髄彦を討伐。<br /><br />よって耶馬台一族は北方に遁がれて津軽まで落ちのび、再挙を企てたがならず、原住民の津保化や阿曾部の民と混血して、荒吐一族となり北上川平泉まで進攻し総処となし、東西南北にそれぞれ王をおきて統治し、ウーワンと中国語でよび、日の神を、ヤンとかヤーとよんで崇拝した」となっていますから、耶馬台国が「瞳」と当時はよばれていた中国大陸の出先機関の統治地だったというようにも解釈されてしまいます。もちろん魏の国へ朝貢していたからこそ、〈魏志倭人伝〉にも記載されているのです。<br /><br />しかし、その頃の日本列島には耶馬台国群に対抗していた古代海人族らの、八幡国群が黒潮のくる各海浜には、処々にあって対抗し彼らは懸命に戦っていたのです。 それに今も中国地方とよばれる岡山には、華夏王朝とよぶ吉備の地域が前から既にあったのです。 高梁川の地名が今もある一帯で、大和朝廷になってからは、大陸から新しくきたのと区別するためにと、トウはトウでも藤でなく「桃」とよばれる人々のいた土地なのである。<br /><br />〈群書類従〉の「大唐和尚伝」に、桃原とか桃生との文字ででてくる日本へきてからの唐人にお伴をする通訳の連中の植民地だった安全な土地があるのに、何故に彼らが中国系だったら東北の津軽まで逃亡するのか辻つまが全然あいません。〈葦原談義〉には、つがる平原は、葦の大草原にて、豊葦原の国なりぬと史書にもいう、とあります。<br /> <br />そして、ひとつかみの稲穂をもって九州の築紫にきた後の日向族が、遊放民族の猿田彦に米の味を覚えさせ、酒や女をあてがって、今いう呑ませる、抱かせる、握らせるで彼ら部族を己が奴隷となし、自分らは高天原より高千穂に降臨せし神々なりと称し、やがて本州の耶馬台国を征討させました由。<br /><br /> さて日向族の彼らが持ちこんできて、強制的に水稲を種もみとして植えさせ、収穫を、「上毛」と称して貢進させていたのが、韓国産のホコネとよぶ水稲の種もみと高天原より高千穂へ、鉄の矛や剣をもってきたジンムは、韓国より渡来の日向族で、己らが先祖だと韓国史学界では言うのであります。<br /><br /><br /><span style="color:#FF3333"> 津軽契丹 </span><br /><span style="font-size:x-large;">東日流三郡暦の考察</span><br /><br />天刑の乱こと、天慶の乱で坂東八ケ国の拝火宗徒を津軽へ追った時、藤原氏は唐を滅ぼし、取って代わった契丹(宋国)よりの今来漢人を賤民になし東北へ追ったというのが、津軽大陸人説の真相である。<br /> <br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/Ainu1.jpg"align=left width=280 height=450>〈東日流開聞〉の章では、太古は中国大陸や韓国とも日本列島は地続きであったとして、当初は、「アソベ一族」の民が海浜で塩をやき漁をして暮していた処へ、中国系の津保化一族が大挙して押しよせてきて、石斧や石剣の縄文人を攻め、やがて彼らが逃げこんだ行来盛火山が噴火して死滅。その後へ耶馬台国の一族や中国より渡来民が入ってきて、混血しあって、荒吐一族となり、異民族の倭族とはあけくれ交戦をくり返しつつ津軽を確保した。これが津軽の非大和民族説です。<br /><br /> よって日向族がたてた大和朝廷では、斉明帝の頃に、奥州の荒吐五王を難波の都に招いて官位を与えて懐柔しようとしたが、津軽は拒んだので、阿倍比羅夫が百八十隻の船団で討伐にきたが、有間浜で応戦して八十余隻を火箭をもって焼き払い、やむなく阿倍比羅夫は、船の酒や食糧を提供して命乞いしたといいますし、斉明六年に又も阿倍船団二百隻の来攻があったが、十三湊で沈められてしまったのが半分以上。陸から前に攻めこんできた上野毛田道将軍のごときは、部下もろとも六百八十余名が一人残らず中山にて包囲全滅されてしまったと、その津軽の武勇さを誇っています。<br /><br /> 今でこそ大和民族は単一民族と学校歴史では義務教育しますが、これでは大和朝廷系の日向族と、東北の、耶馬台国残党の中国系の荒吐族とは、ともに天地を共に頂かぬ異民族どうしとなります。 つまり韓国と中国の勢力争いを、縄文日本人を兵卒にして、双方で必死にくり返して、「安東将軍」とか「征東将軍」、明治になるまで「征夷大将軍」の官命がこれ故にあったのです。明治政府も、「界外」とみて降参した賊軍会津を移したりしましたが「津軽盲暦」というヤマトの漢字は一切使用しない絵だけのカレンダーを江尸時代から用いて対抗していた。契丹系も追われ津軽に多く住んでいて鈴木姓を名のる。現在でも青森県には「つがる暦」という漢字を全く使わない絵暦ががある。<br /> <br />日本人は高千穂より九州を平定し大和へ入ってきた日向族ではなく津軽の荒吐族こそ耶馬台国直系の貴種なりとする他、世界史の中に、その津軽年代表をおき証明す。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/tsugaru2.jpg"width=400 height=350 align=right> 〈日本書紀〉や〈古事記〉みたいに神がかりの内容ではなくして、〈最古代重日流外三郡暦〉では、「津軽の歴史は日本皇紀より約二千二百九十三年より古く、中国の陳の時代で、当時西南や太平洋州では、シャールキン一世がサーゴンと国号を定めて、カルジヤを建国し栄えていた時代」とし、「アフリカでは既にメネスが黄金帝国をつくっていたし、エジプトでメンフィスが奴隷とした白色人種を使役したピラミッドを作りだしていたものである」と、世界史の中で、津軽建国を説明しています。<br /><br />「ビッキムガモ」と称していた津軽の原住民たちが栄えだした頃は、中国は黄帝の世で暦法を定め、算術、医書、養蚕をもう始めだし、アフリカではエジプト第四王朝のスフィンクス造成期となす。<br /><br /> 中国が「夏」となった頃、インドにアリアン族が大挙して進攻。当時の日本列島は百二十八の種族の民が漂着し、それぞれ一族で分領しあって相互闘争をくり返し、津軽では石器より土器時代。<br /><br /> アラビヤにプクソスが現われて統一しだした時、ヨーロッパ北部には白っ子人種のスカンジナビア人が集りだし、これは後の白人種となる。津軽ではコウゾの樹皮や鹿皮で衣服をつくるようになったとします。 スリイピングバックの元祖にあたるような、獣の毛皮をはぎ二枚をつなぎ合せた袋に入って、寒気の厳しき津軽では冬の寝具を作りだすようになった頃、中国では「殷」が建国されています。<br /> アラブではイスラエル族がカナンの地に入りだした頃。ヨーロッパのギリシヤが航海術にすぐれ、スカンジナビア人らも暖流寒流の潮流で大洋航行することを次第に覚え活躍しだしたゆえ、スパルタが起こったり、トロイが木馬を城内に入れた為に隠れていた兵達に占領されたりして滅亡する。<br /><br /> さて中国が『周』となって武王が即位した頃、とことわってから、〈東日流外三郡暦〉では、日本国日向に高天原天神地神の愚想信仰起こりて、衆是に従う者多し、その導師は女人なりという。津軽にては大船を造りて渡島や東島崎にゆき交易」とでています。こんなことが堂々と行われたなら、江戸時代だけでなくても皇国史観の昭和初期から、戦後までのおかみでも、不敬罪もので投獄処刑であります。さらに、「インドにシャカが生まれて仏法が弘まりだした頃になっても、日本はまだ統一されておらず」とあります。<br /><br /> 東北=津保化族。関東‥卜宇津味族。中部=津袮奈族。奈良H‥津止三毛野族。紀伊り奈津三毛野族。南海道=大賀味族。淡路=賀止利族。因州=宇津奴族。安芸=亜羅三毛族。北九州=日向一族。南九州=猿田一族と分かれて「神武帝日向高千穂宮より東征なされしは、即位前七年冬十月五日なれど、山口周防の軍勢に一年の余にわたって封じこめられ、進撃するあたわず、ようやく向わんとするも安芸に拒まれ七年の歳月を失う」と、吉備で八年も釘づけにされ、「高島でも三年も悪戦苦闘をしいられて難波の浪速に到り、淀川をのぼって河内の草香村の自肩の津に辿りつく」とあります。<br /><br /> 河内の草香というのは後の桓武帝の御生母高野新笠の居られた土地で、ここへ彼らが持ちこんできた韓神さまが平野四神で〈神祇式〉によれば、やがて、皇大神となると記録されてもおります。 だから妙に辻つまが合わされていて、河内で武具を整えて竜田へ進軍したがならず、生駒〈夷駒山〉越えに大和へ入ろうとした先発隊の五瀬命は討死。和泉へ向えば稲飯命もそこであえなく戦死。<br /><br /> といったように日向族が、大和朝廷をつくる迄の戦争。「津軽のみは殺掠を好まず別個に暮し豊かに暮せり。これ日本神代の実相にて、日本史の誤てるを心に感銘をなす可。寛政庚申二月 秋田孝季」 となっています。つまり大和朝廷成立以前にあって、津軽は別個の、異民族として栄えていたというのです。明治以降ドイツからきた長州の御雇い教師リースが、日本人は島国ゆえ単一民族だと今の学校歴史を設定してしまいましたが、この書はこれに反対して、明確に複合民族であると主張しているのです。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">津軽異種説</span><br /><br />縄文時代から武力征服されて弥生時代に変った時の日本の人種は、百余にも別れていたというし、あくまでも単一民族ではなくて違うと主張するのは津軽のみです。 秋田孝季があげている各種族の名称を分類しますと、ウクスツヌの発音が上につく津とか宇のつく中国大陸系がある。イキシチニのつくのは朝鮮系。アカサタナのつくのは古代海人族。オコソの発音がやはり上につくのは沿海州から入ってきた、蒙古系と分類されている。これは正しい見方である。日本列島は、ベーリング寒流と黒潮暖流が流れてきて抜けてゆく日本列島だけに、あらゆる種族が入りまじっています。<br /><br />また、〈日本古事記〉に言う苦戦の経過も、記紀のに合わされています。 しかし、これをその儘うのみにしてしまいますと、中国大陸の魏の国に朝貢して臣従していた日本の耶馬台国政権を、韓国よりの日向族が随分とも苦労してご先祖様を解放してくれた事になります。 なにしろ秋田孝季らが、これを書いた江戸時代の寛政時代というのは、まだ熊沢蕃山でさえ、「中国人は貴種」とあがめ、荻生徂徠でさえ物徂徠と号をつけ、「もし孔子や孟子の国から攻めてきたら、それでも迎え討てるか?」等と議論しあい、儒学者たちが、しきりと迷い悩んでいた時代なのであります。<br /><br /> 今でも舶来崇拝とか西洋かぶれといった言葉がありますが、これは、縄文日本人として征服され弥生時代から奴隷とされてきた劣等感の裏返しみたいに、日本人は「ええ恰好し」と言われる国民性です。 ですから秋田孝季が現代人でしたら、山本七平みたいに(ユダヤ人でも白人だから)と書きもしたでしょうが、まだ南蛮人は紅毛の蛮人みたいに思われ、最高の貴人は中国人なりとされていた頃ゆえ、津軽人の先祖は、その貴種なりと悦ばしげに恰好づけしたにすぎないような気がします。<br /><br /> そして今日の学校歴史も、満鉄歴史と申してもよいように、日露戦争後に満州へ侵出するため布設した南満州鉄道によって鴨緑江経由でシルクロードから、すべての文化は流入されてきたごとくに、海洋潮流学を全く考えぬ、陸路日本史ですので、中国人を柤とする津軽の荒吐族だけは、日向族つまり当時の三韓からの侵略者たちか弥生時代に変え、奴隷にして徴兵した縄文日本原住民をそれぞれ三方から棄て殺しにして戦わせあっていたのに対し、津軽は超然としていたなどと書いたのでありましょう。<br /><br /> しかし日本海も対島海峡もなく、中国大陸や韓国と日本列島が陸続きであったという仮説のもとに、この〈東日流外三郡誌〉は成立していますが、〈魏志倭人伝〉にも、日本列島は洋上にあった事は明記されています。つまり藤原基経によって廃立され山中へ逃れたもうた陽成帝やその側近が、木地師となってからも、自分らの先祖は高貴な出自であると誇って、それぞれが変ですが、「藤原姓」を、追われた立場では敵姓なのに、逆に用いて今に到っているのと同工異曲であります。<br /><br /> なのに今では安倍一族でさえ京の懐柔政策で、藤原姓をうけて名のると、さもそのせいみたいに、「藤原三代の栄華」と、東北には当時黄金だけはあり余っていて、消費都市の京へと「金売吉次」といったセールスマンを派遣しても捌けず、やむなく建立した金色堂などをもって裏付けとするのと、まったく本当の歴史離れした日本歴史の変てこな論理に、さも中国大陸系の耶馬台人と、朝鮮系日向族の代理戦争みたいに書かれたものが、今となっては韓国史学界を歓ばせているのです。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/tsugaru.jpg"width=400 height=350 align=left> シルクロード熱で誤らされていては、真実の解明などは及びつこう筈はありえません。かえって、こうした他から隙を突かれるようなものさえも、今ここに蘇ってきてしまうのです。まあ世界史とはまったく分離して独得すぎる日本史を勝手に作ってしまったのは歴史屋さんの責任でしょう。<br /><br />今や習近平独裁の共産中国は、ひたひたとその世界侵略を日本にも向けている。 今さら日本国民を、右寄りに教育しても遅いが、日本人は百余種の流入混種の複合民族なのだと、そこを正直に教え、ライジングサンの旭日旗の下に、日本人たるもの日本列島を命がけで守らねばならないと実教育をすべきでしょう。外国で歴史をよく勉強させるのは、愛国心を持たせるのが教育目的だそうです。<br /><br />それを単なる暗記物にして年号だけ覚えさせたり、大学入試にも歴史は除かれている今のお国柄ではどうなるものでもなかろう。尖閣を盗られ、沖縄も盗られ、最後は日本本土が奴隷化されかねない現状を俯瞰すれば、未来は暗澹たるものである。<br /><br /><center> <span style="color:#00FF00"> 布衣草莽</span></center ><br /><a href="https://ameblo.jp/yagiri2312/entry-12610560530.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt; 出典&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00"> 出典</span> <br /></a><br /> <br /><br /><br /><br /><br /><br /><center><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-56.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;UP&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00">UP</span></a><br /><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-9.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FF00&quot;&gt;Back&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FF00">Back</span></a></center><br /><br /><br /><br /></div></div><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><br /><br /><br /><br /><noembed><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script> </div> </article> <!-- / article --> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/56/clap" id="fc2button-clap-56" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-56").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/56/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <!-- / read_more --> <div class="entry_footer cf"> <ul class="entry_comment cf"> <li>コメント : <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-56.html#comment-top" class="comment" title="コメントの投稿">0</a></li> </ul> <ul class="entry_category cf"> <li>カテゴリ : <a href="/blog-category-0.html" class="category" title="このカテゴリ一覧を見る">未分類</a></li> </ul> </div> <!-- / entry_footer --><article> <div class="entry"> <p class="entry_date">2021/02/16</p> <h2> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-55.html">Ezoe World </a> </h2> <!--body bgcolor="#191970"---><br /><body background="https://blog-imgs-92-origin.fc2.com/s/h/o/shortstoryofdan/img008ffffffffffff.jpg"><br /><center><font color="#00ffff" size="1">Click name to each menber's work page.</font></center><br /><center><div style="line-height:110%"><font color="#00ff7f" size="6" face="osaka"><a title="Mr.Akiyama." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-19.html"><font color="#00ff7f">Mr.Akiyama.</font></a><font color="#00ff7f"> <a title="Mr.Asaoka." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-18.html"><font color="#6a5acd">Mr.Asaoka.</font></a><br /><a title="Mr.Arakawa." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-17.html"><font color="#00ff7f">Mr.Arakawa.</font></a><font color="#00ff7f"> <font color="#6a5acd">Mrs.Ikemura.</font><br /><font color="#00ffff">Mr.Ichizaki.</font><a title="Mrs.Inomata." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-22.html"><font color="#ff88ff">Mrs.Inomata.</font></a><br /><a title="Mr.kawakami." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-16.html"><font color="#00ff7f">Mr.Kawakami.</font></a><a title="Mrs.kawakami." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-15.html"><font color="#6a5acd">Mrs.Kawakami.</font></a><br /><a title="Mr.kawasaki." target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-14.html"><font color="#00ff7f">Mr.Kawasaki.</font></a><a title="Mr.Shimshara" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-13.html"><font color="#00ff7f">Mr.Shimahara.</font></a><br /><a title="Mrs.Takatani" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-12.html"><font color="#ff88ff">Mrs.Takatani.</font></a><a title="Mr.Takeda" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-11.html"><font color="#00ff7f">Mr.Takeda.</font></a><br /><a title="Mr.Tabuchi" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-10.html"><font color="#00ff7f">Mr.Tabuchi.</font></a> <a title="Mr.Tsubota" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-9.html"><font color="#00ff7f">Mr.Tsubota.</font></a><br /><a title="Mr.Nakagawaji" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-8.html"><font color="#00ff7f">Mr.Nakagawaji.</font></a><a></a><a title="Mrs.Nakagawaji" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-7.html"><font color="#ff88ff">Mrs.Nakagawaji.</font></a><br /><font color="#00ffff">Mr.Naka.Mr.Nakatsu.</font><a title="Mr.Nishino" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-6.html"><font color="#00ff7f">Mr.Nishino.</font></a><br /> <a title="Mrs.Habu" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-5.html"><font color="#ff88ff">Mrs.Habu.</font></a><font color="#00ffff">Mr.Fujii.Mr.Mizuishi.</font><br /><a title="Mr.Miyashita" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-4.html"><font color="#6a5acd">Mr.Miyashita.</font></a><font color="#6a5acd">Mrs.Yasui.</font><br /> <a title="Mr.Yoshizumi" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-3.html"><font color="#00ff7f">Mr.Yoshizumi.</font></a> <font color="#00ffff">Mr.Yotsumoto.</font><br /><a title="Editor's Memo" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-2.html"><font color="#ff8c00">Editor's memo</font></a><br /><a title="Romigo" target="_blank" href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-1.html"><font color="#00ff7f">Romigo<br />Forest<br /> World</font></a></font></font></font></div></center><center><font color="#00ff7f" size="6" face="osaka"><font color="#00ff7f"><font color="#00ffff" size="1">Click Romigo to Main page.</font></font></font></center><center><font color="#00ff7f" size="6" face="osaka"><font color="#00ff7f"><a target="_blank" href="http://romigo.blog.jp/"><font color="#00ffff" size="1">文字化けが起きて、判読不能の場合は、ここのSub-siteからどうぞ</font></a></font></font></center><font color="#00ff7f" size="6" face="osaka"><font color="#00ff7f"><br /><br /><br /><center><br /><hr size="3" noshade width="550"><br /><br /><font color="#00ffff" size="7" face="MS P明朝"><br /><center><br /><span style="color:#FF6633">Ezoe World </span> </strong></a><br /><br /><div style="line-height:10%"><br /><font color="#00ff00" size="2">(同社に在籍していた者として、感慨深くこれらを記載します。<br />尚、コンテンツの総てはYahoo他の記事をコピペしたものです) </font></div><br /><br /><font size=5 color="#ffffff">田楽男</font><br /></center><br /></font><table width="440"></table></center><br /><hr size="3" noshade width="550" ><br /><br /><div style="margin-left: 200px; margin-right:200px;"><br /><font color="#00ffff" size="4" face="MS P明朝"><br /><div style="line-height:190%"><br /><br /><a href="http://www.sinkan.jp/special/recruit/index.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFCC33&quot;&gt;&lt;span style=&quot;font-size:x-large;&quot;&gt;リクルート事件「江副浩正」を再評価すべき理由&lt;/span&gt;&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFCC33"><span style="font-size:x-large;">リクルート事件</a></span></span><br /><span style="color:#FFCC33"><span style="font-size:x-large;">「江副浩正」を再評価すべき理由</span></span><br /><br /><br /><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:large;">大西 康之 : ジャーナリスト</span></span><br /><div style="line-height:90%"><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/onishi.jpg"width=200 height=150 align=left><span style="color:#FF00ff"><span style="font-size:x-small;">1965年生まれ。1988年、早稲田大学法学部卒業後、日本経済新聞社入社。欧州総局(ロンドン)、日経ビジネス編集委員、日本経済新聞編集委員などを経て2016年4月に独立。著書に『稲盛和夫 最後の闘い JAL再生にかけた経営者人生』『ファースト・ペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦』(以上、日本経済新聞出版社)、『三洋電機 井植敏の告白』『会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから』(以上、日経BP社)、『ロケット・ササキ ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正』(新潮社)、『東芝解体 電機メーカーが消える日』(講談社現代新書)、『東芝 原子力敗戦』(文藝春秋)がある。<br /></span></span></div><br /><br /><span style="color:#FFFFFF">かつて日本には、江副浩正(えぞえ・ひろまさ)という「起業の天才」がいた。彼が立ち上げたリクルートの時価総額は8兆円に迫っている。総合情報産業の会社として屈指の存在である。<br /><br />だが彼の名は「起業の天才」ではなく、戦後最大の企業犯罪「リクルート事件の主犯」として人々に記憶され、そして忘れ去られようとしている。<br /><br />日本が生んだ「天才起業家」を、歴史に葬り去ってはならない。逆境に立ち向かうべき今こそ、日本人はその「成功と失敗」から学ぶべきではないか。<br /><br />そう問いかける書籍『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男』を上梓するジャーナリストの大西康之氏に、「なぜ今、江副浩正なのか」を解説してもらう。<br /></span><br /><br /><span style="font-size:x-large;">40年前に「マスメディアの凋落」を予見した<br />日本のマスメディアが構造改革の波に洗われている。<br /></span><br /><br /><br />マス広告の雄、電通グループは東京都港区の本社ビルを売却する検討に入り、毎日新聞は節税目的で資本金を中小企業並みの1億円に減資する。朝日新聞は赤字転落の責任を取って4月に社長が交代する。<br /><br />テレビも厳しい。2020年9月中間期決算では、日本テレビHDが赤字に陥った。フジ・メディアHD、テレビ朝日HD、TBSHDも減収減益だった。<br /><br />コロナ禍による消費冷え込みを受けた広告収入の落ち込みが直接の原因だが、新聞、テレビの収益はコロナ以前から長期低落を続けている。ネットに広告を奪われているからだ。<br /><br />このようなマスメディアの凋落を40年近く前に予見していた男がいる。リクルート創業者の江副浩正だ。<br /><br />江副はグーグルよりはるかに早く、商業メディアの収益源である「マス広告」の非効率性を見抜き、情報が欲しい消費者と情報を伝えたい企業をマッチングさせる仕組みを作った。インターネットがない時代にそれをやってのけた江副は「起業の天才」だった。<br /><br />マス広告とネット広告には決定的な違いがある。不特定多数の人々に広告を届けるマス広告は、持ち家に住んでいる人に不動産広告、定職についている人に求人広告、クルマを持っている人に新車の広告を届け、それらは「無駄撃ち」に終わる。広告が購入や応募に結びつく可能性はかなり低い。<br /><br />ネット広告の場合、ネットで家探しをしている人に不動産広告、職探しをしている人に求人広告を見せる。利用者は「検索」することで、自分が何を求めているかという欲求をさらけ出し、グーグルのAI(人工知能)は、それぞれの人にマッチした広告を送り出す。購入や応募に結びつく確率は必然的に高くなる。<br /><br />同じことを1960年代に考えたのが江副である。就職する会社を探している学生に『リクルートブック』(現在の『リクナビ』)、家を探している人に『住宅情報』(現在の『SUUMO』)を届けることで、利用者と企業をマッチングさせた。<br /><br />江副が作った「情報誌」は「広告の寄せ集め」と見下された。しかしほとんどの読者、視聴者にとって「ノイズ」であるマス広告に対し、情報誌に載る広告は、仕事を探している人、家を探している人にとって貴重な「情報」だった。<br /><br />リクルートの情報誌ビジネスは中古車(『カーセンサー』)、海外旅行(『エイビーロード』)、女性の転職(『とらばーゆ』)と、どんどん領域を広げていった。<br /><br />そして日本でも通信自由化が実現した1980年代の半ば、江副は満を持して紙の情報誌からコンピューター・ネットワークに飛び移ろうとした。まさにグーグルを作ろうとしたのである。<br /><br /><br />江副は日本、アメリカ、イギリスに巨大なコンピューター・センターをつくり、これらを海底ケーブルで結んだ。コンピューターの処理能力を顧客企業に貸し出し、1日24時間のグローバル・サービスを提供しようとしたのだ。<br /><br />今ではそれを「クラウド・コンピューティング」と呼んでいる。江副が始めようとしたサービスは、アマゾン・ドット・コムの「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」に近い。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">今こそ「江副浩正」を再評価すべき理由</span><br /><br /><br />だが日本からグーグル、アマゾンが産声をあげようとしたその矢先に、江副は思わぬ方向から飛んできた銃弾によってその社会的生命を絶たれる。「リクルート事件」である。<br /><br />リクルート事件の評価について、ここでは述べない。しかし、もしリクルート事件がなかったら、リクルートはグーグルやアマゾンより早くネット社会のプラットフォーマーになっていたかもしれない。<br /><br />江副が「戦後最大の経済事件の主犯」ではなく、「起業の天才」として世に認められていれば、その江副に憧れて日本でも続々と起業家が誕生していたかもしれない。日本経済の風景は、今とはまったく違うものになっていただろう。<br /><br /><a href="https://toyokeizai.net/sp/book/ezoe/" target="_blank" title="&lt;img src=&quot;https://blog-imgs-146.fc2.com/r/o/m/romigo/kigyo.jpg&quot; width=180 height=220 align=right&gt;&lt;/strong&gt;&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00">試し読み・・・・<span style="color:#FF3333"><span style="font-size:x-small;">本の左下を摘まんで右上方向に引っ張れば頁がめくれる</span></span></span><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/kigyo.jpg" width=180 height=220 align=right></strong></span><br /></a><br />リクルート事件は、日本におけるマスメディアからネットメディアへの移行も遅らせた。巨大な新聞、テレビが支配してきた日本ではメディアの古い構造が温存され、ネットフリックスやフールーのような新しいメディアが生まれていない。<br /><br />しかし人々の手にスマートフォンが行き渡り、ネットが社会インフラに組み込まれた今、いよいよマスメディアの時代が終わろうとしている。電通や新聞大手の変調はその予兆である。江副が作ったリクルートの株式時価総額は約8兆円。電通のほぼ10倍である。<br /><br />古い企業社会が制度疲労を起こしている今、日本に何より必要なのは新しいビジネスを立ち上げる「起業」である。コロナ禍を乗り越えた先に、新しい日本経済を作り出すためには、今一度、江副浩正という「起業の天才」の足跡を振り返る必要がある。<br /><br /><span style="color:#66FF00"><strong> 大西 康之 2021/02/04 07:30 </span></strong><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">冨山和彦「江副リクルートは、日本の宝だった」<br /> 1980年代から「21世紀型の経営」を実現していた</span></span><br /><br />2019/12/03 13:06 <br /><span style="color:#ffFFff">リクルートは「日本では極めて珍しいタイプの会社」だった、<br />「リクルートは日本の宝だ」</span><br /><br /> <br /><br />2003年から4年間、産業再生機構の業務執行最高責任者(COO)としてダイエー再建に携わった冨山和彦氏(現IGPIグループ会長)<img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/toyama.jpg"width=200 height=150 align=left>は、ダイエー傘下だったリクルートの経営と財務を調べてそう思ったという。<br /><br />かねて「21世紀型の経営をしていた江副浩正氏を再評価すべき」と主張してきた冨山氏に、『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男』を上梓した大西康之氏が話を聞いた(こちらから、『起業の天才!』の序章「ふたりの天才」を試し読みできます)。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">80年代から「21世紀型の経営」をしていたリクルート<br /></span><br /> <span style="font-size:large;"><span style="color:#FFFFFF">――ご自身も日本初の独立系コンサルティング会社、コーポレイト ディレクション(CDI)の起業に関わった冨山さんから見て、起業家・江副浩正とはどんな人物ですか。</span><br /></span><br /><font color="#00ffff"><br /> 実は1986年にボストンコンサルティンググループ(BCG)のメンバー10人でCDIを設立するとき、出資をしてくれたのが江副さん時代のリクルートなんです。正確に言うと江副さんのリクルートと宮内義彦さんのオリックス、あとはBCGのお客さんだった東京ガスと大阪ガスが最初の大口出資者です。<br /><br /> 日本ではまだコンサルティング・ファームの認知度が高くない時代でしたが、若いコンサルタントたちが立ち上げた「紙と鉛筆の会社」を面白がって出資してくれたのが江副さんと宮内さんです。コンサルという質量のないビジネスに価値を認めたのがこの2人だった。これは、その後の日本を象徴する気もします。<br /><br /> 『起業の天才!』を読んで初めて知ったのですが、江副さんはジェフ・ベゾスが新卒で入社したベンチャー企業を買収していたので、リクルート事件がなかったらCDIも買収していたかもしれません。そうなっていたら、僕も江副さんの部下になって、ベゾスと同僚というわけです。<br /><br /><span style="font-size:large;"> <span style="color:#FFFFFF">――当時、リクルートという会社は冨山さんの目にどう映りましたか。</span></span><br /><br /> 年功序列が一切なく、仕事ができるかどうかですべてが決まる、日本では極めて珍しいタイプの会社でした。利益を出すことに対する社員の執念がすごかった。社員全員が、「情報」という原価のないサービスをいかに高く売るかを必死に考えていましたね。<br /><br /> <span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">――鉄鋼、自動車、電機などの製造業が全盛だったあのころ、情報を含め「サービスは無料」が常識でした。富士通がコンピューターのハードを売るために、システム構築を1円で請け負おうとした「1円入札」が話題になった時代です。「サービスしておきます」は「タダにします」と同義で、「サービス=付加価値」という概念はありませんでした。</span></span><br /><br /> 後に世界経済の牽引役は製造業から知識産業に移るわけですが、これはプレーする競技が野球からサッカーに変わるほどの大きな変化でした。野球が得意だった日本は、なかなかサッカーに適応できませんでした。東大の私の同級生が就職したのは典型的には新日鐵(現日本製鉄)や興銀(現みずほフィナンシャルグループ)で、私がBCGに就職すると言ったら「それは製薬会社か」と勘違いされたくらいです。<br /><br /> <span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">――冨山さんが東大を卒業した1985年は、リクルートが紙の情報誌ビジネスからコンピューター・ネットワークを使った情報産業へと大きく舵を切った年でもあります。東大生の冨山さんはリクルートをどう見ていましたか。<br /></span></span><br /> どんな組織にも1〜2%はアウト・ライヤー(統計学の「外れ値」=例外的な人間)がいて、当時で言えばそういう人たちが就職したのがリクルートか外資系のコンサル会社や投資銀行でした。同世代ではのちにマネックス証券を立ち上げる松本大さんがソロモン・ブラザーズに、藤原和博さんがリクルートに行き、私は外資系コンサルのBCGに行きました。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">日本にも、ようやく「起業する環境」が整ってきた</span><br /><br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;"> ――起業という選択肢はありませんでしたか。<br /></span></span><br /> それはなかったですねえ。当時はベンチャー・キャピタル(VC)もないし、銀行は学生なんかにお金を貸してくれません。私はVCに興味があったので、日本で唯一、それに近い仕事をしていたジャフコ(当時の社名は日本合同ファイナンス)の就職説明会に行ったんですが、「なんで東大生がウチに来るんだ?」と不思議がられました。<br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;"> ――CDIを立ち上げた後、冨山さんはスタンフォード大学に留学してMBA(経営学修士)を取得しています。そのころからアメリカでは学生の起業が盛んでしたね。<br /></span></span><br /> 当時も今も変わりません。最近、スタンフォード大の関係者に会って「僕の後輩たちはどんな進路を選んでいるのか」と尋ねたら「君がいたころと変わらないよ。一番優秀な連中は起業する。どんな会社を立ち上げるか決められない連中はモラトリアムでVCに行く。その次のグループが古くて大きな会社に入る」と教えてくれました。その古くて大きな会社というのがゼネラル・モーターズ(GM)やゼネラル・エレクトリック(GE)ではなくて、アップルとグーグルなんです。<br /><br /> 起業する環境という意味では、日本もようやく僕がスタンフォードにいたころのアメリカに追いついた感じですね。東大生も当たり前に起業するようになってきた。まだ領域はAI(人工知能)など一部の領域に限られていますけどね。<br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;"> ――それにしても、ここまでが長かった。高度経済成長の後、日本は「新しい会社」が生まれない国になってしまいました。鉄鋼、自動車、電機といった巨大製造業や大銀行がずっと経済界を寡占してきました。<br /></span></span><br /> 1980年代から日本の経済界は、病的なまでに新陳代謝を嫌うようになりました。製造業、大企業が「古き良きもの」と尊ばれ、情報産業、ベンチャーは「いかがわしいもの」と異常なまでに忌避された。これまで野球をやってきた人にとって、種目がサッカーに変わるのは得になりませんから、ある程度の抵抗勢力がいるのはわかりますが、日本のベンチャー嫌いは極端です。高度成長の成功体験が長すぎたのかもしれません。<br /><br /> そんな古臭い社会に正面から挑んだ最初のチャレンジャーが江副さんだったのではないでしょうか。エスタブリッシュメントから見れば、東大卒の身内が自分たちの秩序をひっくり返しに来るわけです。しかもやっていることは理に適っている。体制派からすれば、一番許せない「革命家」ですよ。<br /><br /> もし江副さんが失脚していなかったらリクルートがGAFAになっていたかもしれないし、リクルートではなくても日本からGAFAのような会社が生まれていた可能性がある。江副さんは不動産や金融事業で多額の借金を残しましたが、江副さんが去った後、リクルートはその借金を返してしまった。それができたのは、あの会社がGAFA並みの強烈なキャッシュ・フローを生み出し続けていたからです。<br /><br /> 僕は産業再生機構にいたとき、ダイエーの再建に関わり、ダイエーが大株主だったリクルートの財務を調べたことがあるんですが、それはそれは強烈な高収益体質の会社でした。高偏差値集団なのに年中文化祭のような熱狂があり、多様性があってフラットでオープンな組織。設備を持たず紙と鉛筆で驚くほどの収益を上げていて、「これは日本の宝だ」と思いました。<br /><br /> だからダイエー再建の資金を捻出するためにリクルート株を安易にどこか1社に売ることはしませんでした。手間はかかりましたが、商社やファンドや機関投資家に少しずつ買ってもらい、リクルートの独自性を残したのです。IPOのときなどに使うブックビルディング的な手法で価格を決めたのですが、実際、当初の想定よりはるかに高い価格で売れましたから、企業価値に対する世の中の評価軸はすでに変わりつつあったのでしょう。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">「20代なら起業は成長の機会、VCのお金は奨学金」<br /></span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;"> ――リクルート事件の後、日本に根付いた「起業家やベンチャーはいかがわしい」という社会通念がようやく薄れてきました。日本経済の屋台骨だった大企業の経営が揺らぎ始めたこともあり、若い人たちが起業を目指すようになりつつあります。起業を目指す人たちに、アドバイスをお願いします。<br /></span></span><br /> 昔と違って、今はまともなビジネス・プランを持っていけばベンチャー・キャピタル(VC)がお金を出してくれます。起業するにはいい時代になりました。<br /><br /> 20代なら起業は成長の機会、VCのお金は奨学金だと思って、思い切りやればいい。うまくいかなくても力がつきます。ただしお金を出してもらっておいて「西麻布でイエー!」はダメですよ。身になるのは、まじめにやったストイックな失敗だけです。日本のベンチャーはそういう部分で少し緩いところがある。シリコンバレーで起業する連中は、なんだかんだ言ってエリートだから、その辺はわきまえています。<br /><br /> 30代の後半を過ぎてから起業する場合は「お勉強」とも言っていられないので、相当考えてから踏み切ったほうがいい。大企業の中でしか通用しない特殊な能力を身につけて「俺ってすごい」と勘違いした相場観のない人が一番危ないです。大企業の看板を背負っているからすごいのか、外してもすごいのか。そこが肝心。起業するつもりなら大企業で管理職をやるより、中小、ベンチャーで経営職を経験したほうがいい。管理職と経営職は全然違うスキルですから。<br /><br /> 今いる会社で働き続けるつもりなら、現場のオペレーション・スキルを極めるか、経営を極めるか、2つに1つ。事業売却のときクビにならないのが、この2つです。スキルのない中間管理職が一番危ない。<br /><br /> 江副さんがやった経営はファクトとロジックで考えたら当たり前のことなんだけど、それができなくなって30年経ったのが今の日本の大企業。そんな会社に漫然と身を委ねているのは、とても危険なことだと思います。<br /></font> <br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF6600"><span style="font-size:x-large;">リクルートが「8兆円企業」へと成長できたワケ ~<br />経団連な大企業たちとは「決定的な差」があった…! <br />瀧本哲史氏特別インタビュー<br /></span></span><br /><br /><br /><span style="color:#FFFFFF">経営者としての江副浩正の天才性を早くから認めていた人がいる。<br /><br />京都大学で教鞭を執る一方で、ベンチャーに挑む若者を育てるエンジェル投資家として活躍し、『僕は君たちに武器を配りたい』『ミライの授業』などの著書で知られる瀧本哲史氏だ。<br /><br />2019年8月10日、瀧本氏は47歳の若さでこの世を去った。日本の未来を切り拓こうとした氏のメッセージは、伝説の講義録『2020年6月30日にまたここで会おう』という形で、幅広い世代に読み継がれている。<br /><br />私は『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートを作った男』を書くため、2018年5月9日、瀧本氏にインタビューをした。江副氏とはいかなる人物だったのか。どのような点において「天才」なのか。<br /><br />『起業の天才!』の完成を機に、インタビューの全文をここに掲載する。<br /><br />2012年6月30日、東京大学伊藤謝恩ホールで約300人の若者に向けて講義をする瀧本氏<br /></span><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">「経営とはなにか」を自問し続けた</span><br /><br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">――経済の専門家でエンジェル投資家でもある瀧本さんから見て、江副浩正とはどんな経営者ですか。<br /></span></span><br />瀧本氏 星新一のショートショートに『服を着たゾウ』という作品があります。江副浩正という人は、この物語に出てくるゾウにそっくりな人でした。<br /><br /><span style="color:#FFFF00">*筆者注 『服を着たゾウ』とはこんな物語である。<br />ある日、一人の男が動物園のゾウに催眠術をかける。<br />「お前はゾウではない。人間なのだ。人間の心を持ち、人間として考え、人間の言葉が話せる」<br />催眠術にかかったゾウは檻の鍵を開け街に出ます。洋服屋で背広を仕立て、芸能プロダクションへ行ってタレントになり、子供たちの人気者になります。やがて遊園地や、お菓子の会社、オモチャの会社の経営者としても大成功する。人に成功の秘訣を聞かれるとゾウはこう言います。<br />「わたしの心の奥に、おまえは人間だ、という声がひそんでいるのです。しかし、人間とはなにか、わたしにはよく分からなかった。そこで、本を読んで勉強をしたのです。人間とはどういうものか、人間ならなにをすべきか、などについてです。つねに学び、考え、その通りにやってきただけです。わたしが世の役に立っているとすれば、このためかもしれません。あなたがた、自分が人間であると考えたことがおありですか」(星新一『服を着たゾウ』より)</span><br /><br /><font color="#00ffff"><br />瀧本氏 大学を出てすぐに会社を興した江副さんは、ゾウが「人間とはなにか」が分からなかったのと同じで、「経営者とはなにか」がよくわからなかった。「自分は経営が分かっていない」という欠乏感の塊でした。経営者とはなにか、経営者なら何をすべきかをピーター・ドラッカーの本から懸命に学び、純粋にそれを実行したのです。<br /><br />それゆえ、リクルートは「ファクトとロジック」「財務諸表と経営戦略」の会社になりました。人の情緒に訴える「カリスマ経営」の対極に位置する、日本では珍しいタイプの会社です。「世界の情報をすべて整理する」という社是を掲げた米グーグルも、ロジックの会社です。その意味で、リクルートとグーグルは同じタイプと言えるかもしれません。<br /><br />「服を着たゾウ」が「人間とはなにか」を考えながら成長したように、江副さんも会社に危機が訪れるたびに「経営とはなにか」を自問して成長したのです。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">知られざる経営者としての「革新性」<br /></span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">――一度もサラリーマンを経験せず、いきなり起業した江副さんは、どうやって成長していったのでしょうか。<br /></span></span><br />瀧本氏 江副さんにとって第一次大戦は当時のリクルートの数倍の規模を持つダイヤモンド社が求人情報誌を立ち上げたとき。ようやくダイヤモンドをねじ伏せたところでオイルショックに遭遇して求人広告が減ります。それをカバーするために『住宅情報』を立ち上げたのですが、そこに読売新聞が『読売住宅案内』を創刊して攻めてきた。これが江副さんにとっての第二次大戦です。<br /><br />大きな敵が現れたとき、江副さんは年齢や性別にかかわらず「誰でもいいから結果を出せる人」を登用しました。小さなリクルートは、結果が出なければ死んでしまうからです。適材適所の人材起用で難局を乗り切ったのです。慌てた現場は「広告料を値下げしましょう」と提案しましたが、江副さんはそんな安直な方法を認めなかった。ギリギリまで追い込まれた時に「『住宅情報』のラックをコンビニエンスストアに並べる」など、斬新アイデアが生まれました。リクルートは危機のたびに大きく飛躍しました。<br /><br /><br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">――そうやって実戦の中で築き上げられた江副さんの経営とはどんなものだったのでしょうか。<br /></span></span><br />瀧本氏 江副さんの経営には「顕教」と「密教」がありました。顕教が「来るべき情報化社会の先頭に立つ」という超理想主義だとすれば、その情報を利用した株の空売(からう)りで「こすっからく儲ける」部分が密教です。さらに体育会系、文化祭的な勢いで競争相手を叩き潰す戦略性もありました。江副浩正というのは最後まで大人にならなかった多面性の人でした。<br /><br />江副さんの経営は常に目的合理的で「資本主義そのもの」でした。江副さんを筆頭に東大で心理学を学んだ人たちが作ったリクルートは、極めて科学的な会社であり、その後の日本のベンチャー企業の原型になりました。<br /><br />にもかかわらず、「リクルート事件」があったため、こうした経営者としての江副さんの革新性はあまり知られていません。今では、リクルートの若手社員も、江副さんがどんな人物だったか知りません。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">ダークサイドに堕ちてしまったワケ</span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">――リクルート事件はなぜ起きたのだと思いますか。<br /></span></span><br />瀧本氏 ダイヤモンド、読売との戦争に勝った江副さんは、日本のエスタブリッシュメントに喜んでもらうためにリクルートコスモスの未公開株を配ったのだと思います。「ほんのお土産でございます」という気持ちで。江副さんは大企業のそういう習慣を学んで徹底的にやった。だから相手の職務権限など関係なく、有力政治家全員に配りまくったのです。<br /><br />江副さんは、多少いかがわしい部分もあります。マイクロソフトのビル・ゲイツや、アップルのスティーブ・ジョブズも人物としては、かなりいかがわしい。そもそも起業家とは、いかがわしいものですから、江副さんが特別というわけではありません。<br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">――江副さんはどこで間違えたのでしょうか。</span></span><br /><br />瀧本氏 江副さんが「リクルート事件」のダークサイドに堕ちてしまったのは、当時の日本に洗練された投資家がいなかったからです。起業家はたいていの場合、最初は誰もが「暴れ馬」です。暴れ馬をちゃんとした競走馬に育てるには、優れた調教師が欠かせません。レースで勝つには騎手の力も必要です。アメリカで調教師や騎手の役目を果たしているのがエンジェル投資家です。<br /><br />エンジェル投資家は狂気に駆られた若者を御するため、グレイヘア(白髪の老人、成熟した大人)と呼ばれるシニアの経営者を取締役として送り込んだり、自分たちが経営に関与したりします。アップルのジョブズには創業期からマイク・マークラという経験豊富な投資家が付いていたし、グーグルの創業者であるセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジにはサン・マイクロシステムズやノベルで経営者として経験を積んだエリック・シュミットが付いていた。<br /><br />しかし残念ながら江副さんには助言者がいなかった。創業期には(自社媒体を立ち上げる時の資金を融通してくれた)芝信用金庫や(東大の先輩で資金繰りを手伝った)森ビルの森稔さんなど、支えてくれる人がいましたが、会社が大きくなるにつれてそういう人が周りにいなくなってしまった。<br /><br />「情報が人間を熱くする」というスローガンを掲げた江副さんはデータセンターを作ってクラウドコンピューティングをやろうとしていた。いささか早すぎた感はありますが、先見の明はあったのです。そんな江副さんがダークサイドに堕ちてしまったのは、彼を乗りこなす騎手、つまりまともなエンジェル投資家が日本にいなかったからです。その状況は今も変わっていません。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">不祥事が絶えない大企業に足りないもの</span><br /><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">――リクルートという会社をどう評価しますか。<br /></span></span><br />瀧本氏 リクルートが他のベンチャーと異なるのは、江副さんという強烈なキャラクターの創業者が去った後も、会社として成長し続けたところです。理論が好きな江副さんは、創業メンバーと一緒に、会社が成長し続ける仕組みを作りました。リクルートの社員は、江副浩正というカリスマではなく、江副さんが構築した思想体系を信奉していたから、江副さんがいなくなってもブレずに目的合理的な資本主義を貫くことができたのです。<br /><br /><br />リクルートという最高のロールモデルがありながら、日本にはリクルートに続く会社が出てきませんでした。いくつかは生まれていますが、成長のスピードが遅いし、スケールも小さい。日本の企業社会はいまだに、武士の名残で組織に忠誠を尽くす同調性の強いサラリーマンで構成されており、江副さんのような純粋な資本主義者は「異端」として排除される。<br /><br />大企業で粉飾決算などの不祥事が絶えない今、江副さんが生きていたら、保身に汲々とする日本の経営者にこう尋ねることでしょう。<br /><br />「経営者とはどういうものか、経営者なら何をすべきか。私は常に学び、考え、その通りにやってきました。あなたがた、自分が経営者であると考えたことがおありですか」<br /></font><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">リクルート事件がなければ江副浩正氏はグーグルを作ったか<br /></span></span><br /><br />日本の高度経済成長を牽引した「昭和の名経営者」と言えば、松下幸之助、本田宗一郎、小倉昌男などが思い浮かぶ。一方、彼らと肩を並べるほどの成功を収めながら、毀誉褒貶相半ばする人たちがいる。リクルート創業者の江副浩正氏もその1人だ。田原総一朗氏(ジャーナリスト)が語る。<br /><br /> * * *<br /> 新聞や雑誌を買うのは、政治・経済やスポーツ、芸能などのニュースや情報を読むためで、広告は求めてないのについてくる雑音のようなものでしかない。だが、彼は「広告こそニュースであり情報だ」と捉え、広告しか載っていない雑誌や本を作ってしまった。リクルートを創業した江副浩正による発想の転換である。<br /><br /> 江副は東京大学の新聞部出身。普通は編集部員を目指すのに、彼は営業部員になった。そこで新聞に就職活動用の会社説明会の告知広告を載せたところ、これが受けた。そのまま起業し成功を収めた江副は、日本で初めての“ベンチャー起業家”だった。江副はまた、「社員がすべて経営者である」という考え方で有能な社員を次々育てた。<br /><br /> しかし、旧来型の産業モデルから抜け出せない日本の財界は、リクルートを「隙間産業」と蔑み、江副を「虚業家」と呼んだ。<br /><br /> NTTの民営化で民間企業も通信事業に参入できるようになった際、江副は第二電電(第二種通信電気事業、後のKDDI)への参加を試みるが、稲盛和夫(京セラ創業者)にすげなく断わられた。江副はそのことに深く傷ついたという。<br /><br /> それをコンプレックスとした江副は、不動産事業(リクルートコスモス)にのめり込み、その未公開株を政財官の大物たちに譲渡していった。<br /><br /> これが贈賄とみなされたのが、1988年に発覚したリクルート事件だった。譲渡リストに閣僚らが名を連ねた竹下登内閣は退陣に追い込まれ、江副も贈賄容疑で逮捕された。リクルート会長の座もこのとき、追われた。<br /><br />しかし私はこれを、検察によって作られた冤罪事件だと考えている。当時、大手証券の会長は私に、「社会的信用のある人たちに公開前の株を持ってもらうのは、どの企業もやっている証券業界の常識ですよ」と言った。江副は、竹下退陣を狙った検察の思惑に巻き込まれたのだ。<br /><br />「無実です。私は無実だと確信しています」<br /><br /> 裁判中の1992年、江副は私のインタビューにこう答えたが、有罪判決を受け、2013年、失意のなか亡くなった。<br /><br /> 江副の不幸は、メディアに一切味方がいなかったことだ。ニュースや情報を作ってきたメディアは、それよりも広告に価値があるという江副の考え方に強烈な拒絶反応を示した。生前、彼を擁護したのは『正義の罠』でリクルート事件を冤罪だと書いた私だけだったはずである。<br /><br /> しかし彼の死後、彼を「最初のベンチャー起業家」として再評価する動きが生まれつつある。当然であろう。江副があのまま潰されずにいたら、彼はそれこそ「グーグル」を作っていたはずだ。江副の発想はそれほど飛び抜けていたし、彼がいなくなったからこそ、IT分野で日本は周回遅れになった。<br /><br /> 新しい発想を受け入れられない日本経済の不幸である。(談)<br /><br />※週刊ポスト2019年11月8・15日号  <a href="https://suadd.com/wp/blog/2620" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF6633&quot;&gt;江副二号&lt;/span&gt;"><span style="color:#FF6633">江副二号</span></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">空売りによるハゲタカ 投資家・江副浩正の錬金術</span></span><br /><a href="http://brog.keiten.net/?eid=805769" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;敬天新聞より転載"><span style="color:#FFFF00">敬天新聞より転載</a>  ( 影の側面--その① )<br /></span><br /><br />仕手筋未公開株背任事件 毎日新聞の政治部記者として、戦後政治を四十年間身近に見てきた政治ジャーナリスト・岩見孝夫氏の近著「平和日本はどこへ―政治編」でも、政界三大汚職事件の一つに挙げられているのが、造船汚職、ロッキード事件に並ぶリクルート事件だ。こうした点で誰が見ても、江副浩正が引き起こしたリクルート事件は空前絶後の大汚職事件なのである。<br /><br /> この三大汚職事件には共通した特質がある。法務省・検察庁の人脈は法務官僚派の「赤レンガ組」と、ノンキャリアの検事を中心とする「現場検事派」の二つの流れで、この三大汚職事件の摘発は何れも現場検事派の主導によるものだった。<br /><br /> 第二はそもそもこの三大汚職事件の告発者が政治権力とは埒外の、言わばアウトロー的な存在による告発が事件発覚の端緒になっている事だ。その告発に検察庁が乗って鋭意摘発した事件であり、この点、この三大汚職事件の摘発は今批判されている国策捜査ではない。だからこそ、本紙のような「明確な国体観」に立つ告発新聞は「必要善」なのだ。<br /><br /> それはともかく、最近の国策捜査批判に便乗してリクルート事件の首謀者・江副浩正を擁護し、田原総一朗が著した「正義の罠」は事実誤認の上で書かれた欺瞞本である。<br /><br /> その江副浩正が復権を狙って、次々と著作を発表している。「リクルートのDNA(角川書店)」に次いで「不動産は値下がりする(中央公論社)」がそれである。<br /><br /> 江副浩正が引き起こしたリクルート事件の摘発から既に二十年も経過しており、事件が風化しているから、あの事件は「冤罪だ」と評論家の田原総一朗が書いても、今更反論できるジャーナリストは皆無だろう。だからと言って、事件そのものを「黒を白と言いくるめる論法」はジャーナリストの邪道だ。<br /><br /> そのリクルート事件の中心人物である、江副浩正は「リクルートのDNAの中で同社出身の起業家が二十人も登場している事を例に挙げ、自分の事業感覚を受け継いだから多数のベンチャー起業家が生れたと自画自賛している。<br /><br /> 本当にリクルート事件を引き起こした当時の江副浩正の感覚はベンチャー起業家を多数排出させる程、斬新だったのだろうか。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">創造的起業家とは言い難いリクルート社の原点</span><br /><br /><br /> 「リクルートのDNA」を読むと、興味深い記述がある。「バブル期にノンバンクのファーストファイナンスや、不動産業のリクルートコスモスを急拡大した事や、コスモス株譲渡事件では世間に多大な迷惑をかけた」としつつ、当時「リクルートグループで1兆8000億円余の借入金を残し私はリクルートを去った」と述べている。<br /><br /> 一介の求人情報誌発行会社に過ぎないリクルート社が何故、身分不相応な1兆8000億円もの借り入れを行う必要があったのか、その目論見は何だったのかについて、江副浩正自身は何も語っていない。実はその巨額借り入れを行った無謀な経営感覚に江副浩正という企業家の全てと、空前絶後の贈収賄事件を引き起こす問題が隠されているのだ。<br /><br /> 東大在学中、江副の起業家への出発点となったのは、「東大新聞」の広告のコミッションセールスマンとなった事だが、東大卒後に江副はその仕事を元にして、後にリクルート社の母体となる求人情報誌発行会社を創業している。<br /><br /> 当時の江副は朝から晩まで東大の卒業者名簿を見ながら、片っ端から東大OBが経営者を務める企業に電話して接触する「コネを頼りにした起業家」で権威主義が垣間見られる事業開拓法であり、決して創造的な起業家ではなかった。<br /><br /> こうした苦しい旅立ちから事業を発足させている江副だけに、求人情報誌という情報サービス産業には絶えず不安感と虚業性を感じ続けていたのだろう。その結果、後に事業に実体性を持たせようとしたのか、不動産取得に狂奔し銀行から金を借りまくって、その総額が1兆8000億円まで膨らんだのだ。<br /><br /> バブル崩壊後の「住専騒動」が国会で取り上げられた際、コリンズビルでさえ総額6000億円しか借りていなかったのだから、それ以前にリクルートグループの借入総額が1兆8000億円という巨額だった事は常軌を逸していた。自らが創業した情報産業としてのリクルート社を一切信頼せず、ただひたすら安直に金になる不動産漁りに狂った江副浩正の経営感覚が浮き彫りになる。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">仕手筋の天井から売りをかけボロ儲け</span><br /><br /><br /> 田原総一朗が著した「正義の罠」に江副の本質を指摘する文言がある。「広告情報誌では百億円の利益を上げるのに二十年もかかる。不動産だと百億円の利益を上げるには、上手く行く時なら五百億円で勝った土地が明日に六百億円、或いは七百億円になってしまう。そんな事を体験して全然スピード感に魅せられたのだと思います」との発言だ。<br /><br /> この発言からも分る江副の経営感覚は「短期間に儲かるものなら何にでも飛びつく、浮利に狂った虚業家の姿」だ。<br /> 現実にカネ儲けに狂奔する江副の価値観は株式投資に見ると分り易い。経営危機に陥ったリッカーに関して、その決算書類を外部に流布させて倒産に追い込みつつ、空売りまでして金儲けに狂う「江副の錬金術」が垣間見られるからだ。兜町で「空売り仕手筋」とまで異名を奉られた江副による空売り株は他にも幾つかある。<br /><br /> 東京株式市場はバブル崩壊後「空白の十三年」を経験するが、その東京株式市場の低迷期の平成七年から八年にかけて個人投資家を大儲けさせた異彩高の株があった。兜町の符号で「マッチ」と呼ばれた兼松日産農林株だった。<br /><br /> 兼松日産農林株は平成七年三月では株価が四百円弱だったが、その年の七月から急騰し、十二月には何と三千四百円まで暴騰した。仕手筋「旧・誠備グループ」の加藤暠が買い本山だった。株式市場が低迷中だっただけに、個人投資家の多くがこの株にのめり込み、兼松日産農林株は平成八年五月には五千円台まで異常暴騰している。この時期に加藤暠は大証一部の関西銀行株も手掛けていた。この株も異常暴騰していた。<br /><br /> その東西二株式市場の二つの銘柄に空売り攻勢をかけて、大暴落させたのが江副浩正だった。何しろリクルート社の株式をダイエーに売却した事で数百億円もの現金を手にした人物が空売りをかけたのだから堪らない。この二銘柄は短期間に元の株価まで暴落してしまった。「江副が売りまくったから二銘柄とも潰された」とは、この時期、江副と取引があった三洋証券のJの話だ。<br /><br /> 株は買って儲けるだけが株ではない。時には急落している株の「下落のサヤ」で儲ける空売りも株式投資のテクニックで、空売りという呼び名の響きは悪いが、悪材料の流布などをしない限り法には触れない。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">リクルートの発展は社員の心機一転によるもの<br /></span><br /><br /> 今、世界の金融情勢を大混乱に陥れている米国で発生したサブプライムローン問題に関して、世界経済が危機に直面しているさ中、当の米国では、その「サブプライムローンで四千五百億円の利益をあげた(東京新聞平成十九年十二月十五日)」ハゲタカ証券、ゴールドマンサックスの空売り戦術が、ニューヨークのウォール街で「結果的に顧客が多額の損失を蒙ったとして同社の姿勢に強い疑問が示されている(東京新聞・同日)」程だ。たった一人が自己の利益のみを追求して多数の投資家に大損させた行為に対し、米国でも非難轟々なのだ。<br /><br /> この米国でサブプライムローンを空売りして巨額の利益を出したゴールドマンサックスこそ、日本のバブル崩壊の契機となった東京株式市場の大暴落を演出した元凶そのものである。結果、日本経済は「空白の十三年」を経験する未曾有の景気後退が始まったのだ。<br /><br /> 平成八年七月、空売り仕手筋の江副浩正に狙い撃ちされた兼松日産農林株と関西銀行株は大暴落し、同年九月三十日に兼松日産農林株は千二百円まで急落した。もっと悲劇的だったのは、関西銀行株である。連日ストップ安を繰り返して急落した。<br /><br /> その結果、この二銘柄を買っていた個人投資家が数万人も大損している。当時、大損した個人投資家の中には「江副を殺してやる」とピストルまで用意した人物もいたなどと物騒な話が兜町で流れた程だ。<br /><br /> この二銘柄を積極的に顧客に薦めていた日興証券系の東京証券だけでも数千人の顧客が数千万から億単位で大損したといわれ、結局、これで顧客の信用を失った東京証券は後に経営危機に陥り、東海マルマン証券との合併を余儀なくされた程だ。ここまで中小証券と個人投資家を泣かせた江副浩正によるハゲタカ錬金術は残忍だ。<br /><br /> リクルート社時代に不動産と株式投資という浮利に取り憑かれたハゲタカ江副浩正は「リクルートグループで総額1兆8000億円の借入金を残しリクルート社を去った(リクルートのDNA)」が、その同社が後の「住専騒動」に巻き込まれず経営が立ち直ったのは、残った社員が浮利を追う江副の錬金術を切り捨てて未来志向型の情報産業として「江副のDNAを捨てた」からではなかったのか。それを認めない江副浩正は事業家以前に社会人としての謙虚さが今でも足りない。このハゲタカ野郎めが…。<br /><br /><br /><br /><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">リッカーミシンを倒産させたリクルート創業者・江副浩正の錬金術<br /></span></span><span style="color:#FFFF00">敬天新聞より転載 ( 影の側面--その② )<br /></span><br /><br /> 前号で触れたが、東京地検特捜部が組織を挙げて「リクルート事件」に取り組む契機となった警視庁捜査四課による同社を巡る政官界人への贈賄事件捜査が突如打ち切りとなった昭和六十二年八月以降、警視庁捜査四課による捜査協力要請で、この空前絶後の贈収賄事件の輪郭を把握していた東京地検はその後、水面下で極秘裏に情報収集に動いていた形跡がある。これは単なる推測ではなく明確に根拠がある。<br /><br /> 当時、東京地検には犯罪被害者からの告訴や情報収集を受け付ける窓口に「直告係」があり、担当検事は、馬場良行賢司(=馬場義続・元検事総長の子息・故人)だった。その直告係の馬場検事に接触してリクルート社による政官界への贈賄の一部始終を伝えた週刊誌記者がいる。『週刊サンケイ』(その後廃刊)のI記者である。ちなみに、当時の『週刊サンケイ』編集長は、経営破綻し東京地検に摘発されたコスモ信組の広報部長を経て、後に武富士の広報部長に就任した人物だ。<br /><br /> それはともかく、馬場検事に接触した『週刊サンケイ』のI記者は馬場検事との会話で東京地検特捜部が「極秘にリクルート情報の収集を行っている」事実を察知し、Iは手にしていたリクルート社の贈賄関係資料を「是非譲って欲しい」と馬場検事に懇請され、それを提供している事実がある。この一点でも、当時の東京地検は警視庁捜査四課による捜査の打ち切り後、この事件の摘発を目指し、水面下で極秘に情報収集に動いていた根拠になる。<br /><br /> その際、前述のI貴社が東京地検に持ち込んだ「江副情報」の中に、ミシン製造のリッカー倒産劇」の舞台裏に関する情報があったことが特筆される。<br /><br /> この時代にミシン製造の中心企業だったリッカーは銀座六丁目に本社ビルを構えていたが、平木証三会長の意向で同社は陸上競技の選手養成に熱心な企業として知られていた。陸上競技選手の養成に力を入れ過ぎた結果か、当時のリッカーの経営状態は思わしくなかった。<br /><br /> この時期、昭和五十七年十一月に中曽根康弘政権が発足している。中曽根政権の政策的目玉は行革だ。その為に中曽根首相は東芝社長の土光敏夫を臨調会長に据え、電電公社、タバコの専売公社、国鉄の民営化に躍起だった。<br /> この中曽根政権による行革はレーガン米大統領の対日要請によって出発したものだ。レーガン政権末期のアメリカは四つの赤字に苦しんでいた。①財政赤字、②貿易赤字、③企業赤字、④個人赤字の四つの赤字で当時のレーガン大統領はアメリカ再生戦略として「ハイテクによる世界再支配戦略」を財政再建と世界再支配を目指す経済再生戦略の根幹に据えていた。<br /><br /> この時期、アメリカのハイテク産業による世界再支配戦略を脅かしていたのが、公営企業・電電公社を中心とする日電(=NEC)、日立製作所、富士通等の「電電ファミリー」だった。リクルート事件で一躍注目されたクレイ・リサーチ社のコンピュータ。中曽根政権の要請でリクルート社が購入した軍事・科学技術計算用の超高速のスパコンだったが、実は「電電ファミリー」の一社である富士通は昭和五十七年の段階でクレイ社のコンピュータを遥かに上回る性能を持つコンピュータの開発に成功しており、仮に電電公社が国営企業である限り、日本の公企業は外国製品を買えない。要するに外国製品を買う為に、超黒字会社だった電電公社が民営化されたのだ。<br /><br /> 同時に民営化され、NTTとなった日本電信電話会社のトップに送り込まれたのが土光敏夫・臨調会長の側近だった石川島播磨工業の社長である真藤恒であり、真藤の初仕事は徹底した「電電ファミリー潰し」であり、結果、以後の日本はコンピュータや半導体等の開発で国際競争力を失って行く。<br /><br /> 経団連本部に突撃した新右翼の野村秋介氏らは経団連主導で日本の国益がアメリカに蹂躙される事を見越し、それを阻止すべく当時の土光敏夫経団連会長と直談判する目的で「盾の会」元隊員らと共に経団連を占拠する突撃行動を起した。その後の日本は新右翼の野村秋介氏が憂いた通りの日本になった。<br /><br /> それはともかく、昭和五十七年に発足した中曽根康弘政権が「ロン・ヤス蜜月」を標榜して、レーガン政権の対日戦略を鵜呑みにする政策を具現化する事態を見越していた財界人が当時、少なくとも二人いた。一人はリクルートの江副浩正社長の師匠とされたウシオ電機の牛尾治朗社長と、東邦生命の太田清蔵社長の二人である。<br /><br /> 東邦生命の太田清蔵社長は、田中森一・元特捜検事が著してベストセラーとなった『反転』に登場する「イトマン事件」「石橋産業事件」の主役・許永中(=当時は藤田永中を名乗っていた)受刑者の育ての親だ。上京した許永中受刑者を株の仕手筋に乗っ取られつつあった山野愛子美容室が経営権を持っていた東証一部上場の「日本レース」の防衛策を行わせたからだ。結果、日本レースは優良物件だった京都・山科の時価二百億円もの土地等の含み資産を失い「鶏がらスープ」の様な会社になった。<br /><br /> とまれ、東邦生命の太田清蔵社長はこの時期、中曽根行革によって電電公社と国鉄が必ず民営化されるだろう事を見越して、その労組員に生命保険を売り込む狙いで、ノンバンクである「東朋企画」を設立し、電電公社や国鉄幹部のOBを同社で多数天下りさせていた。これが元になって、東邦生命とNTT労組が核となって発足した情報労連の癒着が始まり、本紙(第五十七・八十四号既報)が告発した東邦生命による情報労連の年金資金を巡る巨額損失事件に発展する。<br /><br /> そのノンバンクである「東朋企画」に経営危機に陥りつつあったリッカーが緊急融資の申し入れを行った。が、そのリッカーによる緊急融資の申し入れを断った「東朋企画」が代わりに紹介したのが、設立間もないリクルート社のノンバンクであるファーストファイナンスだった。<br /><br /> 緊急融資の申し入れに当ってリッカーは正確な決算書を同社に手渡している。当然の事だ。ところがその後、ファーストファイナンスのやったことは「錬金術師・江副浩正」の真骨頂を示す出来事であり、これがファーストファイナンスの初仕事だった。<br /><br /> リッカーの経営危機が予想外に深刻である事実を同社の決算書で確認した江副浩正は融資を断る一方で、リッカー株を「空売り」したのだ。それだけではない。江副錬金術を端的に指摘した(株転がしと)土地転がしによる利益収奪の「スピード感に魅せられた」(『正義の罠』九十六頁)との指摘の通り、江副浩正はリッカーの粉飾決算を示す決算書類を銀座仲間の『内外タイムス』社幹部に手渡し、同紙で「リッカー経営破綻」のニュースを報じる様に依頼した。<br /><br /> が、『内外タイムス』幹部も同じ銀座仲間のリッカーを潰す事には抵抗感があったらしく、その江副浩正から入手した決算書類を同紙の社外記者に手渡し、『内外タイムス』以外の媒体で記事を書くよう依頼した。<br /><br /> ちなみに『会社四季報』(昭和五十九年夏季号)ではリッカーの経営状態は「多難」とあり、再建策として銀座六丁目の本社は「一部貸しビル転用」(同四六八頁)とあるが、『内外タイムス』の社外記者がリッカーの経営悪化を他の週刊誌で書いた為に、リッカーは「経営行き詰まり(が表面化)、会社更生法申請」(会社四季報)に至った。当然、ミシン製造の名門企業リッカーの株式は整理ポストに入れられ、最終的に同社株は一円になった。経営破綻する直前のリッカーの株価は三〇〇円弱。江副浩正がリッカー株を幾らでどの位、空売りしたかは不明だ。<br /><br /> リッカーの決算書類を同紙の社外記者に手渡した『内外タイムス』のT記者は「ウチの幹部には江副と組み、リッカーの空売りで一億円も儲けたヤツがいる」と語っている点からすれば、リッカー株の空売りで江副浩正が儲けた金は相当巨額だったと推定される。<br /> これにより、陸上競技の優秀選手を多数輩出したスポーツの名門企業であるリッカーは消滅し、同社陸上競技部に所属していた多数の陸上競技選手は生活の糧を失う羽目に追い込まれた。<br /><br /> スペイン・バルセロナ五輪の女子マラソンで銀メダルに輝いた有森裕子選手は「ウチの前社長のお陰で先輩陸上競技の選手が多数路頭に迷う羽目に陥った。スイマセン、スイマセン」と思ってマラソンコースを走ったかどうかは知る由もない。<br /><br /> それにしても「リッカー倒産劇」に見る江副浩正の錬金術は明らかに企業家としても「ルール違反」だ。今なら正にインサイダー取引でアウトだ。この江副浩正の行為は当時の商法や証券取引法に抵触しないと言っても、融資を申し込んできた企業に対して融資を断るのは同義的に間違っていないが、その決算書を水面下で報道機関に手渡し、その会社の株を空売りする一方、その企業を経営破綻に追い込み、大儲けする等、「盗っ人猛々しい行為」という点で、明らかに「ルール違反」である。いや、犬畜生以下の卑劣で小汚い最低野郎だ。<br /><br /> この「リッカー倒産問題」を巡る江副浩正の背信行為について、正義感に燃える吉永検事の心証を著しく害したであろう事は想像に難くない。また、この「江副錬金術」は、健全であるべき証券市場を弄んで「浮利」を得たという点で、「リクルートのDNA」の〝遺伝子組み換え人間〟のようなライブドアの堀江貴文被告等、ベンチャー起業家に遺伝されて行く契機となったと言えなくもない。<br /><br /> 前置きが長くなったが、前述した東京地検による水面下でのリクルート社に対する情報収集活動は、この江副浩正による「リッカー倒産劇」を巡る舞台裏の情報は、東京地検の直告係・馬場良行検事に正確に伝えられていることは紛れもない事実だ。<br /><br /> その結果、東京地検特捜部を指揮する吉永裕介・東京地検検事正が当時のリクルート社と江副浩正をどう理解したかは、推して知るべきである。<br /><br /> これだけでも充分犯罪性は濃い。しかし江副の空売りの仕掛けはこんなものではなかった。昭和六十二年二月に全国八株式市場で一斉に株式を公開したNTTの株式に全国の主婦が飛びつき、大暴騰していたNTT株が一転、大暴落を始めた。このNTT株にも江副の「空売り謀略戦術」が潜んでいたのだ。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="https://muchacafe.hateblo.jp/entry/2018/06/17/112453" target="_blank" title="&lt;font size=7&gt;&lt;span style=&quot;color:#FF3333&quot;&gt;&lt;u&gt;事件の真相&lt;/u&gt;&lt;/span&gt;&lt;/font&gt;"><font size=7><span style="color:#FF3333"><u>事件の真相</u><br /></span></font></a><br /><br /><span style="color:#FFCC00"><span style="font-size:x-large;">ボタンの掛け違いから生じた事件</span><br /></span><br /> <span style="color:#FFFFFF">まるでドラマでもみているようだ。500ページにもおよぶ本書は、いっきに読みすすめられた。Amazon をはじめ、多くの書評には彼への称賛の言葉が並ぶ。稀代の経営者、偉大な起業家と。しかし、ひとつの成功体験がつぎの欲を生み、学生側に立つんだ、社会のためになるんだ、という大義のかげに隠れた欲の連鎖が、この悲劇を生んだともいえる。ボタンの掛け違いから生じたこの事件も、20数年ぶりに会う野村證券でリクルート担当だった廣田光次のひと言が、涙を誘う。<br /></span><br /><br /><span style="color:#00FF00">1980年代、情報サービス会社リクルートが、政界、官界、財界の要人に子会社のリクルートコスモスの未公開株を譲渡、贈賄罪に問われた事件。<br /><br /> 1985年から1986年にかけて自由民主党の有力者や野党国会議員のほか、労働省や文部省の高官、財界の大物などに対し、本人あるいは秘書名義などでリクルートコスモスの未公開株を譲渡し、店頭公開後に大きな売却益を上げさせた。<br /></span><br /> 1988年夏、神奈川県川崎市の助役がリクルートコスモス株の譲渡を受けていたと報道されたことを発端に、事件が中央政界に波及した。その過程でリクルートが政治家に多額の献金を行っていたことや、政治家主催パーティ券を大量に購入していたことが判明、国民の政治不信が一気に高まった。<br /><br /> その責任をとり、1989年6月に竹下登首相が辞職した。リクルート会長の江副浩正をはじめ贈賄側4人、収賄側8人の計12人が起訴され、全員に有罪判決がくだされた。<br /><br /><span style="font-size:x-large;">江副浩正の最期</span><br /><br /> 本書冒頭は、江副浩正の死とその死体検案書からはじまる。88年、リクルート事件で江副は会長職を退任する。その3年後にはリクルート株を売却、完全にリクルートを離れた。昭和の最後の日まで戦後の日本を駆け抜けた起業家は、静かに表舞台を降りた。<br /><br /> 2013年1月30日、江副浩正は運転手に東京駅の八重洲口まで送ってもらうと、東北新幹線の改札に向かった。最近ではめっきり歩幅が狭くなり、歩行もおぼつかない。そしてはやぶさ号は盛岡駅に滑り込んだ。江副の乗ったタクシーは凍りついた高速道路の闇を、彼が開発を手掛けた安比高原に向かって進む。この日も思い切りロング滑降に挑もうとしていた。江副のスキーはプロ級の腕前だった。<br /><br />「また来週、それでは」たった1泊の旅だった。16時24分、やまびこ48号は東京駅のホームに滑り込んだ。酔ったのだろうか、網棚にボストンバッグを置き忘れたことに江副は気が付かない。列車からホームに降りるとき、足がもつれた。<br /><br />ホームから改札口に向かって歩き始める。一歩を踏み出す。だが、体はそれに逆らうように、そのまま倒れた。ホームに後頭部がたたきつけられる。16時28分、脳骨が割れる音が鈍く響いた。駅係員があわてて駆け寄ってくる。だが、そのときにはすでに、江副に意識はなかった。<br /><br /> 病院に運び込まれて、そのまま眠り続けた江副浩正は、2013年2月8日、15時20分、息を引きとった。享年76歳だった。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">情報誌の先駆け</span><br /><br /> 60年、江副は東大卒業と同時に大学新聞広告社を興す。その2年後にはわが国最初の情報誌となる「企業への招待」を創刊した。続けて中途採用者向けに「週刊就職情報」、女性向けに「とらばーゆ」を刊行。その後は進学、住宅、旅行、車、結婚など、様々な分野で情報誌を出し、いずれも成功させた。<br /><br /> 高校・大学の同級生に政治家が何人かいて、彼らが政治資金集めに汲々とする姿を江副は早くから見てきた。政(まつりごと)に集中してもらうためにと、これはと思う政治家には熱心に政治献金をしていた。<br /><br />「献金は、リクルートのためにしているわけではない。日本のために働いてもらいたいと思って個人的にしているものだ」<br /> 江副は政治好きだった。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">株式上場をしようと思う</span><br /><br /> 野村證券の第二事業法人部の廣田光次が江副のもとに耳寄りな情報をもたらす。「今度、店頭登録(後ジャスダック、現廃止)の公募増資規制が緩和されて、2百人の株主がそろえば 2年の実績審査を経て株式公開が可能になります。規制の厳しい1部や2部市場に比べて規制の少ない非常に自由な市場ですので、江副さんの感性にも合うはずです」。これまで所轄官庁の審査や規制に縛られず事業を展開してきた江副はいち早く反応する。『株式上場をしようと思う。土地の仕入れ資金を広く市場に求めるのです」<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">野村には頼まない</span><br /><br /> 江副は、日本橋のたもとの野村證券本社ビルの前に立った。「大学新聞広告社を起こして20年余、歯を食いしばってきたかいがあった」<br /><br /> 横に座る引受審査部の取締役に社長の田淵は顔を向けると、大きな声で言った。「すぐに検討するように」<br /> しかし、田淵がすぐに検討せよと命じたにもかかわらず、一向に返事はなかった。江副はいらついた。この話を持ち込んだ事業法人部の廣田に何度も問い合わせた。しかし、引受審査部の情報が一切入らない彼らには、江副への返答は一つしかない。「いましばらくお待ちを」。それが何度か繰り返された。<br /><br />「ならばもういい。野村には頼まない」<br /><br /> 江副は大和証券に向かった。会長の千野宣時、社長の土井定包ら首脳陣が、江副を笑顔で迎え入れた。<br />「私どもで主幹事を務めさせていただきます。早めに2百人の株主を確保してください。おつきあいのある人、お知り合い、社会的に信用のある人々に公開前の株を持ってもらうのは、どこの企業もやっていますし、証券業界では常識です」<br /><br /> 軽快に答える千野に対して、重ねて江副は問うた。<br />「政治家の方に持っていただくのはどうでしょう」<br />「問題ありません」<br /><br />「不思議なもので、上場が近づくと創業時の苦しいときを思い出すのでしょうか、誰もがお世話になった方々に株を渡したくなるもののようです。証券業界の内規では、上場1年前からの株譲渡は禁じられていますので、お渡しになるならお早めにお願いします」。両首脳の笑顔に送られ、江副は満足して大和証券を後にした。その後、江副はことあるごとに、こう言って表情を硬くした。<br />「野村に断られた。いまに臍をかむのは野村だ」<br /><br /> 登録準備2年間の観察期間が終え、コスモスは86年10月店頭登録を迎えた。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">売り上げ1千億円達成</span><br /><br /> 1983年10月12日、東京地裁はロッキード裁判丸紅ルートで田中角栄元首相に対して懲役4年、追徴金5億円の実刑判決を言い渡した。<br /> その年の12月、リクルートは初めて売り上げ1千億円を達成した。そして次は「これだ。リクルート1兆円の事業基盤はニューメディアだ」。早速、IBM出身でコンピュータに詳しい位田尚隆を室長としたニューメディア室を立ち上げる。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">マスコミの江副たたき</span><br /><br /> 江副は押しも押されもされぬ若手ナンバーワン経営者として躍り出ていた。だが、リクルートが大きく成長し、経済界で江副に対する声望が高まるのと反比例するように、好意的だった一部マスコミが江副たたきに転じ始めた。<br /><br />「売り上げが1,500億円、急成長江副リクルート商法に騙されるな」<br />「女連れ新財界人たちの沖縄旅行、リクルート、ノエビア両社長 ... 」<br />「日経ビジネス」に金融界で噂されるリクルートの借入金の多さを報じられ、担保は成長力しかなく、成長が止まればリクルートの経営は危うくなると警鐘を鳴らした。<br /><br /> 不動産やノンバンク事業に傾斜し、ニューメディア事業で疾走する江副のなりふり構わないワンマンぶりに対して、社内ではひそかにこう言い交され始めていた。「江副2号」と。敬愛の念を込めて「江副さん」と言っていた社員たちが、絶対君主のようにふるまう江副にとまどい、その変容ぶりを嘆くかのようにそう呼んだのである。「住宅情報」を開発したころの江副が「江副1号」だとすると、いまの江副は「江副2号」だというわけだ。企業というものは、繁栄の最中に崩壊の芽をはらむものなのか。 <br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">疑惑報道</span><br /><br /> 「『リクルート』川崎市誘致時、助役が関連株取得、公開で売却益1億円 資金も子会社の融資 川崎市が計画した『かわさきテクノピア地区』へリクルートの進出が決まった時期に」。「いかにも江副さんだな、地方の公務員にも渡していたか」<br /><br /> 江副は無類の贈りもの好きだった。リクルートに「政治部長」との異名をとる元教科書出版会社の営業経験者が入ってきてから、さらに様相が変わってきた。接待営業に慣れたその男の指図で、リクルートの歳暮・中元時の贈り先は顧客だけでなく政官界にまで広がり、贈答物は年々派手になっていった。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">次々と暴かれる株ばらまき</span><br /><br /> 7月に入り、新聞各社は未公開株の譲渡先として渡辺美智雄自民党政調会長、加藤六月前農水大臣、加藤紘一元防衛大臣、塚本三郎民社党委員長、中曽根康弘前首相、安倍晋太郎自民党幹事長、宮澤喜一大蔵大臣と、要職に就く政治家の名前を次々に暴いていった。<br /><br /> そのほとんどが、コスモス株店頭登録当日か翌日に株を売却。3千万から5千万円、多い政治家は1億円を超える売却益を手にしていた。庶民には増税を迫る一方で、政治家たちは、一般人にはまず手に入らない未公開株で巨額の金を手にする。その事実が白日の下にさらされ、庶民の怒りに火がついた。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">自宅に銃弾撃ち込まれる</span><br /><br /> 江副はリクルートの会長職を辞した。眠れず、食欲もなく、汗だけが限りなく流れる日々に、江副の心身は急激に疲弊していく。7月26日、毎年人間ドックを受診してきた半蔵門病院に、倒れるように担ぎ込まれた。<br /><br /> 8月10日南麻布の自宅に銃弾が撃ち込まれた。意味不明の犯行声明が通信社に届く。<br />「コスモスは反日朝日に金をだして反日活動をした。赤報隊一同」<br /><br /><span style="font-size:x-large;">社内の一斉捜査</span><br /><br /> 10月20日、東京地検は松原コスモス社長を贈賄容疑で逮捕した。それを受けてコスモス、リクルート社内を一斉捜査、大量の書類を証拠物件として持ち帰った。<br /><br /> 多くの人が江副と疎遠になっていくなか、立っていられないほどに消耗し自死の誘惑に耐えている。<br /> 89年1月7日、昭和天皇崩御。一つの時代が終わった。<br /> 89年2月13日、江副は逮捕を告げられた。小菅拘置所に向かう車に乗せられた。<br /><br /> 丸裸にされると、10人ばかりの看守が見守るなかを江副は歩かされた。真ん中に立つ看守の所に行きつくと、男は四つん這いになれと命じた。言われるままに伏すと同時に、江副の肛門にガラス棒が突き入れられ、看守はその棒をぐりぐりと前後にかき回した。苦痛が走る。屈辱感のなかで、涙を流す。そのあとから悔しさが追いかけてきた。<br />「126番立て」<br /> 自分はものではない。頼む、名前で呼んでくれ。いや、おまえでもいい。番号で呼ばれるのは、ごめんだ。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">13年に及ぶ長き私戦</span><br /><br /> 逮捕から、113日目の6月6日、江副は、NTT、労働省、文部省、政界4ルートの供述書のすべてに署名して保釈金2億円を払い、大勢のカメラマンが取り囲むなか小菅拘置所を出た。その後、江副は13年3カ月におよぶ私戦を戦い続けた。2001年12月20日、318回続いた公判審はようやく終わった。2003年3月4日、ようやく判決の日を迎えた。<br />「被告人を懲役3年に処する。この裁判の確定した日から5年間の執行を猶予する」<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">気になっていた人物</span><br /><br /> 江副の逮捕から17年。マスコミ報道があおり検察を動かす劇場型事件の図式は、一向に変わらない。通産官僚出身の投資会社社長、村上世彰とともに逮捕され、堀江貴文は車に乗り込む。その映像を、かつての自分を見るような既視感にとらわれながら、江副は見つめ続けた。<br /><br /> 江副には長い間気になっている人物がいた。野村證券の事業法人部でリクルート担当だった廣田光次だ。冷徹に市場を読む力と、新しいビジネスの萌芽を見つけだす才能に長けていた。店頭登録制度の規制緩和がコスモスにとって有利なのではないかと、最初に知らせてくれたのが廣田だった。主幹会社を野村に断られたため、その後、つきあいは疎くなってしまったが、できる男だ。調べてみると、野村證券を辞した廣田は外資系証券会社に転じていた。<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">江副の勘違い</span><br /><br /> 江副は廣田に店頭登録を断られたことについて言った。<br />「コスモスの店頭登録を野村に断られたことですよ。結果、私は大和証券に主幹事会社をお願いし、そして事件を起こしてしまった」<br /> 江副の言葉を聞くなり、廣田が一気に話しだした。<br /><br />「江副さん、いつかお話ししたいと思っていました。あのコスモス上場はあのとき田淵節也がお約束した通り、野村で主幹事会社をお受けする体制が整っておりました。ただ引受審査部の審査が慎重で結論が長引いておりました。私があとで審査部から聞いたところでは、コスモス社内の経理体制を私どもの基準に変更できれば、あと少しで店頭登録できるところまで来ていたそうです。それを... 」<br /> 廣田はそこで言葉を切った。江副は初めて廣田から聞く野村の内部事情に驚きながら、廣田の言葉を受けとった。<br /><br />「それを私が、野村に断られたと勘違いしたと言うのだね」<br />「そして、私は自分から大和証券に駆け込んだと。本当かね廣田さん」<br />「ええ、あれだけ話題になったコスモスさんの店頭登録でした。私どもは主幹事会社を逃してじだんだを踏みました。だからあのとき野村にコスモスさんを断る気など毛頭ありませんでした」<br /><br /> 廣田の話を聞きながら、江副はか細い声でたずねた。<br />「もう一度聞きますよ。野村に、断られた、の、で、は、ないと」<br />「もちろんですとも。それが証拠に、役員の鈴木と私が、偶然、同時に大阪転勤になりました。社内ではコスモスを落とした左遷人事だと噂されていました。入院なさっていたのでごあいさつもままならず、失礼してしまいましたが」<br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">身体を張ってでも止めていた</span><br /><br /> 立っていられないくらいに憔悴した江副の口から、とぎれとぎれに言葉が漏れる。<br />「もし、もしもだよ、もし、野村に、主幹事の、会社を、その主幹事を、お願いしていたら、廣田さん。どうなっていました?」<br /> 廣田は江副を支えるようにして、手を取ると、きつく握りしめながら言った。<br /><br />「私がコスモスさんを担当していれば、どんなに江副さんがお望みになっても、政治家、官僚への株式譲渡は必ず止めていました。確かにあの当時、世間では未公開株の譲渡は誰もがやっていたことかもしれません。ただ私ども野村證券では、政治家、官僚への譲渡は、どなたがお客様であろうとも認めてまいりませんでした。私は体を張ってでも止めていたはずです」<br /><br /> 初めて告白する廣田の目に涙があった。<br />「それが悔しい。いかにも悔しいです」<br />「そうか、そうだったのか」<br /><br /> 江副の手を持ち、左右に強く揺さぶり続ける廣田に身を任せながら、江副はうめくように声をあげた。野村に断られた悔しさで動かなければ、リクルート事件は起こらなかったのか。ましてその後の長い裁判生活もなかったというのか。江副のなかで何かが音を立てて崩れていった。<br /><br /><span style="color:#FF6633"><同書より抜粋></span><a href="https://booklive.jp/bviewer/?cid=488590_001&amp;rurl=https%3A%2F%2Fbooklive.jp%2Fproduct%2Findex%2Ftitle_id%2F488590%2Fvol_no%2F001" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF3300&quot;&gt;試し読み&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFcc33">試し読み<br /></span></a><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E6%B1%9F%E5%89%AF%E6%B5%A9%E6%AD%A3-%E9%A6%AC%E5%A0%B4-%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%88/dp/4822258688/ref=sr_1_2?dchild=1&amp;hvadid=386574020546&amp;hvdev=c&amp;jp-ad-ap=0&amp;keywords=%E6%B1%9F%E5%89%AF%E6%B5%A9%E6%AD%A3&amp;qid=1613800954&amp;sr=8-2" target="_blank" title="&lt;img src=&quot;https://blog-imgs-146.fc2.com/r/o/m/romigo/ezoey.jpg&quot;&gt; "><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/ezoey.jpg"> </a><br /><br /><a href="https://www.forbes.com/billionaires/" target="_blank" title="&lt;img src=&quot;https://blog-imgs-146.fc2.com/r/o/m/romigo/ezoe.jpg&quot;&gt;"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/ezoe.jpg"></a><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF9900">Amazon創業者ジェフ・ベゾス氏が世界一の大金持ち</span></span><br /><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:large;">Bezos Reclaims Title of World’s Richest After Musk Slips<br /></span></span><br /><br /> 世界富豪ランキングで、米テスラを率いるイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の首位の座は短命に終わった。<br /><br />テスラ株は16日に2.4%下落。これによって、マスク氏の資産は46億ドル(約4900億円)目減りし、ブルームバーグ・ビリオネア指数に基づく富豪ランキングで1位から後退した。<br /><br />先月まで3年余り首位を維持していた米アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏は、トップに返り咲いた。同氏の純資産は1912億ドルと、マスク氏を9億5500万ドル上回った。<br /><br />マスク氏は約6週間にわたり世界一の富豪の座についていた。イーロン・マスク氏が世界一の富豪に、テスラ株続伸でベゾス氏抜く<br /><br />原題:Bezos Reclaims Title of World’s Richest After Musk Slips (抜粋)<br /><br />(c)2021 Bloomberg L.P.<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF3399"><span style="font-size:x-large;"><u>記憶に残る彼から得た教訓</u></span></span><br /><br />①窮すれば変ず、変ずれば通ず、通ずれば久しからんや<br />窮則変、変則通、通則久(易経) だから、先ずRisk Takeせよ<br />②一隅を照らせ、人の良いところを見て誉めよ<br />③鶏口となるも牛後となるなかれ<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">(人の真似をした事業はするなという警告)</span></span><br />④人は感動の為に生きている<br />⑤現状のシステムを変革するところに商機がある<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">(ex.ネットで本を売る等)</span></span><br />⑥自ら機会を求め、機会によって自らを変えよ<span style="font-size:x-small;"><span style="color:#00FF00">(①と同じ意味になるように作られた社是)</span></span><br />⑦するなら超高額の借金を、返済できない時には社会問題になる。不動産投資で借りた金を本業に回しても問題ない、金には色が付いていない<br />⑧規格化された物を積み上げる方が、大きく高い建物が作れる、会社も然り<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">(個性ある石を積むのは限界があるとする説)</span></span><br />⑨その事業で、社員は成長できるか、社会に受け入れられるか、利益はあるか を問え<br />⑩やるなら誰もしていないことをせよ<br /><br /><br /><br /><center><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-55.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;UP&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00">UP</span></a><br /><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-9.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FF00&quot;&gt;Back&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FF00">Back</span></a></center><br /><br /></div></div><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><br /><br /><br /><br /><noembed><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script> </div> </article> <!-- / article --> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/55/clap" id="fc2button-clap-55" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-55").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/55/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <!-- / read_more --> <div class="entry_footer cf"> <ul class="entry_comment cf"> <li>コメント : <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-55.html#comment-top" class="comment" title="コメントの投稿">0</a></li> </ul> <ul class="entry_category cf"> <li>カテゴリ : <a href="/blog-category-0.html" class="category" title="このカテゴリ一覧を見る">未分類</a></li> </ul> </div> <!-- / entry_footer --><article> <div class="entry"> <p class="entry_date">2020/05/27</p> <h2> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-54.html">Romigo Post </a> </h2> <body background="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/earthrise.jpg"><br /><br /><hr width=500 ></hr><br /><table width=440><font color="#ff00ff"size=3 face="MS P明朝" ><br /><center><font size=2 color="#ffff66">これは、Romigoの諸君からメール送信されてきたものを、<br />そのまま掲載したものです。</font><br /><strong>ろみーご ぽすと</strong></strong></font><br /> <img class="purun" src="https://livedoor.blogimg.jp/romigo_dayo/imgs/b/8/b8aa2805.gif" ><br /></table></center><br /><hr width=500 ></hr><br /><div style="margin-left: 200px; margin-right:200px;"><br /><font size="4" color="#00ffff" face="MS P明朝"><br /><center><div style="line-height:80%"><span style="color:#00ff00"><span style="font-size:x-small;">パスワードを入れてclickすると、Postが開き下の記事が読めます。<br />パスワードとなる四つの数字とは、我々にとって、<br />記念となる年号のことです。<br /></span></span></div><br /><form action="" name="passform"><input type="text" name="t" size="8" istyle="3"><input type="submit" value="click" onclick="if(document.passform.t.value=='1963')location.href='http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html';else alert('パスワードが違います');return false"></form></center><br /><center><br />第一話 意義と目的<br /><br />第二話 参考事例<br /><br />第三話 展示場構想<br /><br /><font color="#00ffff">第四話 Track<br /><br />第五話 Rugby2<br /><br />第六話 マルセルの小屋<br /><br />第七話 孫と一緒 手作り味噌<br /><br />第八話  釘を打つための絵画<br /><br />第九話 鶴見川土堤の桜<br /><br />第十話 五穴連繋<br /><br />第十一話 南紀浦々<br /><br />第十二話 風神雷神図<br /><br />第十三話 玄武の亀<br /><br />第十四話 Video Report<br /><br />第十五話 「轂」<br /><br />第十六話 「屋根」<br /><br />第十七話 「ウルトラマリン-1」<br /><br />第十八話 「ウルトラマリン-2」<br /><br />第十九話 《眼と精神》<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />第二十話 続《眼と精神》<br /><br />第二十一話 旧意匠の行方<br /><br />第二十二話 竹田氏への返信<br /><br />第二十三話 プールの光景<br /><br />第二十四話 プールサイドの椅子<br /><br />第二十五話 肘掛椅子に座る<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><iframe width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/9co96nkM5to" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="764" height="430" src="https://www.youtube.com/embed/kamcx1YklnA" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="853" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/ifSfBRM2oE0" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="853" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/l66cEJyD5tg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="640" height="360" src="https://www.youtube.com/embed/KvEpTm54SgA" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="823" height="463" src="https://www.youtube.com/embed/GxT1kAiMCJw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="823" height="463" src="https://www.youtube.com/embed/DvQHBfEfAps" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="850" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/CkiSbfRKqvE" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="766" height="431" src="https://www.youtube.com/embed/JdRNrbkERY0" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="764" height="430" src="https://www.youtube.com/embed/acg2Hqk8kOY" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><iframe width="853" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/uj3wJdpJnUQ" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /></font></center><br /><br /><br /><noembed><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script><br /> </div> </article> <!-- / article --> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/54/clap" id="fc2button-clap-54" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-54").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/54/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <!-- / read_more --> <div class="entry_footer cf"> <ul class="entry_comment cf"> <li>コメント : <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-54.html#comment-top" class="comment" title="コメントの投稿">0</a></li> </ul> <ul class="entry_category cf"> <li>カテゴリ : <a href="/blog-category-0.html" class="category" title="このカテゴリ一覧を見る">未分類</a></li> </ul> </div> <!-- / entry_footer --><article> <div class="entry"> <p class="entry_date">2020/03/31</p> <h2> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"> Romigo Post 2020 </a> </h2> <!--body bgcolor="#191970"---><br /><body background="https://blog-imgs-92-origin.fc2.com/s/h/o/shortstoryofdan/img008ffffffffffff.jpg"><br /><center><font size=1 color="#00ffff" >Click name to each menber's work page.</font></center><br /><center><div style="line-height:110%"><font size=6 color=#00ff7f face="osaka"><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-19.html" target="_blank" title="Mr.Akiyama."><font color=#00ff7f>Mr.Akiyama.</a></font><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-18.html" target="_blank" title="Mr.Asaoka."><font color="#6a5acd">Mr.Asaoka.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-17.html"target="_blank" title="Mr.Arakawa."><font color=#00ff7f>Mr.Arakawa.</a></font> </a><font color="#6a5acd">Mrs.Ikemura.</font><br /><font color="#00ffff">Mr.Ichizaki.</font><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-22.html"target="_blank" title="Mrs.Inomata."><font color="#ff88ff">Mrs.Inomata.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-16.html"target="_blank" title="Mr.kawakami."><font color=#00ff7f>Mr.Kawakami.</font></a><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-15.html"target="_blank" title="Mrs.kawakami."><font color=#6a5acd>Mrs.Kawakami.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-14.html"target="_blank" title="Mr.kawasaki."><font color=#00ff7f>Mr.Kawasaki.</font></a><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-13.html"target="_blank" title="Mr.Shimshara"><font color=#00ff7f>Mr.Shimahara.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-12.html"target="_blank" title="Mrs.Takatani"><font color="#ff88ff">Mrs.Takatani.</font></a><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-11.html"target="_blank" title="Mr.Takeda"><font color=#00ff7f>Mr.Takeda.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-10.html"target="_blank" title="Mr.Tabuchi"><font color=#00ff7f>Mr.Tabuchi.</font></a> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-9.html"target="_blank" title="Mr.Tsubota"><font color=#00ff7f>Mr.Tsubota.</font></a><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-8.html"target="_blank" title="Mr.Nakagawaji"><font color=#00ff7f>Mr.Nakagawaji.</font><a><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-7.html"target="_blank" title="Mrs.Nakagawaji"><font color="#ff88ff">Mrs.Nakagawaji.</font></a><br /><font color="#00ffff">Mr.Naka.Mr.Nakatsu.</font><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-6.html"target="_blank" title="Mr.Nishino"><font color=#00ff7f>Mr.Nishino.</font></a><br /> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-5.html"target="_blank" title="Mrs.Habu"><font color="#ff88ff">Mrs.Habu.</font></a><font color="#00ffff">Mr.Fujii.Mr.Mizuishi.</font><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-4.html"target="_blank" title="Mr.Miyashita"><font color="#6a5acd">Mr.Miyashita.</font></a><font color="#6a5acd">Mrs.Yasui.</font><br /> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-3.html"target="_blank" title="Mr.Yoshizumi"><font color=#00ff7f>Mr.Yoshizumi.</font></a> <font color="#00ffff">Mr.Yotsumoto.</font><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-2.html"target="_blank" title="Editor's Memo"><font color="#ff8c00">Editor's memo</font></a><br><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-1.html"target="_blank" title="Romigo"><font color="#00ff7f">Romigo<br>Forest<br> World</font></a></font></center></div><center><font size=1 color="#00ffff" >Click Romigo to Main page.</font></center><center><A href="http://romigo.blog.jp/"target="_blank"><font color="#00ffff"size=1>文字化けが起きて、判読不能の場合は、ここのSub-siteからどうぞ</font></A></center></font></font></div><br /><br /><center><MARQUEE scrollAmount=18 behavior=alternate width=800><FONT face=courier size=4><FONT color=#ff00ff size=4>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#00ff99>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT> </FONT><FONT face=courier size=4><FONT color=#ff00ff size=4>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#00ff99>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT> </FONT></MARQUEE><br /></center><br /><!--https://blog-imgs-140.fc2.com/r/o/m/romigo/postanime2.gif---><br /><center><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-54.html" target="_blank" title="&lt;img src=&quot;https://livedoor.blogimg.jp/romigo_dayo/imgs/b/8/b8aa2805.gif&quot;&gt;"><img loading="lazy" class="btnAnime03-animate alignnone" src="https://livedoor.blogimg.jp/romigo_dayo/imgs/b/8/b8aa2805.gif"></a><br /><font size=2 color="#00ff00"face="MS P明朝"><strong>2020年4月1日(喜寿の年)開場。常時開いていますので日常の様子<br />や感想を田楽宛送信して下さい。当日中にそのまま掲載されます。<br />ここは、FC2の画面をHtmlで加工したOriginal構成となっております。</strong></strong></font></center><br /><br /><center><MARQUEE scrollAmount=18 behavior=alternate width=800><FONT face=courier size=4><FONT color=#ff00ff size=4>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#00ff99>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT> </FONT><FONT face=courier size=4><FONT color=#ff00ff size=4>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#00ff99>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ccff00>★</FONT><FONT color=#ffff00>★</FONT><FONT color=#ff6600>★</FONT><FONT color=#990099>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#0066ff>★</FONT><FONT color=#00ff33>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT><FONT color=#ff00ff>★</FONT><FONT color=#00ffff>★</FONT><FONT color=#00ff66>★</FONT><FONT color=#ffcc00>★</FONT> </FONT></MARQUEE><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/Apollo.jpg"width=400 height=400><br /><span style="font-size:x-small;"><span style="color:#00FF00">米国ニクソン大統領の時、宇宙船アポロ11号から、ニール・アームストロング船長と<br />バズ・オルドリン月着陸船イーグル操縦士の2名のアメリカ人 宇宙飛行士が月面に降り立ちまし た。<br />1969年7月20日(日本時間21日)、今から51年前のことです。<br /></span></span></center><br /><font size="4" color="#ffffff" face="MS P明朝"><br /><div style="margin-left:40px; margin-right:40px;"><br /><center><div style="line-height:170%"><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/si5-hosi852a.gif"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/indexanime2.gif"width=100 width=20><font color="#000000">●●</font> 1 <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#a"target="_blank"><span style="color:#FF0000">●</span><span style="color:#FFFF00">意義と目的</span></a>   2<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#b"target="_blank"><span style="color:#0033FF">●</span><span style="color:#FFFF00">参考事例(坪田)</span></a>   3<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#c"target="_blank"><span style="color:#FF00ff">●</span><span style="color:#FFFF00">展示場構想(虚舟)</span></a>    4 <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#d"target="_blank"><span style="color:#00FF00">●</span><span style="color:#FFFF00">Track(虚舟)</span></a><br />5<a href="http://blog.livedoor.jp/romigo_dayo/rugby2.pdf" target="_blank" title=""><span style="color:#00FF00">●</span><span style="color:#00FFFF">Rugby2(竹田<span style="font-size:x-small;">---編集できない故PDFで表示します</span>)</span></a>   6<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#little"target="_blank"><span style="color:#FF00ff">●</span><span style="color:#FFFF00">マルセルの小屋(虚舟)</span></a> 7<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#mago"target="_blank"><span style="color:#FF0000">●</span><span style="color:#00FFFF">孫と一緒 手作り味噌(竹田)</span></a> <br />8<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#yoko"target="_blank"><span style="color:#FF00ff">●</span><span style="color:#FFFF00">釘を打つための絵画(虚舟)</span></a>    9<a href="http://blog.livedoor.jp/romigo_dayo/%E6%80%9D%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%BE%E4%BF%B3%E5%8F%A5.pdf"target="_blank"><span style="color:#FF0000">●</span><span style="color:#00FFFF">鶴見川土堤の桜(竹田<span style="font-size:x-small;">---PDF表示・7/28</span>)</span></a>   10<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#hols"target="_blank"><span style="color:#FF00ff">●</span><span style="color:#FFFF00">五穴連繋(虚舟)</span></a><br />11<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#taiji"target="_blank"><span style="color:#00FF00">●</span><span style="color:#FFFF00">南紀浦々(虚舟)</span></a>  12<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#fujin"target="_blank"><span style="color:#FF00FF">●</span><span style="color:#00FF00">風神雷神図(田楽男)</span></a>   13<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#genbu"target="_blank"><span style="color:#FF0000">●</span><span style="color:#ff00ff">玄武の亀(虚舟)</span></a>     14<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#video"target="_blank"><span style="color:#FF00FF">●</span><span style="color:#00FF00">Video Report(田楽男)</span></a> <br /> 15<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#koshiki"target="_blank"><span style="color:#FF0000">●</span><span style="color:#ff00ff">「轂」(虚舟)</span></a>  16<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#roof"target="_blank"><span style="color:#FF00ff">●</span><span style="color:#00ff00">「屋根」(虚舟)</span></a>  17<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#ultra"target="_blank"><span style="color:#0000ff">●</span><span style="color:#00ffff">「ウルトラマリン-1」(虚舟)</span></a>    18<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#ultra2"target="_blank"><span style="color:#ffff00">●</span><span style="color:#00ff00">「ウルトラマリン-2」(虚舟)</span></a><br />19<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#eyes"target="_blank"><span style="color:#ff00ff">●</span><span style="color:#ffff00">《眼と精神》(虚舟)</span></a>    20<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#higasi"target="_blank"><span style="color:#ffff00">●</span><span style="color:#ff00ff">続《眼と精神》(虚舟)</span></a>    21<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#five"target="_blank"><span style="color:#ff0000">●</span><span style="color:#ffff00">旧意匠の行方</span></a>    22<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#ponty"target="_blank"><span style="color:#0000ff">●</span><span style="color:#ff00ff">竹田氏への返信</span></a><br />23<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#green"target="_blank"><span style="color:#00ffff">●</span><span style="color:#ffff00">プールの光景</span></a>   24<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#poolside"target="_blank"><span style="color:#ff00ff">●</span><span style="color:#00ff00">プールサイドの椅子</span></a>   25<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#chaise"target="_blank"><span style="color:#ffff00">●</span><span style="color:#ff00ff">肘掛椅子に座る</span></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div id=styleA><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><font size=4><span style="color:#FF0000"><h3 id="a">★</h3></span><strong><b><u>僭越ながら、クラス会の意義と目的について、少し考察してみましょう。</u></strong><b><br /><br />まず、その意義は、同じクラスで学業に励み且つ遊んだ者同士が集まり、昔と同様に胸襟を開き、今現在の生存している姿を、お互いに喜び合い、思い出話をしながら、安心し合うという懇親会のことであります。<br /><img src="https://blog-imgs-135-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/WIN_20200314_10_03_41_Pro.jpg"width=400 height=200><br />次にその<strong>目的は</strong>、現在のメンバー相互の立ち居振る舞いを見せ合う、現況を暴露し合う、何を考え何をしてきたかを語り合う、家族の様子も見せ合う、文字や写真・動画で現況を見せ合う、作品を見せ自慢し合う、思い出話をして懐かしむ、またそれらに突っ込みも入れる等、の行為を通して相互に絆を深めることにあります。<br /><br />ならば、武漢Virus蔓延の昨今、会員相互のリスク排除の為には、三密空間で対面して行うのではなく、インターネット上でそのエッセンスは表現が可能であろう、と思われましたので、今般のRomigo会代替案としての企画提案に至った次第です。<br /><br />また、ネットをしていない人に対しては、郵便にてやり取りします。<br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br />最後に、ここに書いてある文章や写真、動画を見ながらワインを傾けて、皆の姿を思いながらの、コロナ禍を避けた独り懇親会としましょうや。諸君!! <br /><font color="00ffff"><br />それでは、具体的な手順について説明しましょう。<br />左下の<strong>目的</strong>に書いてあるような内容を、メールにて当方まで送信してください。できれば、写真や動画、作品の写真等を添付していただくと臨場感があって良いかと思われます。カメラ付きのPCならばMovie Makerから簡単に動画が作れ、かつそこからYoutubeに、アップロードができます。<iframe width="300" height="180" src="https://www.youtube.com/embed/ZJ91332CbOA" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=left></iframe><br />また、各個人の記載内容に対する感想や、はたまた突っ込みを入れたい場合も、メールにて当方まで送信してください。そのまま、<img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20>に掲載されます。更に、追加や訂正も自由自在です。</font><iframe width="200" height="130" src="https://www.youtube.com/embed/Rnedi75C-vY" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=right></iframe><br /><font color="#ff00ff"><strong>結論、</strong><br />何人かの方が仰っていますように、ここは強制ではありません。常時開いておきますので、書きたい人が書いて、メールしていただければ、ここのRomigo Postに掲載されるという、そういう位置づけで当面Openし、運用することとします。あたかもRomigoのFace Bookの様にして、使っていただければよいと思います。<br /><br />管理人より<span style="font-size:x-small;">(2020.3.31)</span></font> <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /></div></div><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><font color="#99ffff"><br /><h3 id="b"><span style="color:#FF00CC">★</span></h3><span style="color:#33FF00">2020年4月1日 参考事例<span style="color:#0033FF">★</span><br /></span><br />因みに、四月馬鹿の今日の、僕の様子をレポートしてみましょう。滋賀の当地は朝から雨でしたが、寒くはないので、車で30分で行ける長峰の別宅に行くこととしました。やりかけの仏画と雪山風景に描いた雪豹の仕上がしたかったからです。<br /><br />仏画の方は、大日如来と釈迦如来の絵がもうひとつしっくりこないので、黒バックを追加することにしました。大きな紙がないので、この絵は、幅広の薄茶色の包装紙を使っていますが、結構強い紙なので後からでも筆を入れても破れたり、伸びたりはしませんから、描後に加筆しても大丈夫です。<br /><a href="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4050.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4048.jpg"width=430 height=210></a><br />写真のように背景に墨を入れたので、メリハリが利いたように思います。いずれも、心という暗黒の混沌の中から、宇宙の大真理を見つけた、僕に見えた四大聖人の姿を表現した屏風絵です。<br /><strong><span style="color:#00FF00">Mantra (真言)</span></strong> ―――――――――――――――――<br /><span style="color:#FFFFFF">Amida:</span> <span style="color:#FF00FF">おん ありみた ていせい からうん</span><br /><span style="color:#FFFFFF">Dainichi:</span> <span style="color:#FF00FF">おん あびらうんけん ばさらだ どばん</span><br /><span style="color:#FFFFFF">Shaka:</span> <span style="color:#FF00FF">のうまく さんまんだ ぼだなん ばく</span><br /><span style="color:#FFFFFF">Yakushi:</span> <span style="color:#FF00FF">おん ころころ せんだり まとうぎ そわか<br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><br /><br />もう一つの、ペンキ画の雪景色の方は、銀狐の続きの雪山を、別のもう二枚の戸板にまで伸ばしています。また家内からは、文句が出てくることは承知の上で、遊んでみました。飛来してきた丹頂鶴と、狩りに向かう雪豹の姿です。<br /><a href="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4037.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4037.jpg"width=430 height=250></a><br />空と山の一部には金と銀を使っていますから、見る角度によって光るので、臨場感があります。春日の田舎を捨ててしまったので、ここで思い出しながら描いてみました。ただそれだけのことで、深い意味はありません。<iframe width="300" height="190" src="https://www.youtube.com/embed/wRuWUdHDGb4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=left></iframe>作業が終わってからは風呂に入り、のんびりと湯につかり、疲れを解します。酔狂老人からのレポート。<span style="color:#FF0066"><span style="font-size:x-small;">(写真Clickで大)</span></span><br /><br /><span style="color:#00FF00">光明真言:</span> ―――――――――――――――――<br /><span style="color:#FF00FF">おん あぼきゃ ぺいろしゃのう <br />まかぼだら まに はんどま じんばら<br />はらばりたや うん<br /></span><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFF00">結構な企画ですね!まさに telleworkですね!頑張って投稿出来るよう心掛けます。幹事役ご苦労様です。Posted by <strong>竹田 勲</strong> at 2020年04月02日 18:51 <br /><span style="color:#FF00CC">★</span> <span style="color:#FFFFFF">狩りに向かう雪豹が銀狐を襲わないようにと、結界の意味を込めて赤い紅葉を描きました。坪田</span><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a></div><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div id=styleA><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="c"> <span style="color:#0033FF">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">2020年3月31日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>『随風庵』の公開展示場構想</strong></font><br /><br />新コロナ・ウィルスの猛威止まらず、といったところですね。<br />「会」の開催はあせらず、当分は「ネットでの交信」を”常時”(今回だけでなく)行えばいいのでは?<br /><br />拙者も、今週は「古法華行き」を自粛しました。(天候のせいもありますが・・・)<img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/20200401185341bfb.jpg"width=290 height=480 align=right><br /><br />「西宮北口」と「新開地」間の阪急電車での往復が不安で、高齢者の自家用車長距離運転の方がより安全だと思う次第。<br /><br />ということで、本日(水)は自宅で新作『路地風庭園』(仮題)の構想を練っています。<br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><br /><br /><br />『随風庵』の東側に接した、間口4m×奥行き16mの細長い土地(添付写真1)に、作品展示用の半公開庭園。<br />写真前方の塀の向こうは市道で、塀を取り壊して市民をこちら側に誘導するという魂胆です。<br />現状は「空き家の敷地」の一部ですが、その庭園には大きな石材が豊富に有り(添付写真2)、チェーン・ブロックとテコでそれらを移動し、石組します。<img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/202004011853295d0.jpg"width=290 height=480 align=left><br /><br />「古法華行き」は、さすがの拙者でも、80才台に入ると次第に「遠のく」ことになると考えられますので、その代わりにと。<br /><br />ではまた。 <br /><br /><br /> <strong>虚舟</strong></font><br /><br /></div></div></div></center><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#FF0000">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFF00">グッドアイディアですね。あそこの、高級住宅地で、知的且つ造形美に満ちた貴君のコンセプチュアル・アートを展示するのに相応しい、着想だと思います。加えて、貴君のコンクリート打ちっ放しの3F建Designer's House建築ともマッチするし、今後、西宮北口辺りの名所に、なるのではないですかね。 Posted by<strong>田楽男</strong>  at 2020年04月10日 </span> <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a></div><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div style="line-height:170%"><br /><div id=styleA><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br />Zoomを使ったネット同窓会の事例です。<br /><iframe width="430" height="280" src="https://www.youtube.com/embed/rtsYJHjdHJg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br />参加者全員がZoomのアプリケーションをDLして、カメラ付きのPCを用意すればできるようです。<br /><br /><iframe width="430" height="280" src="https://www.youtube.com/embed/2sj2Srcc11U" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br />【北京共同】新型コロナ感染症の拡大を受け日本でテレワークが広がっているが、人口約14億人の中国では既に3億人がテレワークを実施したといわれる。職場ではテレビ会議が急増したが、仕事の効率が低いなどの課題も浮き彫りに。一方で、働き方が変わるとの指摘も出ている。<br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /> 中国誌「中国新聞週刊」によると、2月にテレワークを経験した人は1800万社の3億人超。多くがテレビ会議システムを利用したため回線がつながりにくかったり、音質が低下したりするなどの混乱も発生した。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-131-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/WIN_20200306_14_43_15_Pro.jpg"width=430 height=200><br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-48.html#cov" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FF00&quot;&gt;&lt;strong&gt;新型コロナ後の世界&lt;/strong&gt;&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FF00"><strong><u>新型コロナ危機後の世界(ユヴァル・ノア・ハラリ)</u><br /></strong></span></a><br /><br /><strong><span style="color:#FF3366"><span style="font-size:large;">AC(After Colona)後、社会は変革する--僕の予言2020.4.19.</span></span><br /></strong><br /><br /><span style="color:#00FF00">①リモート社会が普通になる<br />②利潤追求社会が幸福追求型に変化していく<br />③ロボットが普通に社会に入り込む<br />④監視社会がより一層進む<br />⑤中国の拡張主義が弱められる<br />⑥イディオロギーや国の垣根が弱まる<br />⑦ワン・グローバル政府が台頭する<br />⑧AI化社会が加速する<br />⑨国の戦争はなくなる<br />⑩視点が宇宙に向かう<br /></span><br /><br /></div></div></div><br /><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br> <br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#ff0000">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFF00">BC ACという新しい概念を仕入れた、僕の直感による予言です。【ロンドン時事】英国のブラウン元首相は世界の主要国の指導者に対し、一時的に「世界 政府」を設立するよう呼び掛けた。. 報道によると、ブラウン氏は「これは一つの国で対応できる問題ではない。協調した世界的な対応が必要とした .. Posted by<strong>田楽男</strong>  at 2020年04月10日 </span> <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a></div><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><br /><div style="line-height:170%"><br /><div id=styleA><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><h3 id="d"> <span style="color:#0033FF">★</h3><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">2020年5月16日に届いた記事</span></span><br /><span style="font-size:x-large;color:#FFFF00">Track</span><br /><br /><br />コロナ禍もそろそろ収束の兆しですが、油断は大敵!<br />それにしても、外出自粛で貴殿も運動不足がご心配ではありませんか?<br /><br />拙者はその「運動不足解消」のため、例の『随風庵』の東に接した庭に、《TRACK》を制作中です。<br />それはランド・アーティストであるリチャード・ロングの《歩行による線》(1967)がヒントですが、彼はそのコンセプトをヴァン・ゴッホの《農夫の靴》から引用していると考えます。<br />「天地人」(三才)、つまり天と大地の狭間に生きるのが人間です。セザンヌも晩年、そのコンセプトで絵画を描いています。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/track.jpg"width=410 height=350><br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br />前回の添付写真の状態から、小型の踏石をいくつか間引きし、大中小の3つの踏石の周りを歩行出来るようにしています(添付写真track参照)。<br />大型の踏石が1.6×1.4m、中型で1.0×0.9mの大きさがあり、一周の歩行距離は15mです。右回り10周、そして左周り10周で300m。それを10回やれば3km、それが1日の目安です。iPhoneの歩行計にそれが記録されます。<br /><br />この作品、ロングの作品がそうであったように、日々の歩行を怠るとその作品は消滅します。庭には繁殖力旺盛な「野芝」が生えており、これからの季節はまたたくま。<br />因みに、添付写真(track2)は、随風庵(三階建て)の2Fからの俯瞰撮影です。写真右上の「樹上ベンチ」は、休校で「ラッキー」と言って、タブレット端末でゲームやyoutubeに熱中する小学生の孫達のために制作したのですが・・・<br /><br />ではまた。 虚舟<br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/track2.jpg"width=410 height=350><br /><br /></div></div></div><br /><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br> <br /><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#ff0000">★</span><A href="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/hohsho.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/hohsho.jpg"width=200 height=150 align=left></a><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#00FFFF">広いお庭があってよろしいですなあ。当方は、週一で長峰に通って相変わらずに仏画の制作に注力しています。今は、次の不空成就如来と宝生如来の仏画の制作に取り掛かっています。それ以外にも、家が古くなった為、ソーラ温水器から漏水とか、その他も色々とあるので、その修理とかの雑用もやっていますよ。葡萄の花芽が一杯できているので、今年は楽しみです。では、 <br /></span><span style="color:#ffff00">Posted by<strong>田楽男</strong>  at 2020年05月16日 </span> <br />ご無沙汰しております。コロナ禍の折り、その後も大丈夫ですか?前に案内のありましたロミーゴの文集などの投稿の件ですが、小生少し古い話題ですが、2019年ラグビーワールドカップの文章を作成しましたので、添付致します。以前苦労したと言われたパワーポイントでの作成ですが、宜しく処理方お願い致します。<br /><span style="color:#ffff00">Posted by<strong>竹田</strong>  at 2020年05月24日 </span> <a href="http://blog.livedoor.jp/romigo_dayo/rugby2.pdf" target="_blank" title=""><span style="color:#FF3333">PDFで表示します。ここです</span></a><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /></div><br /><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div style="line-height:170%"><br /><div id=styleA><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><h3 id="little"><span style="color:#FF00ff">★</span><span style="color:#66FF00"><span style="font-size:x-large;">マルセルの小屋<span style="color:#FF6600"><span style="font-size:x-small;">2020年6月8日に届いた記事</span></span></h3></span></span><font color="00ffff"><br />そろそろ熱中症の季節、逆にマスクが危険と言う。貴殿もご注意を!<br /><br />それよりも拙者、先週、4半世紀ぶりに「魔女の一撃」(ぎっくり腰)を喰らうはめに・・・<br />「古法華の丘」で建設中の《マルセルの小屋》は、三菱重工のSpacejetのように、試行錯誤に加え、コロナ禍で作業は大幅に遅延。<br />2×4材を切れ味の悪い鋸でギッコギッコと切断していたのが、その「一撃」の主たる原因?<br /><br />そこで、新作《竜虎合体》(添付写真1)を制作することに。2×4工法の木材と金具を組み合わせています。<br /><br />五行説の「木」と「金」は、後天八卦方位図の「震」(東)と「兌」(西)に該当し、それぞれ「竜」と「虎」で表象されます。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/dragon.jpg"width=410 height=400><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><br /><br />因みに「震」(竜)は知性を、「兌」(虎)は感情を意味しますが、平安神宮では、中国人女性がどちらかの像を熱心に拝んでいました。<br /><br />「新国立競技場」も木材と鉄の合体で建設されていますが、《マルセルの小屋》もその合体を主たるテーマにしようと考えます。<br /><br /><br />ということで、実はこの作品、電動鋸用の補助用具として制作(添付写真2)。電動鋸が小型なので、2×4材の切断には表/裏二度の精確な切り込みが必要で、金属板はそのためのガイドレールです。<br /><br />ではまた。 虚舟<br /></font><br /><br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/tiger.jpg"width=410 height=400><br /></div></div></div><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br> <br /><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#ff0000">★</span><A href="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/hosho.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/hosho.jpg"width=150 height=150 align=left></a><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#00FFFF">仏画(不空成就如来と宝生如来)がやっと完成。襖の裏に水張りして完了です。何故に襖の裏なのかは、その理由を想像してみて下さい。ところで、ツーバイフォー工法では、耐力合板を張ったパネルを組み合わせて箱型を作っていって、床パネルの上に壁パネルを組んで、家や小屋の形を作っていくやり方です。だから、先ずはパネルを作っていくことが肝要かと思います。当方の、ここにある<a href="http://blog.livedoor.jp/romigo_dayo/archives/5485749.html" target="_blank" ><span style="color:#FF3333">Romigo Worldの132.My Way</span></a>の頁を参考にしてみて下さい。では、 </span><span style="color:#ffff00">Posted by<strong>田楽男</strong>  at 2020年06月9日 </span><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a> <br /><br /><span style="color:#ff00ff">★</span><a href="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/2020061020200534d.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/2020061020200534d.jpg"width=150 height=150 align=left></a><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> タイトルが《マルセルの小屋》としていましたので、その現況の写真を添付します。昨日(9日火曜日)、帰り際に撮影したもので、水曜日から雨というのでブルーシートを被せています。貴殿のコメントの下にでも添えて頂ければ・・・目下、床ばりは182×91cmですが、手前に30cm拡張し、182×121cmにします。利用したことがないのですが、カプセルホテルのような空間?福岡時代、太宰府天満宮裏山の新興住宅地に新築したのが三井ホームの2×4工法でした。当時は、大工が釘をやたらに打ち込んでいましが、《マルセルの小屋》では木ネジやボルトでパネル間を接続し、金具で補強していきます。ではまた、<span style="color:#ffff00">Posted by<strong>石川虚舟</strong>  at 2020年06月11日</span><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a> <a href="http://www.eonet.ne.jp/~kyosyuu/za.html" target="_blank"><span style="background-color:#6600CC;"><b><span style="color: #FFFFFF;">マルセルの小屋・現況</span></b></span></a><br /><br /></div><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div style="line-height:170%"><br /><div id=styleA><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><h3 id="mago"><span style="color:#FF0099">★</span></h3><span style="font-size:x-small;">2020年6月28日に届いた記事</span><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#00FF00">孫と一緒 手作り味噌</span></span><br /><font color="#00ffff"><br />   醤酢爾   蒜都伎合而   鯛願 <br />   ひしほずに   ひるつきかてて    たいねがう<br /><br />   吾爾勿所見  水葱乃羹  <br />   われになみせそ   なぎのあつもの<br /><br /> (万葉集巻十六 三八二九) 長忌寸意吉麿(ながのいみきおきまろ)が詠んだ歌のひとつ。<br />  <br /> <br />題詞には「酢(す)醤(ひしほ)、蒜(ひる)、鯛(たひ)、水葱(なぎ)を詠める歌」とあり、宴席などで出席者たちからそれぞれに出されたお題を詠み込んで詠った題詠。<br />   <br />歌の上手の長忌寸意吉麿にこの手のお題を詠ませるのは、宴席でのお決まりだったのか、今回もすべての題を詠み込んで見事に一首の歌として仕上げている。<br /> <br />酢(す)は米を蒸して作るお酢。醤(ひしほ)は小麦と大豆を煎った麹に塩水を加えて作った、現在の醤油。<br /> <br />蒜(ひる)は植物のノビルで、現代でも球根を味噌などで食べると非常に美味。鯛(たひ)は魚のタイ。 水葱(なぎ)は植物の水アオイで、広く栽培して食用とすることを勧められたが、あまり美味ではなかった。羹(あつもの)は汁。                             <br />             <br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;> <br />               <br /><br /><br /><br /><br />ここ10年 我々夫婦で手作りしてきた味噌を、コロナ騒動で時間を持て余す孫兄妹と4人で、万葉集に歌う 「私に見せるな、水アオイの味噌汁」 の味噌を手作りした風景。<br />                                                                              <br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/mago1.jpg"width=200 height=170 align=left>写真左側の擂粉木で1日水<br />に浸し炊き上げた大豆を擂り潰す。予め塩と米麹、麦麹を混ぜ、大豆に炊き汁を加えながら全てを混ぜ合わせる。<br /><br />孫と小生、全部の材料の混ぜ合わせ終了。<br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/mago2.jpg"width=200 height=170 align=left><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/mago3.jpg"width=200 height=200 ><br /><br />混ぜ終えた材料の表面を押さえつけ、最後に塩を全体に掛ける。中蓋をし 錘を乗せ、外蓋をして床下に収蔵。時期にもよるが3か月で美味しい手作り味噌完成。孫も大好き! <br /><span style="color:#00FF00">Posted by Takeda</span>                 <br /><br /></font><br /></div></div></div><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br> <br /><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#ff0000">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20><font color="#00ff00">僕の一生は、曾祖父から祖父、祖父から父と自分へと、父母両方の先祖から遺伝子を受け継いできた、遺伝子の単なる運び手でしかなかった、そして、それをまた妻との共同作業で子から孫へと受け渡しているに過ぎなかったのではないかと、昨今に至りて如実に悟ってまいりました。しかも、6つずつ違いの3人の孫達の様子を見ていれば、運んできたのが何とお粗末な遺伝子だったのだろうか、こんなことで許されるのだろうかと狼狽するばかりの日々。なので、孫の話をされるのが、一番に心が痛むのです。辛いのう。</font><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><font color="#ff00ff"> Posted by 田楽男 2020年6月30日</div></font><br /><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="yoko"> <span style="color:#ff33FF">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">2020年7月15日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>釘を打つための絵画</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br />コロナ禍で外出自粛、次は長梅雨で足止め、やりきれませんね!<br />でも、貴殿の制作意欲が全然衰えないのに感心!<br /><br />拙者の方は随風庵アトリエで、雨を眺めて坐忘中、工具箱に乱雑に放り込んでいたドリルビットに視線が・・・<br />デュシャンの《折れた腕の先頭に》(雪掻きシャベル)を志向しながら、整理箱を作って、《絵筆に代えて》と命名。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/bit.jpg"width=410 height=380><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><div style="line-height:170%"><br /><br />彼は『老子』の「無(凹)」の思想に注目するのですが、ドリルビットもその凹を穿つ道具です。<br /><br />「絵筆に代えて」と言えば、オノ・ヨーコの作品に《釘を打つための絵画》(1961 <a href="https://www.wikiart.org/en/yoko-ono/painting-to-hammer-a-nail-1966" target="_blank" title="painting to hammer a nai"><span style="color:#FF3333">painting to hammer a nail</span></a>)という<span style="color:#6600FF">※Instruction</span>があります。<br />彼女がデュシャン芸術に『老荘思想』を読みとっていたかどうかは、残念ながらまだ確認しておりませんが・・・<br /><br /> <strong>虚舟</strong></font><br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/who-is-yoko-onoux-12-638.jpg"width=410 height=380><br /></div></div></div></center><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br><br><br /><span style="color:#FF0000">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFF00"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4071.jpg"width=200 height=150 align=left> この長雨で困っていることがあります。畑の草と自宅の庭の草が伸び放題になっていることです。先日の曇りの日に、畑の草引きを丸一日掛けて完了させ疲労困憊、次いで別の日に自宅2箇所に取り掛かってと、大変な思いをさせられました。加えて、スイカとメロンが根腐れを起こして全滅。カメムシも多量に発生して、どの野菜も、ことしは大不作です。暫くアトリエの方には行っていませんが、増築した方の雨漏りも心配です。また、Yoko Onoのご指摘の作品を初めて知りました。ありがとう。ところで、下のかっちょいい写真を真似て、おいら裁縫が大得意なもので、早速、昨夜マイマスクを手縫いで二枚も作ったよん。Clickによって別の世界に引きずり込むのも※Instructionなり。<br /><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><font color="#ff00ff"> Posted by 田楽男 2020年7月16日<br /><a href="https://www.facebook.com/batomdewhey/photos/a.149536922067486/1174045609616607/?type=3&theater"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/20200716160908ca1.jpg"></a><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4077.jpg"width=300 height=170 align=left><font color="#00ff00">今日、長峰の別宅をチェックした<img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4078.jpg"width=270 height=170 align=right>ところ、雨漏りは皆無でした。一安心です。ついでに、前からしなければと思っていた巨峰葡萄の袋掛けを23房分完了。今年は、これが楽しみです。また、屋根の苔は、この長雨でひかり輝いており、これにも一安心。</font> Posted by 田楽男 2020年7月18日<font color="#ff00ff"> <br /><span style="color:#6633FF">※Instruction </span><div style="line-height:100%"><font color="#00ffff" size=2>文章による指令によってパフォーマーあるいは観客の行為をうながすパフォーマンスの一方法。発端にあるのは創造行為において観客の存在を重要視するマルセル・デュシャンの考えであり、また《4分33秒》(1952)などの作品にみられるジョン・ケージのスコアに対する考えである。ケージの作品において、スコアは作品の完成図を示しているというよりも、スコアに従う者の行為をたんに指示するだけであり、ゆえに行為の結果は不確定のままになっている。パフォーマーは、インストラクションに従っている最中、なにが起こるかあらかじめ予測できない場合が多く、作品は個々の観客の体験のなかで形成されるほかない。そうした例のひとつに、蝶をパフォーマンスの空間に放って、窓やドアから出ていくまで作品を続けるというインストラクションの作品であるラ・モンテ・ヤングの《コンポジション1960 #5》(1960)がある。また、インストラクションは観客に向けられる場合もある。オノ・ヨーコの諸作品、例えば《釘を打つための絵》(1961)では、ハンマーの付いた白い板に観客が釘を打ちこむよううながされた。またオノの著書『グレープ・フルーツ』(1964)に収められた諸々のインストラクションのように、文章による指令のみが与えられ、その具現化は読み手の行為あるいは想像の内に委ねられる作品もある。</div></font><a href="https://fondation-phi.org/en/article/yoko-ono-instructions-invitations-imagination/" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF3333&quot;&gt;Yoko Ono's Instruction Art&lt;/span&gt;"><span style="color:#FF3333">Yoko Ono's Instruction Art</span></a><br /></div></font>    網膜Art→観念Art→AI&VR・Art→<br /><br /><iframe width="430" height="300" src="https://www.youtube.com/embed/JTEFKFiXSx4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=left></iframe> <iframe width="430" height="300" src="https://www.youtube.com/embed/ynKGCh9JDe0" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=right></iframe><br /><iframe width="430" height="300" src="https://www.youtube.com/embed/GaJmRRBt6Xk" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=left></iframe><iframe width="430" height="300" src="https://www.youtube.com/embed/Zs3n07Clw7A" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=right></iframe><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="hols"> <span style="color:#ff33FF">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">2020年8月3日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>五穴連繋</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br />やっと長梅雨が明けたと安堵すれば、次は猛暑、でも、それにひるまず・・・<br />Yoko Onoの《釘を打つための絵画》を巡る、貴殿の明晰なレポートに刺激され、拙者も”夏の暑さにも負けず”、制作再開です。<br /><br />この5月に、石材を割る「セリ矢」用としてハンマードリルを購入。コンクリートや石材に最大、直径20mmの穴を穿つことが可能。<br />そのドリルで、まず、手元の石材(古法華産の凝灰岩)に五つの穴を穿ち(添付写真1)、その穴に紐を通して、《五穴連繋》(添付写真2)と命名。<br /><br />前衛音楽家、ジョン・ケージが、当時、ニューヨークに滞在していた鈴木大拙に影響を受け、禅仏教に傾倒していたことはよく知られています。彼の《4分33秒》は、同時期に制作されたR・ラウシェンバーグの《白い絵画》(White Paintings, 1951)と、「無」というテーマを共有していると考えます。しかし、この「無」という概念が”曲者”。<br /><br />というのは、中国仏教はインド仏教の「無」を中国風に解釈し、その概念を変容させます。ということで中国経由の「禅仏教」には、すでに儒教や老荘思想が浸透しています。「新儒教」と呼ばれる「朱子学(宋学)」ですら老荘思想が浸透し、岡倉天心はそれを「道教」とみなします。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/holes1.jpg"width=410 height=400><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><div style="line-height:170%"><br /><br />道教が法典とする『老子(道徳経)』の「無」に注目したのがマルセル・デュシャンであり、「レディメイドのオブジェ」はそれをテーマとしています。岡倉天心は『茶の本』(1906)で、『老子』英訳の「立派な試み」の一つとして、Paul Carus "Tautei King(道徳経)"を挙げます。「随風館」蔵のその改訂版、"THE CANON OF REASON AND VIRTUE”(LAO-TZE'S TAO TEN KING) Translated by Paul Carus and D.T. Suzuki, Copyright 1913では、鈴木大拙との共著になっています。その裏表紙に次の様な記述があります。<br /><br /> <span style="color:#33FF00"> Carus made this translation in 1898 (with the help of his then undistinguished young assistant, Daisetu Teitaro Suzuki) and revised it in 1903 and 1913.<br /></span><br />その翻訳本では、デュシャンが注目した『老子』第11章の「無用」は、THE FUNCTION OF THE NON-EXISTENTと訳されます。「無」(the non-existent)は、穴(the hole) や空虚な空間(the empty space)として説明されますので、彫刻では「凹」や周辺の空間、絵画では「余白」ということになります。<br /><br />鈴木大拙と西田幾多郎が旧制中学時代の同級生であった関係で、西田哲学や「京都学派」に鈴木大拙の「無(凹」の思想」が結びつきます。<br />その「京都学派」の末裔である河本先生に感化された、”竹田くん”の卒業制作が思い出されます・・・<br /><br />ではまた。 <strong><span style="font-size:large;"> 石川虚舟</span></strong><br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/holes2.jpg"width=410 height=400><br /><br /><br /><br /></div></div></div></center><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br><br><br /><span style="color:#FF0000">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFF00"><br />竹田くんの作品がどのようなものであったのか、全く記憶にありません。ところで、道教についての面白い記述があったので次に書きます。<font color="#00ff00">『尚、話は前後するが徐福が住んでいた斉という国は、「ユダヤの失われた12士族」の子孫が住んでいた地域と言われている。古代ユダヤ人は黒髪・黒目のモンゴロイドであった。時々、日本人=ユダヤ人という説が話題になることがあるが、まんざらトンデモ話ではないのである。徐福は道教の方士(グル)であった。道教というのは、ユダヤ教とそっくりで、夜、山に登り、星を拝む信仰である。「7」を聖数としているのも同じだ。またイスラエルの国旗に採用されている、「ダビデの星」は中国では六亡星と呼ばれ、日本では「カゴメ紋」とされている。秦(ハタ)族と呼ばれたかれらの大半が「ユダヤの失われた12士族」の子孫と考えられる』</font>小生の<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-45.html" target="_blank" title="Where, we came from ?"><span style="color:#FF0033">編集した次の中程の「徐福の再来日」の下の方に</span></a>にあります。<font color="#ff00ff"> Posted by 田楽男 2020年8月4日</font><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /></div><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="taiji"> <span style="color:#00ff33">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">2020年8月31日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>南紀浦々</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br />残暑お見舞い申し上げます。<br />この厳しい暑さも、あと二三日の我慢か?<br /><br />拙者、コロナを振り切り、8月上旬に、30年ぶりに南紀太地町へ、二泊三日の旅。<br />昼下がり、クジラの佃煮を肴に、地酒で喉を潤す。窓越しに海を眺めて一句。<br /><br />  木槿咲く鯨なつかし太地哉   虚舟<br /><br />飲み過ぎないうちに磯辺に降りて、珊瑚の破片と灰色の泥岩を採取(添付写真1)。それを眺め透かして、さらにもう一杯・・・<br /><br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/taiji1.jpg"width=410 height=400><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><div style="line-height:170%"><br />その泥岩を随風庵に持ち帰り、例のハンマードリルで三つの穴を穿つと、裏側に鯨の形象が出現!<br />数年前に、南紀南部町で採取した漁網用の「浮き」とアッサンブラージュし、《南紀浦々》と命名(添付写真2)。アッサンブラージュという概念は、俳句にも該当します。<br /><br />先日の「鈴木大拙の無」に関係する話題ですが、その影響を受けたBill Viola(1951〜)のヴィデオ作品に、《Reflecting Pool, 1979》 というのがあります。<br />その作品は、芭蕉の「古池や蛙飛び込む水の音」をモチーフにしていると考えます。作者自身が森の中のプールに飛び込むのですが、「空中に飛び上がった」瞬間がStop Motionに!  「空中」は鈴木大拙の「無」、つまり空虚な空間(the empty space)です。古池の余白である「空中」に、蛙はまず「飛び」、そして水に落ちるという解釈です。ではまた。<br /><br /> <strong><span style="font-size:large;"> 石川虚舟</span></strong><br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/taiji2.jpg"width=410 height=400><br /><br /><br /><br /></div></div></div></center><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br><br><br /><iframe width="300" height="250" src="https://www.youtube.com/embed/WCZn_Z4DfS0" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=left></iframe><span style="color:#FF0000">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#00FF00">ご指摘のあった、Bill Viola の《Reflecting Pool, 1979》という作品の動画がYoutubeで見つかりましたので張り付けておきます。空中で停止した画像に見せるのに、何度も合成を繰り返したように見えます。いずれにしても、貴君の博識にはいつも敬服しています。ところで、当方はこの炎天下にでも、毎日畑仕事をしていました。秋、冬野菜を植える準備の為に、スイカ・きゅうり・なすび等の夏野菜の残さい整理や草刈、整地、畝作り作業です。この肉体労働後に自宅でシャワーを浴びてから、飲むビールが旨いことこの上なしですわ。<br /><font color="#ff00ff"> Posted by 田楽男 2020年9月1日</font><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /></div><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="fujin"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">2020年9月24日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>風神雷神図</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br /><br />秋風に吹かれるように飄々として、思いつくままに風神雷神図を模写してみようと試みました。<br /><br />江戸初期(17世紀前半)に、<a href="https://intojapanwaraku.com/jpart/7371/" target="_blank"><span style="color:#FF3333">俵屋宗達</span></a>が描いたこの国宝・風神雷神図屏風(紙本金地着色二曲一双、京都・建仁寺蔵)は、当時の人々に余程の感動を与えたようで、江戸中期(18世紀)には尾形光琳が、江戸後期(19世紀)には、酒井抱一がそのままの構図で模写しています(写真参照)。前者は重要文化財で東京博物館蔵、後者は出光美術館蔵となっております。加えて、風神が子孫繁栄、雷神が福をもたらすと大評判になり、建仁寺は大いに栄えたと言われています。<br /><br />宗達については、扇面画家であったことは間違いないが、「江戸時代前期(17世紀)に活躍した京都を代表する絵師。姓は野々村、号は「伊年」あるいは「対青軒」と伝えられているも、その生涯には不明な点が多い。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4088.jpg"width=410 height=480><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><div style="line-height:170%"><br /><br /><br /><br /><br /><br />京都の名家出身で、陶芸や蒔絵、書にも才能を発揮する他、芸術家や職人を育てることにも力を注いだ当代一流の文化人・<a href="https://www.cyber-world.jp.net/honami-kouetsu/" target="_blank"><span style="color:#33FF00">本阿弥光悦</span></a>に見出され、光悦や烏丸光広などの書巻に下絵を施すなど、当時を代表する芸術家と共作で作品を手がけていた。<br /><br />また、僧侶に準じて仏師・絵師・連歌師・医師などに与えられた称号≪法橋(ほつきよう)≫の地位に至ったと考えられているが、ほとんど未詳である。伝統的な大和絵を特異な構図とたらし込みなど独特の技法により近世装飾画へと再生・昇華させた新様式、所謂≪琳派≫を確立し、尾形光琳など琳派絵師の先駆」 と解説されている。<br /><br />私見ではありますが、江戸期を代表する画家である葛飾北斎や円山応挙そして伊藤若冲に並ぶ、俵屋宗達は大天才であったと思います。<br /><br />そこで、水墨画と琳派を融合させた私流の新解釈で、模写をしました。長峰のアトリエで、襖絵に仕立てたのが見られますので、その折にはご一報ください。<br /><br /> <strong><span style="font-size:large;"> 田楽男</span></strong><span style="color:#FFFF00"><span style="font-size:x-small;">(下図は途上の様子。2020年9月26日に完成した襖絵は、<a href="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/fujinraijin2.jpg" target="_blank"><span style="color:#FF0033">ここをClick</span></a>でどうぞ)</span></span><br /><br /><br /><a href="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4087.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/IMG_4087.jpg"width=410 height=280></a><br /><br /><br /><br /></div></div></div></center><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br><br><br><br><br><BR><BR><BR><br /><span style="color:#FF0000">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#00FF00"><br />秋風とともに、貴殿の制作活動が加速!それに刺激され、拙者も腰の入れ直しです。さて、「随風庵」横の「路地」予定地に彼岸花が咲き、そこでまず一句。      <span style="color:#FFffff">飄然と路地を彩る曼珠沙華        虚舟</span><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/stone1.jpg"width=200 height=300 align=left>「飄」の字は、貴殿の文章から借用しましたが、9月の新作(添付写真参照)にも、題名に《飄然と》を採用することにしました。石材は、古法華産の希少な「緑色凝灰岩」。石材に差し込んでいる「彼岸花の茎?」のような金属棒は、アトリエ館の裏に放置されていた避雷針用アースの断片で、銅が巻かれた鉄心。さすが、ハンマードリルで穴を穿つと、石が確実に固定。以前は手作業で苦労しましたが・・・「緑色凝灰岩」を耐水性サンドペーパーで磨くと、青銅のような体裁に移行。基台は欅材で、これは一般的な「紙やすり」で磨いています。<br />「デュシャン・ノート」のNo.1〜46は Inframince がテーマで、No.1で、デュシャンは張伯端『悟真篇』中巻・其二におけるを<a href="http://www.eonet.ne.jp/~kyosyuu/infra.html" target="_blank"><span style="color:#FFFF00">「玄妙」</span></a>、inframinceと表記しており、アンフラ(infra)は「玄」、マンス(mince)は「妙」ということになります。何かが芸術作品に移行するプロセスをinframince(玄妙)とするのですが、この典拠は拙者独自の大発見で、詳細はHPをご参照下さい。 因みに鈴木大拙が「芸術」よりも「玄」とか「妙」という語が適切だと言っている文章があるのですが、それについてはまたの機会に・・・ところで、「デュシャン・ノート」のNo.27ではサンドペーパー(紙やすり)について次のように記しています。<br /><span style="color:#0099FF">27. Limage - polissage -</span><br /> la lime infra mince - papier de verre - toile émeri / ponçage du laque Souvent ces opérations atteignent à l'infra mince.<br /><span style="color:#0099FF">27. やすりかけ ー 研摩 ー</span><br />   アンフラマンス(玄妙)なやすり ー 紙やすり ー 布やすり / 漆のやすりがけ しばしば、この作業がアンフラマンス(玄妙)に到達する。 (訳、石川虚舟) ではまた。 <font color="#ff00ff"> Posted by石川虚舟 2020年10月3日</font><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a>  <a href="http://www.eonet.ne.jp/~kyosyuu/za.html" target="_blank"><span style="background-color:#6600CC;"><b><span style="color: #FFFFFF;">マルセルの小屋・現況</span></b></span></a><br /><br /><h3 id="hyozen"><font color="#ff00ff">★</font></h3><font color="#ffffff">さて、添付写真は10月期の新作というか、<img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/M2.jpg"align=left width=280 height=400>9月の作品《飄然と》に手を加えたもので、表題は《飄然と! No.2》。銅巻鉄心が貫通する胴体部の凝灰岩(9月制作)と、頭部の新たな凝灰岩という二層構造になっています。<br />デュシャンの《彼女の独身者達によって裸にされた花嫁、不二》(別名、大ガラス)も二層構造で、上部が「花嫁」、そして下部が「独身者」の域とされます。しかし、その作品が依拠する「内経図」を参照すれば、上部は「頭部」に、下部は「胴体部」に対応します。<br />《飄然と! No.2》の頭部にある四つの穴は、「四象」(その具象化したものが「青龍・白虎・玄武・朱雀」の四神で、八卦方位図では震・兌・坎・離に該当)を表象。<br />Thomas Cleary 訳では、「震」は真性true essence、「兌」は真情true sense、「坎」は真知real knowlegde、「離」は霊知conscious knowlegde ということになります。<br />デュシャンは《大ガラス》で、「性(essence)」をロゴス、「情(sense)」をエロスに対応させ、ロゴスとエロスの「不二(meme)」をテーマとします。<br />《飄然と! No.2》の頭部に両手を置き、双方の親指で「四象」を擦り続けると、ロゴスとエロスが「不二」となるだけでなく、震兌坎離の融合が会得されます。不老長寿も間違いなしです。</font> <font color="#ff00ff"> Posted by石川虚舟 2020年11月4日</font><A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a> <br /><br /></div><br /><span style="font-size:x-small;">俵屋宗達</span><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/tawaraya.jpg"width=900 height=400><br /><span style="font-size:x-small;">尾形光琳</span><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/ogatakorin.jpg"width=900 height=400><br /><span style="font-size:x-small;">酒井抱一</span><br /><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/hoichi.jpg"width=900 height=400><br /><br /><br /><font color="#00ff00">★</font><font size=2>光琳の死後100年後に抱一が模写したが、その抱一の<a href="https://korokoroblog.hatenablog.com/entry/170514-%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%85%B6%E4%B8%80-%E9%A2%A8%E7%A5%9E%E9%9B%B7%E7%A5%9E%E5%9B%B3%E8%A5%96-%E9%91%91%E8%B3%9E%E3%81%AE%E5%A4%89%E9%81%B7" target="_blank"><span style="color:#FF0099">弟子・鈴木基一</span></a>もまたこの風神雷神図を描いていたというではないか。<a href="https://www.fujibi.or.jp/our-collection/profile-of-works.html?work_id=3557" target="_blank"><span style="color:#FFFF00">基一の絵は、東京富士美術館蔵。</span></a></font><br /></div></div><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="genbu"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">2020年11月26日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>玄武の亀</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br /><br />もう年末、目下制作中の作品、完成は来年に持ち越し?<br />そこで今回は、5年程前の「未発表」の作品、《玄武の亀》(添付写真)の登場です。<br /><br />「古法華」近くで伐採されていた楠の巨木の輪切りを貰い受け、制作。楠の台の大きさだけで、30X30X15cm。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/kame.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/kame.jpg"align=left width=280 height=200></a>「玄武」は「四神」の一つで、蛇に絡まれた亀として表象。八卦方位図では「坎」に該当し、張伯端『金丹四百字』の劉一明注釈では「真知(real knowlegde)」ということです。<br />「真知」とは哲学的な知ではなく、外的現象を究めることによる知と考えます。<br /><br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><br /><br /><br /><br />『礼記』大学篇に由来する「格物到知」という四字熟語がありますが、朱子はそれを「物(外的現象)にいた(格)ることによって知にいた(到)る」と独自に解釈します。<br />その朱子学(宋学)が耶蘇会(イエズス会)によってヨーロッパに伝わり、ハイデッガーの現象学の起因になります。彼の家族はイエズス会に関係しています。<br /><br />ハイデガーの『芸術作品の根源』は、デュシャン芸術を念頭にしており(自説)、「レディメイドのオブジェ」はまさに物です。<br /><br />ところで、松尾芭蕉も「朱子学」に傾倒していたという事実!<br /><br /><br />ではまた。 虚舟<br /><br /><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFF00">旺盛なる制作意欲に脱帽です。当方は、このところ毎日Piano漬けですが、またこれも楽しき哉。現在は、ややこしい"La Vie En Rose"に挑戦中です。これの練習も彫刻と一緒で、一つ一つ音を正確に積み上げていかなければなりません。目耳指先と右脳の鍛錬に最適ですぞ。  <span style="color:#FFFFFF">12月28日にメールで連絡が来た</span><a href="https://sites.google.com/view/gennfukeiwoaruku/%E8%91%97%E6%9B%B8%E5%8E%9F%E9%A2%A8%E6%99%AF%E3%82%92%E6%AD%A9%E3%81%8F" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FF00&quot;&gt;川上氏の著作紹介site&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FF00">川上氏の著作紹介site</span></a><font color="#00ffff"> 同氏からのmail/ ろみーごの皆さん今年は、ろみーごを開催できず、残念でしたね。先日押し入れを整理していると、学生時代のなつかしいアルバムが出てきました。次回のろみーごの時に、お持ちして、見ていただきたと思っています。遅れていた『原風景を歩くー大和のみち』がようやく出来上がりました。(https://sites.google.com/view/gennfukeiwoaruku/著書原風景を歩く ) 「次は吉野の旅を」と今年夏ごろまでは考えていましたが、そろそろ脚も弱りはじめました。本の表紙をご覧いただければ幸いです。</font>  <font color="#ff00ff">Posted by dengaku dan.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /></div><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="video"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">2021年1月5日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>Video Report</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br /><br />新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくです。年賀状代わりに、Video を添付しますので、ご視聴ください。もう少し上手く間違わずに出来るのですが、ご愛嬌と思って見て下さい。会の開催は、コロナが鎮下するまで待ちましょう。では、今年も宜しくです。<br /><span style="color:#FF00ff">●</span><strong>From dan.</strong><br /><br /><br /><span style="color:#00ff00">★</span>明けましておめでとうございます。<br />とても心温まるピアノ演奏の「お年賀」をいただきありがとうございます。仲間内ではいつも先端的なことを一番早く始められる貴兄らしい試みだと思います。われわれ高齢者にとっては指を動かすなどの運動はボケ防止にも役立つのではないでしょうか?<br />コロナ禍で外出が思うようにできないときだからこそこのような室内で愉しめる趣味を持つことは大切ですね。どうぞお体を大事にしてお元気に過ごしてください。ロミーゴ会の延期の件は、了解です。<br /><span style="color:#FF0000">●</span><strong>秋山 建人 拝</strong><br /><br /><iframe width="350" height="200" src="https://www.youtube.com/embed/fTJ7aGRImIk" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><span style="color:#00ff00">★</span>結構なピアノ演奏でした。和音を使用するなど素晴らしい!左手が手持無沙汰のように見かけました。更に練習を重ねられ伴奏付ピアノ曲を次にお聴きしたいですね! 小生も飽きもせずチェロ練習を 略毎日やっております。合奏出来れば最高ですね! チェロ仲間とズームを使ってパソコン合奏試みましたが、音楽には不向きのようでした。 集まりはまた非常事態宣言のようでどうなるか不明ですが、楽しみに待ちたいと思います。何かとこの件 お世話お掛けしますが、宜しくお願い致します。 寒さに向かう折り、お体ご自愛下さい。<span style="color:#FF0000">●</span><strong>竹田 勲</strong><br /><br /><span style="color:#00ff00">★</span>七草も済んで、大寒波…。昨年はコロナにいたぶられましたが、今年は何とかなるだろう…なんて思っていましたのに、まだまだこれから、という恐ろしい雰囲気になって来ました。後手過ぎますね、政府の対応は…。そんなこと物ともせず、皆さん多趣味に人生を楽しんでいらっしゃるご様子、さすが、ロミーゴ!いわゆる「ボケる」人はいないでしょう、ロミーゴには。頼もしい限りです。つけても、集まりをいつとり行えるか、気になるところ。ま、今まで何時の世も伝染病に人類が滅ぼされたためしはありませんから、そのうちきっと…。気長に待ちましょう。とまれ、坪田さんや竹田さんを見習って、お会いできるまで若さを保つ工夫・努力をいたしましょう!明朝は大阪でも氷点下だとか、コロナもさることながら、風邪・肺炎にお気を付けください。 <span style="color:#FF0000">●</span><strong>猪股満智子  </strong><br /> <iframe width="350" height="200" src="https://www.youtube.com/embed/CmGjVUO9-as" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFFFF">このVideoに至った、背景にある時間の経過も感じ取っていただければ、幸甚です。先ず、昨年の9月に中古のCasiotoneを購入、youtubeのpiano tutorialで手ごろな曲を探索、Laboheme他10曲の音符を書き写し、3か月かけて毎日猛練習、諳んじて弾けるようになってから、PCのカメラの前で演奏、Take12本まで収録してから、一番良いのを選択、これの中からLabohemeとLhymne a lamour をyoutubeにアップロードしたのが年明けの1月5日、これを添付して諸君に送信、と4か月強も掛けて制作した作品なのです。 はい、そして諸君の感想をここに掲載して、このループが完成した、という訳です。 <font color="#ff00ff">Posted by dengaku dan.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /> <br /></div><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="koshiki"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年1月6日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>「轂」<span style="font-size:x-small;">( こしき---車輪の中心 )</span></strong></font><br /><font color="#00ffff"><br /><br />謹賀新年<br />新年にふさわしい、名演奏を聞かせていただきました。ところで、以下の内容は元旦早々に貴殿に送信したはずのメールですが、ご覧いただきましたでしょうか?よろしければ、「Post」にご掲載をお願いしたいのですが・・・<br /><br /><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/koshiki.jpg"width=430 height=420><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><br /><br /><br />さて、添付写真は新作のレディメイド、<a href="http://www.eonet.ne.jp/~kyosyuu/laotzu11.html" target="_blank" title="《轂/デュシャンに捧ぐ》2021"><span style="color:#FF3300">《轂/デュシャンに捧ぐ》2021</span></a>です。十二本の輻が、「轂」(車輪の中心)に集まる。その無の空間に車輪の用がある。<br /> Twelve spokes unite in one nave and on that which is non-existent [on the hole in the nave] depends the wheel's utility.<br /><br />デュシャンがレディメイドを発想した『老子』第11章「無用」では、「輻」(spoke)の数は三十本なのですが、この車輪では十二本。昨年の12月初め、「明石/加冶辰」の焼印がある、神戸「だんじり」の車輪を入手。明石駅の海側、旧西国街道に沿って鍛冶屋町が現存。こびり付いた埃やさびをサンドペイパーで擦り取り、ゆるみを矯正。欅材を削り、台を作製。レディメイドのオブジェと言えども、作品制作です。軸受けの穴から指を入れると、「轂」の内部が、予想外にゆったりとした「空洞」(虚の空間)であることに気付きます。<br />「十二」は我々が生き延びる干支の数? それとも新年の12ヶ月? いずれにせよ、ゆったりと心を「虚」にして・・・<br /><br />ではまた。 虚舟<br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFF00">大変に失礼いたしました。yahoo mailの表示形式の変更時期と重なったみたいで、文字も小さくなり読みにくくなってしまい、見逃したようで全く気付かなかったです。申し訳ありませんでした。  <font color="#ff00ff">Posted by dengaku dan.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /> <br /></div><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="roof"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年2月17日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>「屋根」</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br />最近、貴殿は、専らピアノ演奏に熱中のご様子。<br /><br />拙者は、製作開始から丁度一年、ようやく、<a href="http://www.eonet.ne.jp/~kyosyuu/za.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#66FF00&quot;&gt;《マルセルの小屋》の「屋根」&lt;/span&gt;"><span style="color:#FF00ff">《マルセルの小屋》の「屋根」</span></a>を仕上げることができました。<br /><br />《屋根》と言えば、1956年製作のイタリア・ネオレアリズモ(ネオリアリズム)の映画を思い出します。監督はヴィットリオ・デ・シーカ。<br />実家で窮屈な新婚生活を送っている夫婦が、鉄道敷地に一晩のうちにレンガ積みの家を建てるストーリーです。屋根が完成していれば、居住権が得られます。間一髪で成功し、ハッピーエンドで終わります。現在の日本でも、この法律は適用されるというので、《マルセルの小屋》製作も一安心というところです。<br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br />時たま、「原風景」の破壊を嘆く、近隣の散策者に出会いますが、昭和40年頃まで、徹底的に自然破壊をしていた「石切り場」跡です。その都度、納得させるための面倒な説明をしていましたので、早速、『石彫アトリエ館/workshop』という看板を掲げることにしました。<br /><a href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/workshop.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/workshop.jpg"width=200 height=280 align=left></a>「アトリエ館本館」の倉庫に放置されていた、欅材の端切れの三方をカットし、アクリルペイントを塗り込んでいます。今後は、外装/内装工事にとりかかりますが、専らの関心は周辺の造園工事(石彫制作)。新たな「原風景」構築に向けて、これからが勝負です。<br /><br />ではまた。 虚舟<br /><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFF00">ピアノをやっていますと言いたくて始めたものの、出だしは良かったのですが、今大きな壁にぶつかってへこんでおります。それは、左手の滑らかな動きと伴奏音符の読み方、そして右の音との相関です。ばらばらになってしまい、上手くまとまりません。音感さえあればできるだろうと思ったのは、浅はかな考えだったと思い知らされている毎日ですが、へこたれずに練習しています、はい。ところで、マルセル小屋の方の、屋根の完成ご苦労さんでした。雨水の水はけのことも、考慮に入れとかないと地面がびしょ濡れになりますので、ご注意を。それから、文集の方の僕のsiteにEzoe Worldを追加しましたから、見ておいてください。 <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-55.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF0000&quot;&gt;ここです。&lt;/span&gt;&lt;font color=&quot;#ff00ff&quot;&gt;"><span style="color:#FF0000">ここです。</span><font color="#ff00ff"></a>Posted by dengaku dan.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /> <br /></div><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="ultra"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年2月26日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="0000ff"><strong>「ウルトラマリン-1」</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br />貴殿は、ピアノ演奏の罠から、いまだ抜け出せない御様子。<br /><br />拙者と言えば、最近、「ウルトラマリン」という顔料に嵌りかけています。天然顔料は、主としてアフガニスタン産の岩石ということで、ヨーロッパからすれば、「海のかなたの」(ultramarine)ということです。和名は「瑠璃色」、「群青」。<br /><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/workshop1.jpg"width=250 height=200 align=left>きっかけは、先日の『石彫アトリエ館/workshop』の看板。少々、ものたりなかったので、色を塗り足すことに。そこで思いついたのがフランスの画家、イブ・クラインが発明したIKB(International Klein Blue)です。その顔料は通販で手に入るようですが、1リットル缶が1万円程。そこで取りあえず、それに最も近そうな絵の具として、ホルベインのアクリリック・ガッシュ、「ウルトラマリン ディープ」を近くの画材屋で購入。<br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><br /><br /><br />以前に制作の小オブジェ(無題、古法華産の凝灰岩)に塗り込んでみたのが、添付写真です。空虚な、「物」としての色彩。(矛盾!) 今後、「古法華の丘」を造形するつもりで、より大きな石に挑戦しようという気になっています。<br /><br /><A href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/marin.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/marin.jpg"width=200 height=200 align=right></a><a href="https://curio-w.jp/information/%E9%9D%92%E3%81%AB%E9%AD%85%E3%81%9B%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3/" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF6633&quot;&gt;イブ・クライン&lt;/span&gt;"><span style="color:#ffFF00">イブ・クライン</span></a><a href="https://sdart.jp/archives/884" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FF00&quot;&gt;(Yves Klein)&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FF00">(Yves Klein)</span></a>は、24才の時、柔道が目的で来日していますが、そのときの見聞が、彼の芸術に大きく影響しています。彼が追求した「空虚」を、東洋の「無の思想」と関係づけて考えてみるのも面白そうです。彼は、例の《人体測定》(パフォーマンス)の撮影で、映画『世界残酷物語』の監督に騙され、われわれが入学する前年の1962年に、34才の若さで憤死(心臓マヒ)。彼がやり残したことが、いろいろあるのでは・・・・<br /><br />ではまた。<br /><br />虚舟<br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFFff">文集の方の僕のsiteにある Ezoe Worldのことですが、<a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-55.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF0000&quot;&gt;ここです。&lt;/span&gt;&lt;font color=&quot;#ff00ff&quot;&gt;"><span style="color:#FF0000">ここです。</a></span><font color="#ffffff">紹介している二冊の本の試し読みができますからTryしてみてください。Bezosは間違いなく江副さんの部下だったことが分かります。上の本は摘まんで引っ張るで、下の本はマウスのリールを回すことで、頁の変更ができます。在職中の僕は、言いたい放題、したい放題していましたが、他方、彼からは多くのことを学びました、合掌。そこで、dengakudanからの提言「若者よ、スマホを捨てて才能をこそ磨けよ」と。そして、今一番関心を持っているのが「空飛ぶ自動車」の開発です。先ずは、バイクから始めます。なので中国製の安い電動バイクを購入して、羽やプロペラを付ける改造を企て、色々と実験をしてと妄想を巡らせている最中です。</font><font color="#ff00ff"></a>Posted by dengaku dan.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /></div><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="ultra2"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年3月05日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="0000ff"><strong>「ウルトラマリン-2」</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br />今週は、スギ花粉のピークで頭がくらくらし、「古法華行き」は残念ながら断念! <br />そこで、随風庵の庭に放置していた緑色凝灰岩を、ハンマードリルで二分割。その一方に、ウルトラマリンを塗り込み、《イブ・クラインに捧ぐ》(Homage to Yves Klein)と命名。(添付写真参照)<br /><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/marine2.jpg"width=250 height=250 align=left>クラインは18才のとき、「薔薇十字団」に入団。その秘密結社は、不老長寿を目指す「錬金術」を目的とし、その徽章である「合体した薔薇と十字架」は、それぞれ女性と男性のシンボルということです。<br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/rose.jpg"width=100 height=130 align=left><a href="http://inri.client.jp/hexagon/floorA5F/_floorA5F.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF3333&quot;&gt;「薔薇十字団」&lt;/span&gt;"><span style="color:#FF3333">「薔薇十字団」</span></a>は、後に「フリーメーソン」に合流し、その思想的基盤となります。「フリーメーソン」とは「自由な石工」の秘密結社。「コンパスと定規」を規準に、自然石を整形するわけですが、前者は理性、後者は物質。「精神と身体」もまた、「理性」と「物質」の関係です。<br /><br />デュシャンは、女性に扮して「ローズ・セラヴィ」(「薔薇は生命」の意味)という名を使用しますが、彼やハイデガーもまた、「薔薇十字団」の思想に関係していそうです。デュシャンの芸術は、ロゴスとエロスのmême。そしてハイデガーの芸術論は、思惟と詩作のselb。même(selb)は、「不二(同一)」を意味します。<br /><br />拙者、しばらくは、この「薔薇十字団」の思想に熱中しそうです。 ではまた。    <a href="https://curio-w.jp/information/%E9%9D%92%E3%81%AB%E9%AD%85%E3%81%9B%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3/" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF6633&quot;&gt;イブ・クライン&lt;/span&gt;"><span style="color:#ffFF00">イブ・クライン</span></a><a href="https://sdart.jp/archives/884" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FF00&quot;&gt;(Yves Klein)&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FF00">(Yves Klein)</span></a><br /><br />虚舟 <br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFFff">もう一つ構想があります。美術専門学校を作ってこれからのアートを支える世界的な芸術家を育てることです。岡倉天心がしたようなことの現代版ですわ。ロミーゴの中の有志にも教授になってもらうんでしょうなあ。更に詳しく言うと、ネットを使った教育機関にする、通常の学校法人の規定からは外れるから株式会社組織として株式上場もする、生徒の作品もネットで売買する、このアートネット協会で有名作家を育成して名を世界に広め不動の地位を確立する、最後にはこの会社も売ってぼろ儲けするという、僕の単なる思い付きと妄想ですわ。しかしながら、いささか気づくのが遅すぎたようですなあ。<span style="color:#00FF00">今、証券マザーズ市場で、中国人が経営しているイグニスという名の結婚マッチングサイトのTOBが話題です。2010創業、2014上場、2021年の今月に会社売却で、約4500億円を彼は入手します。米国でも、今は会社を作ってそれを売って儲けるビジネスがトレンドですわ。こんなこと、やりたいですなあ、では。<a href="http://inri.client.jp/hexagon/floorBXF/_floorB1F_XT.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;ヘブライの館--秘密の地下資料室&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00">   「ヘブライの館」-秘密の地下資料室</span></a></span></font>   <font color="#ff00ff"></a>Posted by dengaku dan.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="eyes"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年3月09日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ffff00"><strong>《眼と精神》</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br />貴殿の「美術専門学校」の構想ですが、とりあえずは、「アート塾」から開始してはどうかと考えます。募集する塾生は、芸術(建築、デザインを含む)系大学志望の受験生で、まずは「鉛筆デッサン」の指導を名目とします。「石膏デッサン」も含めてもいいのですが、イーゼルや石膏像が必要になり、準備金が増大します。<br /><br />その教室に、近・現代アート展のポスターやカタログ、美術書等を配置し、塾生達を徐々に感化して行きます。講義という堅苦しいのは避けて、休憩時間の「話題」程度にしておきます。美術書の類いは、拙宅の納戸に押し込まれているもので・・・<br /><br />娘の話によると、近江八幡市では数年前から商工会議所会頭が「芸術大学」構想を練っているようです。近い将来、その構想を主導するという目論見。ということで、「八幡掘」や「観光物産協会」の近辺に、「古民家」等の手頃な物件を探すことから・・・<br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><br /><br /><br /><a href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/marine3.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/marine3.jpg"width250 height=250 align=left></a>さて、添付写真は、《眼と精神》と題する新作です。檜材に彫っていた習作の「眼」に、例の「ウルトラマリン」を塗り込んでますが、緑色凝灰岩に取り付けていることにご注目!<br />その題名は、フランスの哲学者、M・メルロ=ポンティの著作名からの引用です。その著作の内容は「絵画芸術論」で、現象学の観点から「精神と身体の不二」を論じています。<br />その論点は、「画家の眼は身体から切り離せない」ことに意味があるということです。「身体」は「物体」です。<br /><br />ではまた。<br /><br />虚舟<br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFFff">ご提案ありがとう。いや、石膏像とか、イーゼルとか会場となる家とかはもうあるのですが、できればネットを使った通信教育の様なのができないものかと思案しています。<iframe width="300" height="180" src="https://www.youtube.com/embed/2R_FrLmH-Gs" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen align=left></iframe>市の話の情報は大変参考になります。ありがとうございました。 しかしながら、いざやるとなると、意欲が萎えてきてというか、踏ん切りがつかんものですなあ。元々、他愛のない妄想から始まっているからなあ、、、、。見つけたぜ、京都造形芸術大学で年間17万円でネットを使ったオンライン芸大教育をもう既にやってるよ。<a href="https://tenohira.kyoto-art.ac.jp/gakushi/?utm_source=facebook&amp;utm_medium=display&amp;utm_campaign=2021_spring&amp;utm_content=tg&amp;fbclid=IwAR1rTNaP-Bl7o_x-3CYyTHbnPgiQCadQx-Fd_Wtw6PT3U9gw7jd2f5-j3BY" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF3333&quot;&gt;ここです。&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFff00">ここです。</span></a>我々より13歳年上の草間彌生が卒業した<a href="http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=300407" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;京都銅駝美術工芸高校&lt;/span&gt;。"><span style="color:#FFFF00">京都銅駝美術工芸高校</span></a>。卒業後28歳の時彼女は単身New Yorkへ。そして、90歳を超えた今もバリバリの現役。<br />ところで上の「ヘブライの館」は、地上階はさることながら地下階も奥の深いサイトで、地下七階まであります。次の下階へのpass wordは22です。ヘブライ人、宗教教団や各国の秘密組織のことについて、歴史的な経緯も含めて色々と分かりますので、覗いてみて下さい。念のために、Virusは安全 Freeです。 <br /><font color="#ff00ff"></a>Posted by dengaku dan.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="higasi"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年3月22日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ffff00"><strong>続《眼と精神》</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br /><br />お互いのボケ封じのために、先日のM・メルロ=ポンティ著《眼と精神》の一節を、原文で紹介します。<br /><br /><br />..... La vision n'est pas un certain mode de la pensée ou présence à soi : c'est le moyen qui m'est donné d'être absent de moi-même, d'assister du dedans à la fission de l'Être, au terme de laquelle seulment je me ferme sur moi.<br /><br /> Les peintres l'ont toujours su. Vinci invoque une 《 science picturale 》 qui ne parle pas par mots (et encore bien moins par nombres), mais par des œuvres qui existent dans le visible à la manière des choses naturelles, et qui pourtant se communique par elles 《 à toutes les générations de l'univers 》 . Cette science silencieuse, qui, dira Rilke à propos de Rodin, fait passer dans l'œuvre les formes des choses 《 non décachetées 》 , elle vient de l'œil et s'adresse à l'œil. Il faut comprendre l'œil comme la 《 fenêtre de l'âme 》. .....<br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br />・・・視覚は、自分自身の思考、あるいは現前の一様態ではない。それは、私自身に不在の存在のために、その極限においてのみ私自身に閉じこもる「存在」の分裂に、内側から立ち向かうために、私に与えられた手段なのである。<br /><br /> 画家達は、常にそのことを知っていた。 ダ・ヴィンチは「絵の科学」を提唱したが、それは言葉によってではなく(まして数字によらず)、自然の事物のように、見えるものの中に存在する作品によって語るのだが、その作品を通せば、「宇宙の全世代に」伝達されることになる。リルケがロダンについて語るように、その沈黙の科学は 「隠蔽されたままの」事物の形を作品に移行させる。それは眼から発し、眼に話りかける。眼を「精神の窓」と理解しなければならない。・・・<br /><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/higasi.jpg"width250 height=200 align=left> ところで、先日の作品《眼と精神》は、デュシャン・ガーデンズ内の《離火の孔》2015〜(添付写真)の習作として制作したものです。<br /><br />ではまた。 虚舟<br /><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFFff"><span style="color:#FF6633">吉積さま---</span> <span style="color:#00FFFF">懐かしいフランス語ですね!阿部先生には随分とお世話になり、特別な補講までやっていただき、又文楽、能、狂言などの鑑賞にも連れていかれました。フランス語は全く不明、貴兄の翻訳も理解不能!出来れば凡人に分かり易く、お伝え頂きたいですね!Posted by 竹田 勲 at 2021年03月22日 18:40  </span><font color="#ff00ff">----二つ先に虚舟氏からの返信があります⇒</font> <br /><span style="color:#FFFF00">●</span>ご指示の変更をしました。話は替わりますが、ここの文集の表紙に Tom Wesselmann のDirtyなYoutube動画を二本載せましたので見ておいてください。それから、ここのsiteをスマホで見るには、スマホ側の右上にある設定ボタンの ⋮か… を触ってメニューを出し、そして下の方にある<u>PC画面</u>に毎回タッチすることが必要です。すると、スマホででもPCと全く同じ色付き画面で読めるようになります。白地に色文字では読みにくいですからねー。以上、<a href="https://coinpost.jp/?p=192359" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF6666&quot;&gt;●&lt;/span&gt;"><span style="color:#FF6666">●</span></a><a href="https://www.coindeskjapan.com/102366/" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FF00&quot;&gt;NFTの作り方&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FF00">NFTの作り方</span></a><a href="https://yuurinbee.medium.com/rarible-nft-%E3%81%A7%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%92%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B-%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-260a617b195f" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;●&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00">●</span></a><font color="#ff00ff"></a>Posted by dengaku dan.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="five"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年3月30日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>旧意匠の行方</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br /><br />先週、工繊大のとある准教授が菓子箱を持って、随風庵を訪問。彼は来年3月、教授に昇格できぬまま、定年を迎えるという。担当は西洋美術史で、セザンヌが専門。40代で京大の博士号取得し、豪華本を出版。20年程前から年賀状で、まだ教授になれないと拙者に訴え続けていたのだが・・・ その彼の話から最近、旧意匠工芸学科の行方に異変が生じたことが判明!<br /><br />拙者が九州から母校に戻ったときは、「工芸学部」造形工学科に意匠コースと建築コースが設置されていた。ところが、木村光祐の学長就任とともに、一般教養の哲学、美学、心理学の教授達の陰謀で、意匠コースは解体され、理論講座(美学、西洋美術史と日本美術史)が一般教養に吸収され、富山大学と同様の「芸術文化コース」というのが設置された。そのほとんどは、京大出身者で占有され、建築史の分野が中心となる。しかし、このコースは何ら実践的な芸術家も、研究者も育成することはできなかったので、「リベラル・アーツ」という名称で、かつての一般教養の教官達が分離したという。そして旧意匠工芸学科の理論講座は、「学部」に戻ることになる。<br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br />現状は、「工芸科学部」デザイン・建築学課程という名称で、デザイン学コースと建築学コースを設置。さらに、「繊維学部(すでに消滅)」に設置されていた「デザイン経営学科」も、そこに統合されるという。しかしながら、「デザイン・建築学課程」は、京大建築学科出身の連中に牛耳られているとのこと。さらに、今の森迫学長(工繊の建築出身で構造力学が専門)の教官人事は排他的で、准教授や助教(かつての助手)のままに放置されている教官が何人もいるという。市川靖史助教(写真芸術)もその一人。それは本人の実力不足のためではないらしい。いずれにしても、今後は有能な人材を抜擢しない限り、意匠学分野の発展は期待できないであろう。いまでこそ、有力なOBの助言が必要では!<br /><br /><a href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/five.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/five.jpg" width=250 height=250 align=left></a>ところで、添付写真は新作ですが、その「五つの線」が旧意匠工芸学科の講座編成(美学、美術史、視覚意匠学、工業意匠学、機能造形学)に見えて来た。<br /><br />ではまた。 虚舟<br /><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFFff"><span style="color:#00FF00">2021.04.01.</span><span style="color:#FF6600"> 石川虚舟 氏からの追伸-----</span>先日、「なんでも鑑定団」を観ていると、<a href="https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/4299" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;白髪一男&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00">白髪一男</span></a>の油絵作品が登場し、鑑定団の評価額は8千万円だった。その際に、白髪の作品例として、工繊大の美術工芸資料館蔵の油絵一点が一瞬、表示された。それは、河本先生の研究室の壁に掛かっていたものとは別で、もう少し大きめの作品だった。ということは、その作品は数億円以上の値がつく可能性が・・・当時、河本先生は京都周辺で開催されていた展覧会の審査委員を担当していたので、まださほどには有名になっていなかった白髪の作品を数点、”預かっていた”のであろう。実は、白髪の実家は、阪神尼崎の商店街にあった「白髪呉服店」で、そこは拙者の親父の得意先だった。親父が、うちの息子が「一男さん」のことをよく知っていると、母親である呉服店の女将に言うと、非常に喜んでいたと話していた。<br />ところで、美術工芸資料館館長の並木教授(元意匠コースの日本美術史担当、「絵巻」が専門)は、この三月で定年だが、引き続き、特定教授として居残るという。例のとある准教授の話では、並木氏は、建築側に付いたからというのだが・・・ではまた。<br /><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-41.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FFFF&quot;&gt;関連情報&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FFFF">関連情報</span></a>  </span> <font color="#ff00ff">Posted by Kyoshu Ishikawa.</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="ponty"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年4月9日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>竹田氏への返信</strong></font><br /><font color="#00ffff"><br />「竹田さま」からのご依頼に応じまして、メルロ=ポンティ著『眼と精神』の読書会でも、少しづつやりますか? お互いの「ぼけ封じ」のために・・・<br />実は拙者もそのつもりで、本棚の奥から邦訳(みすず書房、現在も大型書店で販売)を苦労して探し出しました。かつて「線を引いて読んだ痕跡」があるのですが、ほとんど理解できなかった様子。九州芸工大の同僚(東大出)が、ソルボンヌ大留学を目指して、原著で読んでいたのを思い出し、その原著(1,500円程)をネットで手に入れ、熟読しようと志ざした次第です。<br /><br />要するに、邦訳では理解不可能ということです。先日のフランス語原文の冒頭は、昨年に他界した木田元の邦訳では以下のようになっています。彼は、ハイデガーの研究家として著名です。<br /><br />ーーーーー<br /><br />・・・視覚は思考の一様態とか自己への現前ではない。それは、私が私自身から不在となり、存在の裂開―私が私自身に閉じこもるのは、その極限においてでしかないのだ―に内側から立ち合うために贈られた手段なのである。<br /><br />ーーーーー<br /><br />..... La vision n'est pas un certain mode de la pensée ou présence à soi : c'est le moyen qui m'est donné d'être absent de moi-même, d'assister du dedans à la fission de l'Être, au terme de laquelle seulment je me ferme sur moi.<br /><br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /> 木田は、à soi を「自己への」と訳していますが、辞書では「自分自身の」という意味です。次に、d'être absent de moi-même を「私自身から不在となり」と訳していますが、d'être が曲者です。êtreは英語では to be、もしくは名詞のbeing ということになります。拙者は後者の being、つまり「存在」と解釈します。その後に登場する l'Être は、精神と身体が不二の「真の存在」ですが、小文字の être は、ただの風景や石ころような、いまだ精神が関与していない(画家や彫刻家が手をくだしていない)外的存在の意味です。<br /><br />ということで 「虚舟訳」(一部修正)は次の様になります。<br />______<br /><br />・・・視覚は、自分自身の思考、あるいは現前の一様態ではない。それは、私自身に不在の存在によって、その極限においてのみ私自身に閉じこもる<br />「存在」の分裂に、内側から立ち向かうために、私に与えられた手段なのである。<br /><br />______<br /><br />メルロ=ポンティ著『眼と精神』では、主としてセザンヌの絵画が論じてられています。例のとある准教授は、「セザンヌ研究」では日本の美術史学会第一人者で、本屋の店頭に最近出版された彼の編著が置かれているのですが・・・ <br />ハイデガーは「思惟と詩作の不二」を主張しますが、「作家研究」、そして「芸術論」の読解にも、詩的センスが必要ではないかと考えます。ということで、以上の戯言は、拙者の「つたない感」によるもので・・・ ご意見のほど、よろしく<br /><br />虚舟<br /><br /><br /><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFFff">風呂に入って湯の中に入れた自分の手を見るとします。横にした手を見ると、指が細く長く誠にスマートに見える。今度は、手を縦にして見ると指はずんぐりして短くて不細工に見える。これを手で触ってみても同じようにズングリと短く感じる。もし、自分が重力によって曲げられている空間に存在しているとすれば、自分の手はもっと違ったものになって見えていることだと思われる。また、自分の感情の在り様によっても見え方は異なり、更に人によっても各々見え方は違うようだ。僕の場合は、病院のカーペットを凝視していると段々と人の顔が見えてくることが、度々あった。ことほど左様に人間の目は不確かなものであり、「百聞は一見に如かず」ではないのだよ、ということをポンティは言っているのだと思います。 <a href="https://chronyan.hatenablog.com/entry/2019/05/09/184547" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FFFF00&quot;&gt;その他の解釈&lt;/span&gt;"><span style="color:#FFFF00">その他の解釈</span></a> <a href="https://bookmeter.com/books/10822" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#00FF00&quot;&gt; 面白いことを言う人がいた。---⇒&lt;/span&gt;"><span style="color:#00FF00"> 面白いことを言う人がいた。---⇒</span></a><span style="color:#00ffff">私達が何かを見る時、そこには心と身体二つの視点がある。私が手を見る時、心は手を「見て」いるけれど身体である手は「見られて」いる。私が世界を見る時、心は世界を見ているけれど身体は見られている世界の中にある。この二つの視点の交差で私達は自分や物がそこに「存在する」と感じている。画家はこの秘密を知っていて光や色彩、奥行きでこの「存在」とは何かという事を私達に描き出してくれる。これが絵画の根源だと著者は言う。このようになのかは分からないけれど絵画が目の前の「存在」を見つめてきたのは間違いないんだろうな。</span><br /><span style="color:#FF9933">虚舟氏からのコメント➡</span> 貴殿の「面白いことを言う人」は、明らかにメルロ=ポンティ著『眼と精神』(1961)を読んでいると思います。<a href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/yubi.jpg"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/yubi.jpg"width=250 height=250 align=left></a>メルロ=ポンティのその本を読んで最も成功した芸術家は、<a href="https://bijutsutecho.com/magazine/insight/9632" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#33FF66&quot;&gt;デイビッド・ホックニー(1937〜 )&lt;/span&gt;"><span style="color:#33FF66">デイビッド・ホックニー(1937〜 )</span></a>だと考えます。ホックニーは、1963年にロンドンの王立美術学校を卒業し、カリフォルニアに移住しています。その直後の、彼の絵画や写真(とくにプールサイドの作品)に、その直接的な影響を読み取ることができます。『眼と精神』で、メルロ=ポンティがプールの光景を記述している箇所があります。<br />貴殿も当時、『眼と精神』を読解しておれば、すでに画家として成功していたかも知れません。でも、まだこれから・・・ところで、添付写真は、最新作の《親指の軌道》です。石材の緑色凝灰岩は、英語名がグリーン・タフ(green tuff)で、パワー・ストーンとして人気があるらしい。磨くと、那智黒石のような触感になります。 ではまた。 虚舟<br /></span> <font color="#ff00ff">Posted by Dengakudan. & Kyoshu Ishikawa</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="green"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年4月16日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ffff00"><strong>プールの光景</strong></font><br /><font color="#00ffff">『眼と精神』で、メルロ=ポンティが「プールの光景」を記述している箇所を紹介します。<br />______<br /><br />・・・私が水の深みを通してプールの底のタイルを見る場合、私は水や反射光を無視してそれを見るのではなく、まさにそれらを通し、それらによって、そのタイルを見ている。かりにその歪み、その日光の縞模様がないとしたら、つまり私がそうした肉づきなしにタイルの幾何学的配列だけを見るということになれば、そのとき私はそれをあるがままに、それがあるところに、すなわち、一体的な場をより深く、見るということをやめてしまうであろう。・・・<br /><br />..... Quand je vois à travers l'épaisseur de l'eau le carrelage au fond de la piscine, je ne le vois pas malgré l'eau, les reflets, je le justment à travers eux, par eux. S'il n'y avait pas ces distortions, ces zébrures de soleil, si je voyais sans cette chair la géométrie du carrelage, c'est alors que je cesserais de le voir comme il est, où il est, à savoir : plus loin que tout lieu identique. .....<br />______<br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br />ところで、添付写真は、昨日の15日(木)に<a href="http://www.eonet.ne.jp/~kyosyuu/za.html" target="_blank" title="&lt;span style=&quot;color:#FF9933&quot;&gt;「古法華」&lt;/span&gt;"><span style="color:#FF9933">「古法華」</span></a>の石切り場で採取した、小さな「緑色凝灰岩」(green tuff)です。手に持つのは原石そのままで、もう一方は耐水性サンドペイパーで少し磨いています。今後、それが芸術作品になるとすれば、デュシャンに言わせればその移行はアンフラマンス(玄妙)、メルロ=ポンティに言わせれば「自己形象化的」(autofiguratif)、そしてハイデガーは石に「真理が宿る」と言います。    ではまた。 虚舟<br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/green.jpg"width=350 height=230><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/green2.jpg"width=350 height=230><br /><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FFFFff"><br /><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/2021-04-17.png"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/20210430134552f1b.png"height=502 width=450><br /><span style="color:#FF6633">2021.04.21 虚舟氏からのコメント➡</span><br />貴殿が選択されたホックニーの「ビガー・スプラッシュ」(1967)に関連する、メルロ=ポンティ著『眼と精神』の箇所を紹介します。<br /><br /><span style="color:#00FF00">・・・時間の前進性が直ちに閉じるもろもろの瞬間を、写真は開けたままにする。写真は時間の通過、侵入、「変身」を壊してしまうが、絵画は逆にそれを見えるようにする。というのは、馬はそういったもののなかに、「ここを去り、向こうへ行く」のであり、馬はそれぞれの瞬間の中へ脚を踏み入れているのである。・・・<br /><br />..... La photographie maintient ouverts les instants que la pousée du temps referme aussitôt, elle détruit le dépassement, l'empiétement, la « métamorphose » du temps, que la peinture rend visibles au contraire, parce que les chevaux ont en eux le « quitter ici, aller là », parce qu'ils ont un pied dans chaque instant. .....   Merleau-Ponty, L'Œil et l'Esprit, Gallimart, 1964, pp.80-81.</span><br /><br />「飛び板」を踏み込み、カリフォルニアの乾いた空中を飛躍し、そして水中に突入するという、それぞれの瞬間々々の、時間の通過、侵入、「変身」を、芸術家が見えるようにする!<br /><br />ところで、ホックニーのその作品が、「プールに飛び込む」という点で、<u><a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#taiji"target="_blank"><span style="color:#FF00FF">※</span></a>ビル・ヴィオラのヴィデオ作品(Reflecting Pool, 1979)</u>に共通していると思われませんか? 60年代、アメリカの芸術界では、鈴木大拙の影響を無視できないと考えます。<span style="color:#FF00FF">※は、11.南紀浦々の記事の下にあるYoutube映像参照<br /></span><br /><span style="color:#00FFFF"> 古池やかわず飛び込む水の音  芭蕉</span>       ではまた。 虚舟  <font color="#ff00ff">Posted by Kyoshu Ishikawa</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><div id=styleA><br /><div style="line-height:170%"><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="poolside"> <span style="color:#ff0000">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年4月23日に届いた記事</span></span><br /><a href="https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%80%80&amp;fr=top_ga1_sa&amp;ei=UTF-8&amp;aq=-1&amp;oq=" target="_blank" title="&lt;font size=5 color=&quot;ffff00&quot;&gt;&lt;strong&gt;プールサイドの椅子&lt;/strong&gt;&lt;/font&gt;"><font size=5 color="ffff00"><strong>プールサイドの椅子</strong></font></a><span style="font-size:x-small;"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%BC" target="_blank" title="(タイトル・クリックで多作品を掲示)">(タイトル・クリックで多作品を掲示)</a></span><br /><br /><font color="#00ffff">ホックニーは《ビガー・スプラッシュ》(1967)で、プールサイドに「折り畳み椅子」を描いています。ということは、その椅子に座っていた人物が、立ち上がり、プールサイドをぐるりと回って、飛び板に到着。そして、「飛び込み」の一連の動作が実行されるわけです。<br /><br />以下は、『眼と精神』における前回の続きの文章です。<br />______<br /><br />・・・ 絵画は運動の外面ではなく、運動の秘密の暗号を追求する。ロダンの語っている以上に微妙な暗号があるのだ。つまり、すべての身体が、そして世界の身体でさえ、それ自身の外へと発信するのである。時代に応じ、さらに流派によって、目に見える運動とか記念碑的ものがより注目されることはあるが、しかし絵画がまったく時間の外にあるということは決してない。というのは、絵画はいつも身体的なものの中にあるのだから。<br /><br /> おそらく今や、〈見る〉というこの小さな語の担うすべてを、以前よりいっそう理解することになろう。視覚は、自分自身の思考とか現前の一様態ではない。それは、私自身に不在の存在によって、「存在」の分裂に(、中略)内側から立ち向かうために、私に与えられた手段なのである。<br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style="line-height:170%"><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><span style="color:#00FF00">... La peinture ne cherche pas le dehors du mouvement, mais ses chiffres secrets. Il en est de plus subtils que ceux Rodin parle : tout chair, et même celle du monde, rayonne hors d'elle-même. Mais que, selon les époques et selon les écoles, on s'attache davantage au mouvement manifeste ou au monumental, la peinture n'est jamais tout à fait hors du temps, parce qu'elle est toujours dans le charnel.<br /><br /> On sent peut-être mieux maintenant tout ce que porte ce petit mot : voir. La vision n'est pas un certain mode de la pensée ou présence à soi : c'est le moyen qui m'est donné d'être absent de moi-même, d'assister du dedans à la fission de l'Être, au terme de laquelle seulment je me ferme sur moi.<br /><br />Merleau-Ponty, L'Œil et l'Esprit, Gallimart, 1964, p.81.<br />______<br /></span><br /><br />二番目の段落は、最初に紹介した文章を含んでいますが、そこに「自分自身の思考とか現前」 というのが登場します。それはデカルトの「我思う、故に我あり」に対応しています。「自分自身の現前」とは「我あり」の意味です。「竹田さま」はその言葉に「面食らった」のでは? メルロ=ポンティは『眼と精神』で、その冒頭からデカルト批判を行います。    ではまた。 虚舟<br /><br /><br /><br /></div></div></font><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#00FF00">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FF6633">2021.04.30 虚舟氏からのコメント➡</span><span style="color:#FFFFff">以下は、「プールの水」に関する『眼と精神』の記述内容で、前回の「プールの光景」の続きの箇所です。<br /><br />・・・ 水それ自体、水の勢い、シロップ状のきらめく成分、それが空間の中にあると私は言わざるをえない。つまり、水は他の場所にあるのではないが、プールの中にあるのでもない。水はプールに住みつき、そこで物となるが、そこに押し込められてはいない。水の反射光が網の目をなして戯れている糸杉のスクリーンを見上げるとき、私はそこにも水が訪れていることを、少なくともその活動的な生きた本質をそこに送り届けているのを、否定するわけにはいかない。〈見えるもの〉のこの生気、この放射力こそ、画家が奥行・空間・色彩という名のもとに追求しているものなのだ。<br /><br /><span style="color:#00FF00">... L'eau elle-même, la puissance aqueuse, l'élément sirupeux et miroitant, je ne peux pas dire qu'elle soit dans l'espace : elle n'est pas ailleurs, mais elle n'est pas dans la piscine. Elle l'habite, elle s'y matérialise, elle n'y est pas contenue, et si je lève les yeux vers l'écran des cyprès où joue le réseau des reflets, je ne puis contester que l'eau le visite aussi, ou du moins y envoie son essence active et vivante. C'est cette animation interne, ce rayonnnement du visible que le peintre cherche sous les noms de profondeur, d'espace, de couleur.        Merleau-Ponty, L'Œil et l'Esprit, Gallimart, 1964, p.70.<br /></span><br />ホックニーの描く「折り畳み椅子」は、絵画空間の奥行を強調する点景としてだけではなく、時間・運動の基点として、プールサイドを含む空間の中に住みついています。《ビガー・スプラッシュ》(1967)では、その「椅子」に静座していた人物が、〈我思う、故に我あり〉という域を脱し、プールに住み着いた水の中に突入します。それは、メルロ=ポンティ(姓に該当、名はモーリス)の言う「世界内存在」(l'étre au monde)の達成となります。    ではまた。 虚舟</span>     <font color="#ff00ff">Posted by Kyoshu Ishikawa</font>   <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html "target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><div id=styleA><br /><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><h3 id="chaise"> <span style="color:#0033FF">★</h3></span><span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-small;">石川虚舟さんから2021年5月6日に届いた記事</span></span><br /><font size=5 color="ff00ff"><strong>肘掛椅子に座る</strong></font><span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:x-small;">(写真クリックで拡大)</span></span><br /><a href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/2021-04-17.png"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/2021-04-17.png"width=220 height=200></a><a href="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/20210430134552f1b.png"target="_blank"><img src="https://blog-imgs-146-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/20210430134552f1b.png"height=200 width=200 ></a><br /><font color="#00ffff">貴殿が選択された、ホックニーの絵画作品二点には、いずれも肘掛け椅子が描かれています。<br /><br />「肘掛椅子(fauteuil)に座る」をフランス語で表記すると、 s'asseoir dans un fauteuil となります。そこで<span style="color:#FFFF00"> dans</span> が使われるのは、肘掛が空間を限定するからだという。つまり、<span style="color:#FFFF00">dans</span> は「活動の行われる範囲、地域を限定的に示す」ことになる(cf. 三省堂、CROWN)。因みに、肘掛のない椅子(chaise)に座る場合は、sur となる。<br /><br /><br />以下は、先日の「プールの水」に関する『眼と精神』の記述箇所で、そこに<span style="color:#FFFF00"> dans</span> が登場し、イタリック体で強調されています。前回はその意味を十分に把握できていなかったので、その箇所を訂正します。<br /><br /><br /><br /></div></div><div id=styleA><div style=width:430px;float:left;text-align:left;margin-left:20px;><br /><br /><span style="color:#00FF00">... L'eau elle-même, la puissance aqueuse, l'élément sirupeux et miroitant, je ne peux pas dire qu'elle soit <span style="color:#FFFF00">dans</span> l'espace : elle n'est pas ailleurs, mais elle n'est pas dans la piscine. Elle l'habite, elle s'y matérialise, elle n'y est pas contenue, ...<br /><br />Merleau-Ponty, L'Œil et l'Esprit, Gallimart, 1964, p.70.<br /></span><br />・・・ 水それ自体、水の勢い、シロップ状のきらめく成分、私はそれがその(限定的な)空間の<span style="color:#FFFF00">中に</span>あると言うことはできない。つまり、水は他の場所でもないが、プールの中に(限定的に)あるのではない。水はプールに住みつき、そこで物となるが、そこに押し込められてはいない、 ・・・<br />______<br /><br />ということで、 l'espace はこの場合、「限定的な空間」という意味になります。「肘掛椅子」から立ち上がることは「限定的空間」からの解放ということになりますが、プールで立ち上がる人物も「限定的な空間」からの脱出ということですかね。 「芸術」とは、このような「限定的空間」の「開放(解放?)」かも・・・<br /><br />ではまた。      <strong>虚舟</strong></font><br /><br /><br /></div></div></div></center><br /><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br><br /><div style="line-height:170%"><br /><span style="color:#FF0000">★</span><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/come.png"width=100 height=20> <span style="color:#FF00FF">Posted by Kyoshu Ishikawa </span> <A href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html"target="blank"><img src="https://blog-imgs-140-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/index.png"width100 height=15></a></div><br /><iframe width="400" height="280" src="https://www.youtube.com/embed/quBPaKSCsIU" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><hr size="3" noshade width=930></hr><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><noembed><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script> </div> </article> <!-- / article --> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/53/clap" id="fc2button-clap-53" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-53").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/romigo/53/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <!-- / read_more --> <div class="entry_footer cf"> <ul class="entry_comment cf"> <li>コメント : <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html#comment-top" class="comment" title="コメントの投稿">0</a></li> </ul> <ul class="entry_category cf"> <li>カテゴリ : <a href="/blog-category-0.html" class="category" title="このカテゴリ一覧を見る">未分類</a></li> </ul> </div> <!-- / entry_footer --> </div> <!-- / inner --> <div class="paging"> <ul class="inner cf"> <li class="prev"> &nbsp; </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="blog_top"> </li> <li class="next">&nbsp; <a href="http://romigo.blog.fc2.com/page-1.html">次のページ</a> </li> </ul> </div> <!-- / paging --> </section> <!-- / section --> <footer id="footer"> <div class="inner cf"> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">プロフィール</h2> <div class="plugin_body"><p class="plugin-myimage" style="text-align:left"> <img src="https://static.fc2.com/image/noimage.gif" alt="dandayo"> </p> <p style="text-align:left"> Author:dandayo<br> FC2ブログへようこそ!</p></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">最新記事</h2> <div class="plugin_body"><ul> <li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-57.html" title="Otogeraz3">Otogeraz3 (05/17)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-56.html" title="Tsugaru">Tsugaru (03/13)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-55.html" title="Ezoe World">Ezoe World (02/16)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-54.html" title="Romigo Post">Romigo Post (05/27)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-entry-53.html" title=" Romigo Post 2020"> Romigo Post 2020 (03/31)</a> </li></ul></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">最新コメント</h2> <div class="plugin_body"><ul> </ul></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">月別アーカイブ</h2> <div class="plugin_body"><ul> <li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-202105.html" title="2021/05">2021/05 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-202103.html" title="2021/03">2021/03 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-202102.html" title="2021/02">2021/02 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-202005.html" title="2020/05">2020/05 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-202003.html" title="2020/03">2020/03 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-202002.html" title="2020/02">2020/02 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201911.html" title="2019/11">2019/11 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201910.html" title="2019/10">2019/10 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201909.html" title="2019/09">2019/09 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201908.html" title="2019/08">2019/08 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201907.html" title="2019/07">2019/07 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201906.html" title="2019/06">2019/06 (5)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201905.html" title="2019/05">2019/05 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201904.html" title="2019/04">2019/04 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201903.html" title="2019/03">2019/03 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201902.html" title="2019/02">2019/02 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201901.html" title="2019/01">2019/01 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201812.html" title="2018/12">2018/12 (1)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201811.html" title="2018/11">2018/11 (2)</a> </li><li style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-date-201810.html" title="2018/10">2018/10 (28)</a> </li></ul></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">カテゴリ</h2> <div class="plugin_body"><div> <div style="text-align:left"> <a href="http://romigo.blog.fc2.com/blog-category-0.html" title="未分類">未分類 (57)</a> </div></div></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">検索フォーム</h2> <div class="plugin_body"><form action="http://romigo.blog.fc2.com/" method="get"> <p class="plugin-search" style="text-align:left"> <input type="text" size="20" name="q" value="" maxlength="200"><br> <input type="submit" value=" 検索 "> </p> </form></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">RSSリンクの表示</h2> <div class="plugin_body"><ul> <li style="text-align:left"><a href="http://romigo.blog.fc2.com/?xml">最近記事のRSS</a></li> <li style="text-align:left"><a href="http://romigo.blog.fc2.com/?xml&comment">最新コメントのRSS</a></li> </ul></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">リンク</h2> <div class="plugin_body"><ul> <li><a href="./?admin">管理画面</a></li> </ul></div> <div class="plugin_body"><a href="javascript:window.location.replace('http://blog.fc2.com/?linkid=romigo');">このブログをリンクに追加する</a></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">ブロとも申請フォーム</h2> <div class="plugin_body"><p class="plugin-friends" style="text-align:left"><a href="http://romigo.blog.fc2.com/?mode=friends">この人とブロともになる</a></p></div> </div> </div> <div class="footer_plugin"> <div class="plugin_content"> <h2 class="plugin_header">QRコード</h2> <div class="plugin_body"><div class="plugin-qrcode" style="text-align:left"><img src="https://blog-imgs-124-origin.fc2.com/r/o/m/romigo/c32038432.jpg" alt="QR"></div></div> </div> </div> </div> <div class="footer_info"> <!-- Don't delete --> <p class="ad"><!-- genre:28 --><!-- sub_genre:278 --><!-- sp_banner:1 --><!-- passive:0 --><!-- lang:ja --><!-- HeadBar:1 --><!-- VT:blog --><!-- nad:1 --> </p> <!-- / Don't delete --> <p class="copyrights">Copyright &copy; Romigo Web Cultures Commemorating Collections By All Classmates. All Rights Reserved.<span class="powered">Powered by FC2ブログ</span></p> </div> <!-- / footer_info --> </footer> <!-- / footer --> </body> </html>